« 〔コラム〕朝から元祖「長浜ラーメン」 | トップページ | 〔コラム〕有明海の干潟でとれたマジャクを堪能 »

〔コラム〕昼は鳥栖駅の「かしわうどん」

かしわうどん


 博多(福岡県)から、JR鹿児島本線の快速電車で荒尾(熊本県)に向かいつつ、途中の鳥栖駅で下車し、5・6番線ホームの立ち食いうどん屋「中央軒」の、かしわうどん(350円)と缶ビール(350ml缶、250円)で昼食とする。

 これは、たまたまそうなったわけではなくて、宇ち中さんの緻密な計算によるものだ。

 本来ならば我われは、博多駅から快速・荒尾行きの電車に乗って、ダイレクトに荒尾まで行くところを、宇ち中さんの指示により、その1本前(20分ほど前)の快速・大牟田行きに乗り込んだ。しかも乗車する場所まで指定である。

 博多駅を出て30分ちょっと。電車は鳥栖駅にすべり込む。

「ここで乗り換えま~す」

 プシュンと扉が開くと、その目の前が、まさに目指す立ち食いうどんの店、「中央軒」だった。

 しかもそこに黒ちゃん(宇ち中さんの奥さま)と、その妹さんもいるし!

 お二人は、我われ3人と入れ違うように、この電車に乗り込んで、大牟田経由で荒尾へと向かった。

 そして我われは、ここで20分ほどの昼食タイム。かしわうどんと缶ビールだ。

 店の公式サイトには、

『昭和31(1956)年に、九州で初めて“立ち食いうどん”の営業をはじめました。お客様に一番人気なのが「かしわうどん」です。煮干し、昆布、二種類の醤油、酒、味醂でつくった薄味のスープに、甘辛く炊いた鶏肉の強い風味が味の奥行きを増します。』

 と書かれている。

 この店のうどん・そばは、かしわうどん・そば(350円)を基本として、ごぼう天、丸天、えび天がそれぞれ+100円、月見(生卵)が+70円だ。つまり、どのうどんにも「かしわ」は入ってるってこと。

 店頭には、『当店のうどん・そばには、すべて「かしわ肉」が入っております。不要の方は申しつけ下さい』なんて張り紙がある。

 「かしわ肉がもっとほしい」という人は、+60円で「かしわ肉大盛り」も選べる。

 朝ラー(+ビール)から、3時間もたたないうちに、かしわうどん(+ビール)とあって、超満腹になって、荒尾行きの電車に乗り込んだ。

 さあ、あと40分ほどで目的地・荒尾に到着だ!

Img_1753b 13537692b 13521872b
車中にて / 鳥栖駅「中央軒」 / ごぼう天・月見うどん

《平成28(2016)年6月25日(土)の記録》

|

« 〔コラム〕朝から元祖「長浜ラーメン」 | トップページ | 〔コラム〕有明海の干潟でとれたマジャクを堪能 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/63869215

この記事へのトラックバック一覧です: 〔コラム〕昼は鳥栖駅の「かしわうどん」:

« 〔コラム〕朝から元祖「長浜ラーメン」 | トップページ | 〔コラム〕有明海の干潟でとれたマジャクを堪能 »