« チレの美味さを再認識 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 変わらぬ品書きに驚く … 居酒屋「いづみや」(日暮里) »

もつ煮込みのカレー版 … やきとん「たつや」(沼袋)

もつカレー


 「たつや」名物の「もつカレー」(パン付き400円)である。(カッコ内の価格はすべて税抜き表記。)

 もつカレーは、もつ煮込みのカレー版。

 これを、炭火でトーストして添えてくれる2切れのパンにのせながらいただく。

 黒ホッピー(セット400円、ナカ250円)にぴったりのつまみだ。

 パンが足りない人のために、「おかわりパン」(2切れ100円)もある。

 さらに、このもつカレーをごはんにかけて、カレーライスとして食べたい人には、「サトウのごはん」(200円)も出してくれる。

 ちなみにここ「たつや」には、普通のもつ煮込み(350円)のほか、煮豆富(200円)、煮玉子(100円)、牛すじ煮込み(400円)も用意されていて、好みの煮込みを食べることができるのだ。

 私の会社は、明日から1週間の夏休み。

 その間、四国に帰省しようと思っているので、今日は「もつの食いだめ」にやってきた。

 黒ホッピーセット(400円)をもらって、最初のつまみは、サッと出てくる「冷製もの」から選ぶことにした。

 今日の「冷製もの」は、「冷製の盛合わせ」(500円)、「こぶくろ刺」(350円)、「がつ刺」(350円)、「はらみポン酢」(350円)、「しろポン酢」(1本150円)の5種類。

 たいていは冷製の盛合わせを注文するのだが、今日はなるべく多くのもつ料理を食べたいので、はらみポン酢を選択した。

 ゆで冷まして、ひと口大にカットした「豚はらみ」を小皿に盛り、オニオンスライスと刻んだパセリ、白ゴマをトッピングして、ポン酢をかける。

 さっぱりとしていて、暑い夏の日にピッタリのおつまみだ。

 そのはらみポン酢が残り少なくなってきたところで、レバ(100円)とシロ(110円)を、タレで1本ずつ注文する。

 もつ焼きの中でも、もつの定番的な存在が、このレバとシロ。この2種類は絶対に外せないのだ。

 もし、「もつよりは肉が好き」あるいは「もつ焼きはあまり食べたことがない」という人と一緒のときは、カシラ(110円)、ハラミ(110円)、タン(110円)、ハツ(100円)などの、『赤もの』と呼ばれるものを注文すれば間違いない。肉そのものが嫌いでない限り、『赤もの』はきっと大丈夫だ。

 レバも『赤もの』なんだけど、これは好みが分かれるところ。

 逆に『白もの』と呼ばれるのは、ガツ(110円)、シロ(110円)、テッポウ(110円)などの、いわゆる消化器系のもの。

 外観も、いかにも内臓っぽいので、見た目だけで食べられない人もいる。食べてみると美味しいのにね。

 この店には、ねぎま(130円)、せせり(130円)、手羽先(200円)、つくね(160円)などの鶏串焼きもあるので、本格的に「もつ」がダメな人はそっちかな。

 でも、本格的に「もつ」がダメな人は、そもそも、やきとん屋に来ないか?!

 もつ焼きに続いては、「もつミック酢」(200円)をもらう。

 もつミック酢は、いわゆる「酢もつ」。湯通しして、小さく刻んだ各種の豚もつを、酢漬けにしたものだ。

 これもお酒が進む一品なんだよなあ。ナカ(250円)、おかわり!

 そして最後に、冒頭でご紹介したもつカレーをいただいて締めとした。

 ゆっくりと2時間ほどの「もつの食いだめ」。

 黒ホッピーをソト1・ナカ4でいただいて、席料100円に、消費税(10円未満は切り捨て)がついて、今日のお勘定は2,600円なり。

 どうもごちそうさま!

 なお、沼袋「たつや」は、8月14日(日)から18日(木)まで、5連休だそうです。

Img_4300a Img_4287a Img_4288a
沼袋「たつや」 / 黒ホッピー / はらみポン酢

Img_4290a Img_4291a Img_4299a
れば / しろ / 「本日のもつやすめ」メニュー

Img_4294a Img_4295a Img_4296a
もつミック酢(酢もつ) / ナカおかわり / もつカレー

店情報前回

《平成28(2016)年8月10日(水)の記録》

|

« チレの美味さを再認識 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 変わらぬ品書きに驚く … 居酒屋「いづみや」(日暮里) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/64062540

この記事へのトラックバック一覧です: もつ煮込みのカレー版 … やきとん「たつや」(沼袋):

» さんまの肝じょうゆ焼 … やきとん「たつや」(沼袋) [居酒屋礼賛]
 「さんまの肝じょうゆ焼」(1串250円)である。  普通のさんま塩焼きと比べても、はるかにつまみらしい味わいで、お酒との相性も抜群だ。  ここ沼袋「たつや」には、『本日のもつやすめ』という日替りメニューがあって、そこに魚介類のメニューが並ぶことが多いのだ。  たとえば、ここ2週間ぐらいだけを見てみても、「針子(はりこ)の炙り(秋刀魚の子ども丸干し」(300円)、「真鯛のカブト煮」(500円)、「... [続きを読む]

受信: 2016.11.18 22:00

« チレの美味さを再認識 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 変わらぬ品書きに驚く … 居酒屋「いづみや」(日暮里) »