« イワシコロッケハーフ … やきとり「戎(えびす)西荻南口店」(西荻窪) | トップページ | 〔コラム〕「琥珀の夢」 »

早い時間も変わらない … 居酒屋「満月(まんげつ)」(鷺ノ宮)

居酒屋「満月」


 「やきとり戎」を出たところで、まだ5時前。

 一昨日、昨日と、風邪を引いててほとんど動いていなかったので、足を慣らそうと界隈を散歩する。

 立ち食い寿司屋「にぎにぎ一」はお客さんがちらりほらリ。寿司を食べるには、まだ時間が早過ぎるんだろうか。

 角を曲がって焼とり「よね田」は、びっしりと満席状態。さすがである。

 「みちのくらさん」は午後5時開店。今はまだ準備中の札が出でいる。

 西荻窪をあとに、鷺ノ宮まで戻り、念のため居酒屋「満月」のある路地をのぞいてみると、「満月」の提灯が出ている!

 今日は1軒だけと思ってたんだけど、「満月」が開いてるとなると寄って帰りたいなあ。

 「満月」に来るのは、いつも日付けが変わる頃なので、こんな早い時間の「満月」がどんな雰囲気なのかということも気になるし。

 遅い時間の「満月」はというと、私も含めて、デロンデロンの酔っ払いだらけ。

 客のほとんどは近くに住む常連さんたちで、都心部で飲んだりした末に、やっと鷺ノ宮駅までたどり着き、「ここまで帰ればもう大丈夫。最後にもう1軒」と、ここである。

 こんな早い時間なら、きっと違うだろうと入口引戸を開けた。

「こんちわぁ~」

 外はまだ明るい。明らかに「こんばんわ」ではなくて、「こんちわ」である。

 深夜にやってくるのと同じように薄暗い店内には先客がふたり。真夜中の店内で見るのと同じように、お二人ともすでにできあがっている様子。

 うわぁ。さすがと言えばさすがである。これぞ「満月」だ。

「トマト割り(350円)をお願いします」

 店を切り盛りしているアキラくんに注文する飲みものも、いつもと同じだ。

 すぐに出されたトマト割りをチビチビとやりながら、つまみを選ぶ。

 いつもはカウンター上に並ぶ大皿から選ぶんだけれど、今日は一品出しては、また一品と、アキラくんが料理を作っている。ここがいつもと違うところだ。

 なるほどなあ、「満月」の大皿料理はこうやってできてたんだ。初めて知った。

「アキラくん、今できたのちょうだい」

 アキラくんが、フライパンから大皿に料理を移すタイミングで、そう注文する。

 すぐにアキラくんが一人前を皿に取ってくれたのは、ホタテとキノコの炒めもの(350円)だ。

 深夜に来ると、大皿料理を皿に取って、電子レンジで温めてくれるのだが、この時間帯だと、できたての熱々が食べられるのがいいね。

「もう1杯だけ、これで終わりにするから」

 と、となりのおにいさん。このセリフは深夜とまったく変わらないなあ(笑)

 私も今日は、1品と1杯で席を立った。

 40分ほどの酒場浴。今夕のお勘定は700円でした。どうもごちそうさま!

Img_3645b Img_3646b Img_3650b
居酒屋「満月」 / トマトジュース割り / ホタテとキノコ炒め

店情報前回

《平成28(2016)年7月18日(月)の記録》

|

« イワシコロッケハーフ … やきとり「戎(えびす)西荻南口店」(西荻窪) | トップページ | 〔コラム〕「琥珀の夢」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/63954407

この記事へのトラックバック一覧です: 早い時間も変わらない … 居酒屋「満月(まんげつ)」(鷺ノ宮):

« イワシコロッケハーフ … やきとり「戎(えびす)西荻南口店」(西荻窪) | トップページ | 〔コラム〕「琥珀の夢」 »