« 店情報: 薬師「四文屋(しもんや)」(新井薬師前) | トップページ | 店情報: お好み焼「ぱある」(野方) »

梅割り焼酎は3杯まで … 薬師「四文屋(しもんや)」(新井薬師前)

梅割り焼酎


 13年ぶり! 「四文屋」にやってきた。

 これまで14年間も単身赴任をしていたものだから、あちこちの酒場に、行きたくても行けずにいたのだが、それにしても13年というのは久しぶり過ぎる。

 なにしろ「四文屋」は私の生活圏内にたくさんある。

 うちの近くのどの駅を見ても、駅のすぐ近くに「四文屋」がない駅はないぐらい、どこにでも「四文屋」があるのだ。

 だからこそ、逆に行きそびれてたのかもしれない。

 「いつでも行ける」というこの感覚が、「いつまでたっても行けていない」という、今の状況を生んでしまったのかもね。

 そんなわけで、しばらくぶりにやって来た、ここ新井薬師前にある「四文屋」が、今や40軒ものチェーン展開をしているという「四文屋」グループの本店なのでした。

 カウンター席の一角に座り、まずは「四文屋オリジナルハイボール」(350円)と「冷製肉三点盛(小)」(300円)を注文。(カッコ内の価格はすべて税抜き表記、以下すべて同じ。)

 冷製肉三点盛は、本来はレバ、ハツ、タンの3点が盛られるんだけれど、今日はレバがなくなったとのこと。

「代わりにミミ(豚耳)かセンマイ(牛胃)になりますが、それでいいでしょうか?」

 ということだったので、ミミにしてもらった。

 「四文屋」新井薬師本店は平成10(1998)年の創業というから、現在、創業18年ほど。それで40店にも広がっているというんだからすごいよね。

 江戸時代に広く流通していた寛永通宝かんえいつうほうが、1文銭(裏に模様がない)と4文銭(裏に波模様がある)。

 当時の1両が、今の10万円ぐらいの価値で、4文銭はちょうど100円ぐらいの感覚だったようだ。

 だから「四文屋」というのは、江戸時代の「100円ショップ」という意味合いのネーミングなんだろうな。

 今も焼きとん串や焼きとり串は、どれを選んでも基本的に1本100円である。

 「四文屋オリジナルハイボール」をおかわりし、焼きとん串はレバ、シロ、ナンコツ(各100円)を1本ずつ注文する。

 たまたまかもしれないけれど、今ここにいるお客さんたちは、焼きとんの味を指定しない。

 注文を受けたお店の人も、特に「塩ですか? タレですか?」といったことを聞かない。

 ここでは、焼きものの味は指定しないというのが定番なのかもしれないなあ。そう思って、私も味は指定せずに注文した。

 すると、レバ、シロはタレで、ナンコツは塩で焼いてくれた。

 「四文屋オリジナルハイボール」は、下町の酎ハイのような感じで、ちょっと味がついた酎ハイ。下町ハイボールに比べると、甘み酸味がちょっと強いのが特徴かな。

 その「四文屋オリジナルハイボール」を2杯もらったあとは、金宮焼酎(25度)を使った「梅割焼酎」(350円)をもらって、つまみには煮込豆腐(350円)を注文する。

 煮込豆腐の豆腐は、注文を受けてから投入して煮込んでくれるようで、しばらく待ってから煮込豆腐が登場した。

 おぉ~っ。牛シロの甘みと濃縮された旨みがいいねえ!

「うちの煮込みは牛もつ(牛シロ)と豚もつ(各種)の混合なんですよ。『牛の四文屋』では、牛もつだけの煮込みをお出ししています。これがビーフシチューのような味わいで、ガーリックトーストともよく合うんです。今度ぜひ試してみてください」

 目の前で、焼き台を担当している店長さんらしきおにいさんが、そう声をかけてくれる。

 それは行ってみなきゃなあ。

 ここ「四文屋」は、チェーン展開の過程で、「牛の四文屋」、「魚の四文屋」といった形態の店も出てきて、それぞれに特徴を出しているのだ。

 これら各形態の料理を、いっぺんに味わうことができるのが、今年7月に新宿アルタ裏に開店した「どすこい四文屋」なんだって。

 新宿という土地柄もあって、まだまだお客が多いだろうから、もうちょっと落ちついてから行ってみようかな。

 最後にもう1杯、梅割焼酎をいただいて、1時間半ほどの酒場浴。

 今夜のお勘定は、席料100円と消費税が付いて、2,268円でした。どうもごちそうさま。

Img_4215a Img_4194a Img_4195a
薬師「四文屋」本店 / 四文屋オリジナルハイボール / 冷製肉三点盛(小)

Img_4199a Img_4201a Img_4202a
レバ / シロ / ナンコツ

Img_4208a Img_4198a Img_4197a
煮込豆腐 / 食べものメニュー / 飲みものメニュー

店情報前回

《平成28(2016)年8月4日(木)の記録》

|

« 店情報: 薬師「四文屋(しもんや)」(新井薬師前) | トップページ | 店情報: お好み焼「ぱある」(野方) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/64036065

この記事へのトラックバック一覧です: 梅割り焼酎は3杯まで … 薬師「四文屋(しもんや)」(新井薬師前):

« 店情報: 薬師「四文屋(しもんや)」(新井薬師前) | トップページ | 店情報: お好み焼「ぱある」(野方) »