« 酒友たちと貝ざんまい … やきとり「錦山(きんざん)」(中井) | トップページ | お帰りの言葉がうれし … ビヤハウス「オオムラ亜(おおむら・あ)」(呉) »

美味ピータンピーマン … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

ピータンピーマン


すっぴん酒場 この店に来ると、ついつい長居してしまう。

 今日も気がつくと、もう3時間。

 ここは立ち飲み屋だよ!

 通勤電車の中だと、30分ほど立っていることすら苦痛を感じるのに、立ち飲み屋だと2時間だろうと、3時間だろうと、なんともないんだよなあ。

 でも、私より奥に立っているお客さんは、私が来たときにはもう飲んでたから、確実に3時間以上の立ち飲みだ。

 なにしろここは居心地がいい。そして料理がうまい。

 最近、はまっているのが、ここのオリジナルメニュー、「ピータンピーマン」(200円)だ。

 半切りにしたピーマンの中に、細かく刻んだピータンと玉ネギ、そしてちょうどピーマンの中におさまる大きさのチーズを入れて、全体を豚バラ肉で巻く。

 これを二つ(つまりピーマン1個分)並べて、平行に2本の串で刺し、炭火で焼く。

 焼きあがったら、2本の串のまん中を包丁で切って、2本分の串もののような感じに並べて出してくれる。(冒頭の写真)

 ピーマン、ピータン、玉ネギ、チーズ、そして豚バラ肉の濃厚なコクと、味のバランスがすばらしいのだ。

 金曜日の今日、「すっぴん酒場」に到着したのは午後8時過ぎ。

 いつものように黒ホッピー(450円)をもらって、焼きものは「れば」(100円)と「しろ」(100円)を注文する。

 このところ、最初はいつも、この3点セットだ。

 お通し(100円)として出される、キュウリと大根の漬物をつまみながら飲んでいるところへ、「れば」が焼きあがってくる。タレ焼きだ。

 その「れば」を食べ終えるころに、「しろ」のタレ焼きもやってきた。

 表面がカリッと芳ばしくて、中がチュルンととろけるように軟らかいのが、この店の「しろ」。とても人気が高い一品だ。

 そして、冒頭の「ピータンピーマン」へといったあと、「ハラミナンコツ」(100円)、「しょうがみょうが」(200円)、「れんこん」(150円)。1本食べては、また1本と、順番に注文を重ねていく。

 このうち「れんこん」は、スライスしたレンコンの穴と表面を「つくね」でおおって焼き上げたもの。この店自慢のつくねメニュー(全5品)のひとつだ。

 そして、棒ラーメンの麺が少量入った「ガラスープ」(300円)をもらって、黒ホッピーをソト1・ナカ4(ナカは250円)で飲み終えた。

 この時点で、入店から2時間ちょっと。キャッシュ・オン・デリバリー(商品と引き換え払い)での支払総額は2,550円だ。

 しかしながら、常連さんたちとの話も盛り上がっているところなので、ここで帰ると、後ろ髪を引かれてしまう。

『金曜日だから、もうちょっと飲むか!』

 ということで、「元祖酎ハイ」(400円)をもらい、本日2度めの「しろ」(100円)を注文する。

 で、結局は3時間も立ち飲んで、支払総額は3,050円。

 やあ、よく飲んだ、よく食べた。どうもごちそうさま!

Img_3354a Img_3356a Img_3357a
黒ホッピーとお通し / れば / しろ

Img_3367a Img_3369a Img_3370a
ハラミナンコツ / しょうがみょうが / れんこん

Img_3374a Img_3376a Img_3378a
ガラスープ / 元祖酎ハイ / 本日2度めのシロ

店情報前回

《平成28(2016)年7月1日(金)の記録》

|

« 酒友たちと貝ざんまい … やきとり「錦山(きんざん)」(中井) | トップページ | お帰りの言葉がうれし … ビヤハウス「オオムラ亜(おおむら・あ)」(呉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/63892967

この記事へのトラックバック一覧です: 美味ピータンピーマン … やきとん「すっぴん酒場」(野方):

» あれこれと食べてみた … やきとん「すっぴん酒場」(野方) [居酒屋礼賛]
 「ねぎおやじ」(150円)は、半分に切った白ネギの中に、「おやじつくね」(150円)のネタを詰めて焼いたもの。  その「おやじつくね」は、ひき肉の中に、細かく刻んだニラやニンニクを混ぜ込んだもの。ざっくりと言うと、餃子の中身のような感じかな。  ここ「すっぴん酒場」は、つくねの種類が多いのも特徴のひとつだ。  普通の「つくね」(100円)の他に、「チーズつくね」(150円)や、軟骨を練り込んだ「... [続きを読む]

受信: 2016.08.07 22:00

« 酒友たちと貝ざんまい … やきとり「錦山(きんざん)」(中井) | トップページ | お帰りの言葉がうれし … ビヤハウス「オオムラ亜(おおむら・あ)」(呉) »