« 幸せ感じるもつ煮込み … もつ焼き・煮込み「ほ志乃(ほしの)」(北品川) | トップページ | 昼とは思えぬにぎわい … さかば「ふくろ」(池袋) »

土曜の朝から本気呑み … 「まるます家(まるますや)」(赤羽)

たぬき豆腐


 土曜日の朝から北区の名店「まるます家」にやって来た。

 本当は9時の口開けと同時に来たかったんだけど、ぐだぐだと朝寝坊してしまって、「まるます家」に到着したのは、開店から1時間ほどたった9時50分。

 さすがに行列はできていないものの、店内はほぼ満席だ!

「いらっしゃいませ。いま空いてるのは、ここか、ここ。お好きなほうにどうぞ」

 って、1階の30人ほど座れるダブル「コ」の字のカウンター席には、空席がたったの2席しかない。みんな朝からすごいねえ!

「お飲み物は?」

「サッポロラガー(大瓶、600円)をお願いします。あと、たぬき豆腐(500円)をください」

 すぐに出されたビールをコップにそそぎ、本日1杯めのビールで、のどを潤す。

 ッカァ~~ッ。この1杯がたまらんのぉ~。

 改めてまわりを見ると、当然のことながら、ひとり客とカップルとがほとんど。(なぜ「当然」かというと、3人以上だと、ほぼ2階の座敷席になるからです。)

 年配のカップル(ご夫婦?)も、たくさんいるのが微笑ましい。

 それにしてもこの光景はどうだ。ずらりと並ぶジャン酎(ハイリキ1L、1,100円)の瓶。私だけ633mlのビール瓶で恥ずかしいぐらい。みんな朝から本気呑みだ!

「たぬき豆腐です」

 おぉ、来た来た。

 たぬき豆腐は、丼の中に豆腐(冷奴)を置き、ワカメや、薄くスライスしたキュウリ、カニカマ、そして「たぬき」という名称のゆえんである天かすをたっぷりとトッピングし、冷たいツユをかけたもの。

 丼のふちに添えられたワサビを溶き入れながら、豆腐をグチャグチャに崩しながら、具も混ぜてしまい、スプーンですくってツユごといただくのがうまいんだ。

 汁っけが多いので、朝のつまみにぴったりだ。

 朝の9時から飲みはじめている人たちは、すでに〆の段階に入っているらしく、うな丼の注文も飛び交っている。そのうな丼は肝吸い付きで1,500円。うなぎが大きくなるうな重(こちらも肝吸い付き)は、うなぎの大きさによって2,000円のものと2,500円のものが選べる。

 そろそろ蒸し暑くなってきたからどうかな、と思っていたんだけれど、そんなことには無関係にスッポン鍋(750円)や、どじょうとぢ(650円)もよく出てるなあ。

 店内だけを見てる分には、夜の「まるます家」とちっとも変わらない。開けっ放しの入口ごしに、外の明るい景色が見えることに、むしろ違和感を感じてしまう。

「土日の朝は、いつもこんな感じなんですよ」

 ちょうどホールに出てこられた若女将の和子さんがそう教えてくれた。

 私も飲み物を「丸眞正宗・生酒」(冷酒300ml瓶、800円)に切り替えて、今日のメニューの中で気になっていたタコペケ(400円)を注文する。

 するとカウンターと厨房の間で、「え? 今の注文は通った? ダメなの?」というやり取りがあって、「ごめんなさい。タコペケは売り切れました」と短冊メニューが外された。

 タッチの差で間に合わなかったか。残念!

 ちなみにタコペケというのは、タコの頭部の刺身だそうな。

 タコペケの代わりに、これまたこの店に来ると必ずのように注文している「鯉のあらい」(400円)をもらう。これはもう、いつでも安心できる旨さだね。

 1時間半ほど楽しんでも、まだ11時半にもなっていない。1日が長いのぉ。

 「まるます家」のお勘定は2,300円でした。どうもごちそうさま。

Img_2742a Img_2746a Img_2749a
朝の「まるます家」 / 丸眞正宗・生酒 / 鯉のあらい

店情報前回

《平成28(2016)年6月11日(土)の記録》

|

« 幸せ感じるもつ煮込み … もつ焼き・煮込み「ほ志乃(ほしの)」(北品川) | トップページ | 昼とは思えぬにぎわい … さかば「ふくろ」(池袋) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/63769075

この記事へのトラックバック一覧です: 土曜の朝から本気呑み … 「まるます家(まるますや)」(赤羽):

» 呑兵衛も名物も大集合 … 鯉とうなぎ「まるます家」(赤羽) [居酒屋礼賛]
 今年3月の『ドキッ男だらけの赤羽飲み』に引き続き、しょーじさんにお誘いいただいての『まるます家呑み2』である。  しかも今回は男だらけではなくて、豪華女性陣も加わっている。  ひとりで「まるます家」に来ると、どんなにがんばっても2~3品しか食べることができない。  ところがこうして大勢の呑兵衛で集まると、まさに呑兵衛好みのする料理の数々を、すべて堪能することができるのが嬉しい。 宴会のスタートは... [続きを読む]

受信: 2016.10.10 22:00

« 幸せ感じるもつ煮込み … もつ焼き・煮込み「ほ志乃(ほしの)」(北品川) | トップページ | 昼とは思えぬにぎわい … さかば「ふくろ」(池袋) »