« 店情報: 「天平食堂(てんぺいしょくどう)」(大塚) | トップページ | 店情報: 焼そば「花の家(はなのや)」(千駄木) »

カツ丼をつまみに一杯 … 「天平食堂(てんぺいしょくどう)」(大塚)

カツ丼をつまみに一杯


『久しぶりに大衆食堂のカツ丼をつまみに一杯やるか!』

 やってきたのは大塚(巣鴨新田)の「天平食堂」だ。

 創業から60年以上がたち、今は2代目となる店主ご夫妻が切り盛りしているそうなので、かなりの老舗である。

 入口引き戸をガラリと開けて、店内に入るなり、右手の厨房の中にいるご主人から「いらっしゃいませ」と声がかかる。

 店内は入口すぐの土間に、4人掛けのテーブル席が4卓。しかし、その内の1卓は壁際にピシャリとくっつけて配置しているため、その片側(2人分)しか座ることができない。

 その奥が小上がりの座敷席になっていて、4人掛けのテーブルと同じぐらいの大きさの座卓が4卓並んでいる。ただし、各卓の座布団は向いあって2つずつしか置かれていないので、基本的には「2人で1卓を使ってくれ」ということのようである。(予備の座布団も置かれているので、人数が多い場合には、ギュッと詰めればもっと座れる。)

 先客は2名。それぞれ1人客で、入口側のテーブル席を1卓ずつ使って座っている。私も残る1テーブルに腰をおろす。

 すぐに店主の奥さんが、「いらっしゃいませ」と、湯飲みに冷たいお茶を入れて出してくれる。

「大びんのビール(550円)をください」

「アサヒとキリンがありますが」

「キリンで!」

 とても穏やかで上品なやり取りが、昨年閉店した「はまや食堂」(横浜・杉田)の店主夫妻を彷彿ほうふつとさせる。ご主人が厨房を担当し、奥さんが接客するスタイルも、「はまや食堂」と同じだ。

『なんとカツ丼は680円か。安いなあ。味噌汁とお新香は付いてくるだろうから、カツ丼を待つ間のつまみには「おひたし」(200円)をもらおうかな』

 メニューを眺めながら、そう考える。「すみません」と奥さんを呼んで、

「カツ丼と、お新香をお願いします。お新香は先に出していただいてかまいません」

 注文を終えて、ゆるゆるとビールを飲んでいるときに、「おひたし」をたのまないといけないのに、間違えて「お新香」(200円)を注文したことに気がついた。

『しまった。お新香がダブって出てきちゃうかな。おひたしに代えてもらおうか。でももう用意してくれてるだろうなあ……』

 なんて思っているところへ、案の定、お新香が出てきた。キュウリと白菜のぬか漬けである。

 結果的に言うと、お新香を注文してて、まったく問題はなかった。

 定食についてくるお新香は、かくや漬けのように細かく刻んだ漬物とタクアンだったので、ダブることはなかったのでした。

 追いかけるように「お通しです」と、ホワンと温かい枝豆(サービス)が出された。あらら。「はまや食堂」のお通しも、いつも枝豆だったなあ。なんだか懐かしいや。

 大衆食堂で飲む楽しみを覚えたのは、2010~2012年に呉(広島県)に単身赴任していたときだった。

 呉には「森田食堂」「くわだ食堂」「寿食堂」などの老舗大衆食堂のそれぞれが、それぞれに人気を博していて、平日はもちろん、週末には朝から酔客も多かった。

 冷蔵陳列ケースにずらりと並んだ料理を見ながら、自分の好みのお皿を取ってきて、それをつまみに酒を飲むのである。

 東京下町の大衆酒場と同じぐらいのコストパフォーマンスなのが良かったなあ。

 そんなことを思いながらビールを飲んでいるところへ、カツ丼の登場だ。

 ちゃんとふたがついた丼で出されるのが、いいではありませんか。

 まずは「カツ丼の頭」(=カツ煮)の部分を中心に、ときどきつゆがしみたごはんもつまみながらビールを飲む。ごはんがあるおかげで、カツ丼の頭の部分も冷めにくいのだ。

 ビールがなくなったところで、ウーロンハイ(450円)をもらう。

『ウーロンハイが450円というのは、この店にしては高いなあ』

 と思っていると、ウーロンハイは、なんとジョッキで出された。なるほど、これなら納得だ。

 このあたりで、先客の二人は順次席を立ち、入れ替わるように新しいお客さんが入ってきた。

 一組は中年の男女。それぞれがウーロンハイをもらい、肉野菜炒め(500円)、冷やっこ(200円)、豚しょうが焼き(550円)を単品で注文。

 その次に入ってきた男性ひとり客は、大瓶ビール(キリン)に、冷やっこ、ハムエッグ(380円)、アジフライ(1人前2尾で300円)を、こちらも単品で注文した。

 いろんなものが安いから、こうやって大衆酒場風に飲むこともできるんだろうな。

 最後に残っていたごはんを、残しておいたお新香と味噌汁でいただいで〆。満腹だ!

 1時間10分ほど楽しんで、今夜のお勘定は1,880円。どうもごちそうさま。また来ます。

Img_2444a Img_2445a Img_2446a
大瓶ビール / おしんこ / 枝豆(お通し)

Img_2448a Img_2451a Img_2456a
かつ丼 / ウーロンハイ / 完食で満腹

店情報

《平成28(2016)年5月31日(火)の記録》

|

« 店情報: 「天平食堂(てんぺいしょくどう)」(大塚) | トップページ | 店情報: 焼そば「花の家(はなのや)」(千駄木) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/63716930

この記事へのトラックバック一覧です: カツ丼をつまみに一杯 … 「天平食堂(てんぺいしょくどう)」(大塚):

« 店情報: 「天平食堂(てんぺいしょくどう)」(大塚) | トップページ | 店情報: 焼そば「花の家(はなのや)」(千駄木) »