« 女将の怒声もまた名物 … 「大坪屋(おおつぼや)」(南千住) | トップページ | 店情報: 「天平食堂(てんぺいしょくどう)」(大塚) »

新旧もつ焼き店の競演 … もつ焼き「ホルモン」(沼袋)

りんげる、てっぽう、ひも、うずら


 西武線沿線は、いまや東京西部を代表する「もつ焼き路線」になっているが、その中でも沼袋が、ひときわ盛り上がっている。

 昭和39(1964)年創業の老舗もつ焼き店「ホルモン」を筆頭に、平成10(1998)年に新井薬師前で創業した「四文屋」の沼袋店、グンと若返って平成22(2010)年創業の「たつや」、さらに若返って昨年(2015年)創業したばかりの「だいだら沼袋店」と、駅の周辺だけでも新旧4軒のもつ焼き店が、毎晩、競い合うようににぎわいを見せているのだ。

 それぞれの店の源流をたどると、「ホルモン」は、かつて中央線沿線を中心に一世を風靡した阿佐ヶ谷「ホルモン」の支店としてオープン。「四文屋」は「四文屋」グループのチェーン店。

 おもしろいのは「たつや」と「だいだら」で、どちらも野方の「秋元屋」系だ。

 しかしながら、「たつや」は、「秋元屋」で修業した藤井さんが独立して開業した店なのに対して、「だいだら」のほうは、ちょっと複雑。

 「秋元屋」で修業した辻さんが、2010年に上板橋に開業したのが、やきとん「ひなた」。その「ひなた」で修業した方が、2013年に東武練馬に開業したのが、やきとん「だいだら」。そしてここ「だいだら沼袋店」は、その「だいだら」の2号店だ。

 つまり、「秋元屋」から見て、「たつや」や「ひなた」が“子”にあたるとすると、「だいだら」は“孫”という立場なのだ。

 「秋元屋」が創業したのは平成16(2004)年のこと。それから12年で、もう“孫”に当たる店までできちゃってるんですね!(しかも、“孫”に当たる店は、ここ「だいだら」だけじゃなくて、他にもけっこうあるらしい。)

 そんなわけで、ここ沼袋にいるだけで、新旧4タイプのもつ焼き店の競演を楽しむことができるのである。

 土曜日の今日、そのうちの1軒、老舗の「ホルモン」に到着したのは、開店時刻から1時間ほど過ぎた、午後6時半。

 店内は外から見てもわかるほど満席だ。

 そこで一回り、他のもつ焼き店の様子も見てまわると、他の3軒もやはりにぎわっているようだ。さすがだなあ。

 10分ほどして、もう一度「ホルモン」の前に到着すると、今度は2列に並ぶ平行カウンターのうち、沼袋駅に近いほうのカウンターの焼き台側が空いていた。ラッキー。

 焼き台に近い席は、炭火の熱が近いので熱いんだけれど、もつ焼きが焼きあがっていく様子を見ながら飲むことができる特等席でもあるのだ。

 さっそく大瓶ビール(520円)の赤星(サッポロラガービール)と、お新香(120円)を注文し、焼き物は“ちょい焼き”(各130円)のレバとコブクロを1本ずつ焼いてもらう。

 ご存知のとおり、今は豚レバは“ちょい焼き”では食べることができないので、しっかりと焼いた上で、“ちょい焼き”と同じ味つけ(生姜醤油+刻みネギ)をしてくれるのだ。

 さらに何本かのもつ焼き(各120円)を焼いてもらいながら、飲みものも焼酎の梅割り(250円)に移行する。

 久しぶりにこの店の『やっこ』(270円)も注文。

 ビシッと直方体のこの豆腐は、すぐ近くの尾張屋豆腐店のものだ。

 焼酎もおかわりしながら、2時間弱の酒場浴。

 たっぷりと飲み食いして、今日のお勘定は2,390円なり。どうもごちそうさま。

Img_2387a Img_2388a Img_2389a
「ホルモン」 / ビールとお新香 / れば・こぶくろ(ちょい焼き)

Img_2390a Img_2393a Img_2394a
あぶら、おっぱい、なんこつ、卵付きこぶくろ、たんもと / やっこ / 焼酎(梅割り)

店情報前回

《平成28(2016)年5月28日(土)の記録》

|

« 女将の怒声もまた名物 … 「大坪屋(おおつぼや)」(南千住) | トップページ | 店情報: 「天平食堂(てんぺいしょくどう)」(大塚) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/63716519

この記事へのトラックバック一覧です: 新旧もつ焼き店の競演 … もつ焼き「ホルモン」(沼袋):

» 焼酎の梅割進む夏の夜 … もつ焼き「ホルモン」(沼袋) [居酒屋礼賛]
 金曜日である。  今夜は「ホルモン」の『もつ焼き』で一杯といこう。  そう思い立って、会社帰りに沼袋駅に降り立ったのは午後8時。  「ホルモン」は午後10時に閉店なので、あと2時間だ。  おぉ、予想どおり店内は大にぎわい。  店正面の焼き台をはさんで、平行に走る2本のカウンター席のうち、テレビが見える側(沼袋駅に近い側)はすでにいっぱい。奥側のカウンターの、店の奥側のほうに2席ほどの空席があるよ... [続きを読む]

受信: 2016.07.26 00:01

« 女将の怒声もまた名物 … 「大坪屋(おおつぼや)」(南千住) | トップページ | 店情報: 「天平食堂(てんぺいしょくどう)」(大塚) »