« 店情報: やきとん「三福(さんぷく)」(池袋) | トップページ | どーんとポテトサラダ … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »

午後3時開店年中無休 … やきとん「三福(さんぷく)」(池袋)

カシラ、レバ、タン


 橋本健二先生と行く池袋での2軒めは、池袋駅西口すぐのところにある酒蔵「三福」だ。

 「ふくろ」が池袋駅西口出て左(目白方面)にあるのに対して、「三福」は右(板橋方面)にある。

 我われが到着したのは、開店時刻の午後3時。

「ふたりです」と入っていくと、

「いらっしゃいませ。お2階にどうぞ!」

 と声がかかる。店内は1階がカウンター席、2階がテーブル席になっているようだ。

「この店も、開店直後にすぐ満席になるんですよ」と橋本先生。

 「三福」は昭和31(1956)年創業の老舗酒場。

 元は“やきとん”から始まったが、今は刺身からグラタンまで登場する大衆酒場だ。

 さっそく「大瓶ビール」(サッポロラガー、550円)をもらって乾杯し、「日替り刺身三点盛」(680円)と「もつ煮込み」(450円)、そして看板メニューの“やきとん”は「盛り合わせ」(5串600円)を注文した。(価格はすべて税抜き表記です。)

 まず出てきたのは刺身三点盛。今日は、タコ(3切れ)、平政(3切れ)、キビナゴ(6切れ)の3点だ。

 追いかけるように出された「もつ煮込み」は、『創業以来変わらぬ味』という塩ベースのすっきりとしたものだ。具はもつと豆腐だけ。弾力感が残ったもつがいいね。

 ちなみに、この「もつ煮込み」の豆腐だけをついでもらう「なか豆腐」(350円)というのもあるようだ。

 そして、やきとん盛り合わせ。

 この店のやきとんの味付けは、塩・タレのほかに、創業から続いている辛味噌からみそがあるんだそうだ。

 橋本先生が「おまかせで」と注文してくれていた盛り合わせは、シロ、ハツはタレ焼き、カシラ、レバは辛味噌焼き、タンは塩焼きで出された。

 やきとんの串が金串かなぐしなのもおもしろいね。

 大瓶ビールを3本飲んだあと注文したのは黒酎ハイ(350円)。これは酎ハイに黒ビールを注いだものなんだって!

 そうこうしているうちに、2階のテーブル席も満卓になった。(他のお客さんとの相席はさせない様子。かく言う我われも、4人テーブルを二人で使っている。)

 1時間半ほど楽しんで、今日のお勘定は二人で4,410円(4,080円+税、ひとり当たり2,205円)だった。どうもごちそうさま。

Img_2780c Img_2785c Img_2788c
やきとん「三福」 / サッポロラガー大瓶で乾杯 / 日替り刺身三点盛

Img_2789c Img_2793c Img_2797c
もつ煮込み / シロ、ハツのタレ焼き / 黒酎ハイ

店情報

《平成28(2016)年6月11日(土)の記録》

|

« 店情報: やきとん「三福(さんぷく)」(池袋) | トップページ | どーんとポテトサラダ … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/63778349

この記事へのトラックバック一覧です: 午後3時開店年中無休 … やきとん「三福(さんぷく)」(池袋):

« 店情報: やきとん「三福(さんぷく)」(池袋) | トップページ | どーんとポテトサラダ … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »