« やっと来れた新宿酒場 … 酒処「浪曼房(ろまんぼう)」(新宿) | トップページ | 豚の尻尾でウーロン割 … 「豚の味珍(まいちん)」(横浜) »

あれこれと食べてみた … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

ねぎおやじ


 「ねぎおやじ」(150円)は、半分に切った白ネギの中に、「おやじつくね」(150円)のネタを詰めて焼いたもの。

 その「おやじつくね」は、ひき肉の中に、細かく刻んだニラやニンニクを混ぜ込んだもの。ざっくりと言うと、餃子の中身のような感じかな。

 ここ「すっぴん酒場」は、つくねの種類が多いのも特徴のひとつだ。

 普通の「つくね」(100円)の他に、「チーズつくね」(150円)や、軟骨を練り込んだ「たたきつくね」(150円)、れんこんの穴につくねを詰め込んだ「れんこん」(150円)、ピーマンにつくねを詰めた「ピーマン肉詰」(200円)。

 そして冒頭で紹介した「おやじつくね」に「ねぎおやじ」の、全7種類だ。

 考えてみると、ここではいつも黒ホッピー(セット450円、ナカ250円)を飲みながら、「しろ」(100円)、「れば」(100円)、「しょうがみょうが」(200円)といった定番の料理をもらうことが多い。

 今日は金曜日でゆっくりと過ごせるので、定番の品に加えて、いつもはあまり注文していない料理にもチャレンジしてみることにした。

 まずもらったのは「らっきょう」(4個100円)だ。

 このらっきょうは自家製で、なくなると、次に食べられるのは来年となる。

 けっこう人気があるので、わりと早めになくなりそう。食べたい人は急がないと!

 「豚バラ味噌だれ」(200円)も初めて食べた一品。味噌ダレもうまいなあ。

 さらには「冷奴」(200円)ももらう。私自身は初めて食べたが、これも必ず注文する人がいるほど人気が高い一品なのだ。

 今日は、その豆腐が入る煮込み(400円)ももらったので、豆腐比率が高くなった。

 ソト1・ナカ4で2時間半ほど立ち飲んで、キャッシュ・オン・デリバリーでの支払総額は2,650円。

 なにを食べても、はずれがないね。どうもごちそうさま。

Img_4007a Img_4009a Img_4012a
「すっぴん酒場」 / 黒ホッピーとお通し / らっきょう

Img_4017a Img_4019a Img_4026a
れば / 煮込み / しろ

Img_4032a Img_4037a Img_4041a
豚バラ味噌だれ / 冷奴 / しょうがみょうが

店情報前回

《平成28(2016)年7月29日(金)の記録》

|

« やっと来れた新宿酒場 … 酒処「浪曼房(ろまんぼう)」(新宿) | トップページ | 豚の尻尾でウーロン割 … 「豚の味珍(まいちん)」(横浜) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/64025593

この記事へのトラックバック一覧です: あれこれと食べてみた … やきとん「すっぴん酒場」(野方):

» チレの美味さを再認識 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) [居酒屋礼賛]
 おぉ~っ。ビシッと焼けたチレ(100円)がうまいなあ。  実は、チレはあまり得意じゃなかった。  プニュプニュ、クニュクニュとしていて、噛んでるんだか噛んでないんだかよくわからないような食感がねぇ……。  好きな人はその食感が好きなんだろうけど、苦手な人にはそれが苦手。  数あるもつ焼きの中でも、かなりはっきりと好みがわかれる一品かもしれない。  前回、これまであまり注文していなかった品々をもら... [続きを読む]

受信: 2016.08.14 22:00

« やっと来れた新宿酒場 … 酒処「浪曼房(ろまんぼう)」(新宿) | トップページ | 豚の尻尾でウーロン割 … 「豚の味珍(まいちん)」(横浜) »