« つい足が向いてしまう … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮) | トップページ | 千福樽酒はこの店だけ … 樽酒「路傍(ろぼう)」(中野) »

1軒目で来るのがいい … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野)

ツクネのタレと塩


 久しぶりに、1軒目の酒場として「石松」にやってきた。

 カウンター席の中央部に腰をおろし、キープしている金宮ボトルを緑茶割りでお願いすると、入口近くのお客さんから牛ハラミ(200円)とツクネ(150円)の注文が飛んだ。

 私もすかさず便乗注文する。

「こっちも牛ハラミ1本と、ツクネはタレと塩で1本ずつください」

 カウンター席の奥のほうに座っているお客さんからも「オレもツクネをもらおう」と便乗注文が入った。

 ここ「石松」のもつ焼きは、注文を受けてから大きな「もつのかたまり」を切り分けて、串に刺し、そのまま焼きあげる。

 ツクネなんて、注文を受けてからツクネ団子を丸めて、それを下ゆでしてから串に刺して焼く。

 だから、だれかが注文したときに、それに合わせた注文をすると、切り分けたり、串に刺したりする作業がいっぺんにできるから、店主の作業も楽になるのだ。

 基本的にどのもつ焼きも美味しいので、私なんか、ほとんどすべての注文に便乗してしまうことが多い。(すでに食べたものの注文が飛んだ場合にだけ遠慮する程度。)

 その牛ハラミやツクネの下ごしらえをしながらも、焼き台の上ではウズラ(単品100円)とウインナー(単品100円)が焼かれ始める。この2本がお通しになるのだ。

 この軽く炙ったウインナー(シャウエッセン)がうまいんだ。炭火の力だね。

 そして牛ハラミとツクネも、順番に焼きあがってきた。

 「石松」の店主・三浦さんは、なんでもなくチョチョイと焼いているように見えるのに、相変わらずその火の通り方は絶品。まるで焼かれているもつの内部が見えているかのようだ。

 続いては、テッポウ(100円)、レバー(100円)、ナンコツ(130円)を注文。

「テッポウは、シロ(100円)とミックスになっていい?」と三浦さん。

「ええ、大丈夫です」

 むしろミックスのほうが、1本で両者の違いを食べ比べることができていいかもね。

 ナンコツの下ごしらえがおもしろい。

 食道に、その周辺の部位もくっついた、つるんと長い豚もつの塊をまな板の上に乗せ、部位ごとにひと口大に切り分けながら、硬い部分は包丁でトントンと叩いて、食べやすいぐらいに軟骨を砕いていく。それらを串に刺して、焼きあげるのだ。

 こうして、ていねいに仕上げられるもつ焼きが、まずかろうはずがない。

『ここにはやっぱり今日のように、1軒めとして、お腹をすかせて来るのがいいんだなあ』

 改めてそんな思いを強くした。

 1時間ほど楽しんで、今日のお勘定は1,230円なり。どうもごちそうさま。

Img_2942a Img_2944a Img_2952a
金宮の緑茶割り / お通しのウズラとウインナー / 牛ハラミ

Img_2954a Img_2955a Img_2960a
テッポウ / レバー / ナンコツ

店情報前回

《平成28(2016)年6月18日(土)の記録》

|

« つい足が向いてしまう … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮) | トップページ | 千福樽酒はこの店だけ … 樽酒「路傍(ろぼう)」(中野) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/63811838

この記事へのトラックバック一覧です: 1軒目で来るのがいい … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野):

« つい足が向いてしまう … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮) | トップページ | 千福樽酒はこの店だけ … 樽酒「路傍(ろぼう)」(中野) »