« 今が旬、瀬戸内のギゾ … おでん「赤丹(あかたん)」(松山) | トップページ | ドーンと煮込みホホ肉 … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) »

創業58年の開店記念日 … サントリーバー「露口(つゆぐち)」(松山)

店主ご夫妻


 「露口」の創業は昭和33(1958)年8月15日。ちょうど今日、創業58周年を迎えた。

 まずはお祝いのシャンパンをいただいて乾杯したあと、「露口」名物の角ハイボールへと進む。

 この店の角ハイボールは、8オンス(240ml)のタンブラーに、ウイスキー(角瓶)を50ml入れる。

 氷を入れて、ソーダ(炭酸水)を満たし、やわらかくステアしたらできあがりだ。

 ビシッと濃い目のハイボールは、ウイスキーのうまみや香りを、たっぷりと感じることができる。

 氷入りの角ハイボールではここ「露口」のが、氷なしの角ハイボールでは銀座「ロックフィッシュ」のものが最高にうまいと私は思っている。

 「露口」の店主・露口貴雄さんは、昭和11(1936)年、徳島生まれ。

 18歳のとき(昭和29年)に大阪に出て、「サントリーバー」に就職。

 3年ほど修業したところで、四国で初めてのトリスバー(松山)の店長となり、22歳のとき(昭和33年)に独立、ここ「露口」をオープンしたのだった。

 そういう経緯もあってか、今も「露口」の店内には、サントリーのCM曲が流れているし、飲みものや炭酸水なども、基本的にサントリーの製品を使っている。

 店主が25歳のとき(昭和36年)、奥さま(朝子さん)と出会い、それ以来、今日までずっと二人三脚で、「露口」を切り盛りされてきたのである。

 最後はマティーニを作ってもらって、キリッとしめた。

 創業58周年、おめでとうございます!

Img_4468b Img_4473b Img_4474b
「露口」 / 今日からこのコースター / まずはシャンパンで乾杯

Img_4477b Img_4481b Img_4484b
角ハイボール / オレンジピール / 最後にマティーニ

店情報前回

《平成28(2016)年8月15日(月)の記録》

|

« 今が旬、瀬戸内のギゾ … おでん「赤丹(あかたん)」(松山) | トップページ | ドーンと煮込みホホ肉 … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/64085860

この記事へのトラックバック一覧です: 創業58年の開店記念日 … サントリーバー「露口(つゆぐち)」(松山):

« 今が旬、瀬戸内のギゾ … おでん「赤丹(あかたん)」(松山) | トップページ | ドーンと煮込みホホ肉 … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) »