« 美味ピータンピーマン … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | サバ煮つけで千福燗酒 … 食事処「寿(ことぶき)」(呉) »

お帰りの言葉がうれし … ビヤハウス「オオムラ亜(おおむら・あ)」(呉)

生ビール


「あら、どうしたん。お帰りなさい」

 平成24(2012)年末に呉を離れてから早3年半。

 今でも「お帰り」と迎えてくれる場所があることが、とてもうれしい。

 月曜日の呉での仕事に合わせて、今日、日曜日のうちに呉まで移動してきたのだ。

 呉駅に着いたのは午後3時半。

 今夜の宿(本通り近くのホテル)に荷物を預けて、すぐにやって来たのが、ここ「オオムラ亜」。

『グッと1杯! 思わず2杯!』

 がキャッチフレーズの、戦後すぐに創業したビヤハウスである。

 前の店主が体調を崩し、一時は閉店かと危ぶまれたが、すぐ近くで自分の店を営業していた實兼亜矢(じつかね・あや)さんが、店舗や生ビールサーバーをそのまま引き継いで、平成24(2012)年5月17日に、「オオムラ亜」として営業を再開した。

 「オオムラ亜」となってから、あっという間にもう4年がたった。

「4周年、おめでとうございます!」

 と言いながら、最初の生ビール(500円)をグッと1杯。

 この店の飲み物は、基本的に生ビールしかない。大きさも中ジョッキ1種のみ。

 だから特に注文する必要もなく、席に座ると生ビールが出される。

 昔ながらの氷冷、スイングコック式のサーバーで注がれる生ビールは、ぬるい温度と、多めの泡が大きな特徴。

 一般的な生ビールのように、飲んだ瞬間にプッハーッ、「うまいっ!」なんて感じはないのだが、なんだかスルスル、スルスルと喉を通って、ふと気がつけば『グッと1杯! 思わず2杯!』と、杯数を重ねてしまうのである。

 冷た過ぎないことと、ビールの中の炭酸分が、いい感じで(泡となって)抜けていることが、この飲みやすさを生んでいるんだろうな。

 ここ「オオムラ亜」に来たのは、今年の1月以来、ほぼ半年ぶりなんだけど、生ビールを2杯ぐらい飲んでるうちに、すっかり店との一体感が出てくる。

 このくつろぐ感覚が好きなんだ。これぞまさに「酒場浴」だ。

 首都圏の酒場ではなかなか食べることができないポールウインナー(300円)や花ソーセージ(300円)などをつまみながら1時間半ほどの滞在。

 生ビール5杯でのお勘定は、3,100円でした。どうもごちそうさま!

Img_3392a Img_3398a Img_3402a
「オオムラ亜」 / ポールウインナーと胡椒 / 花ソーセージ

店情報前回

《平成28(2016)年7月3日(日)の記録》

|

« 美味ピータンピーマン … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | サバ煮つけで千福燗酒 … 食事処「寿(ことぶき)」(呉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/63897597

この記事へのトラックバック一覧です: お帰りの言葉がうれし … ビヤハウス「オオムラ亜(おおむら・あ)」(呉):

» 呉の夜はまずここから … ビヤハウス「オオムラ亜(おおむら・あ)」(呉) [居酒屋礼賛]
 呉での仕事を終えて、今夜の宿にチェックインしたのは午後5時20分ごろ。  6時にはロビーに集合して、みんなで懇親会に行くことになっている。  よしっ。40分あれば大丈夫。その間に「オオムラ亜」に行こう!  部屋に荷物だけ置いたら、すぐにホテルを出て、急ぎ足で「オオムラ亜」へ。  いつものように「お帰りぃ~っ」と迎えてくれる店主・亜矢(あや)さんに、「これから飲み会なんで、今日は1杯だけね」と生ビ... [続きを読む]

受信: 2016.09.26 22:00

« 美味ピータンピーマン … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | サバ煮つけで千福燗酒 … 食事処「寿(ことぶき)」(呉) »