« 夏でもうまいネギマ鍋 … 「銀座じゃのめ」(銀座) | トップページ | 店情報: 中華レストラン「バーミヤン」(品川) »

熱々ガンスで夏にごり … 立ち呑み「脱藩酒亭(だっぱんしゅてい)」(新橋)

生がんす


 揚げたて熱々の「生がんす」(450円)である。

 「がんす」というのは、広島県で生産されている魚肉練り製品のひとつ。

 「かまぼこ」の原料と同じような魚のすり身に、刻んだ玉ネギなどの野菜や、一味唐辛子などを混ぜて、円形や長方形に平たく成型し、パン粉を付けて揚げたもの。

 パッと見には、平天のカツのような感じなんだけど、玉ネギや唐辛子が入っているので、口に入れると、ピリッと辛みを感じたり、ふんわりと玉ネギの甘みを感じたりする。

 一般的には、揚げた状態で商品として売られているんだけど、「生がんす」は揚げる前の状態で(たいていは冷凍食品として)販売しているもの。

 ここ「脱藩酒亭」では、注文を受けてからその「生がんす」を揚げて、食べやすく切り分け、さらに野菜サラダやマヨネーズをトッピングして出してくれるのだ。

 っくぅ~っ。うまいでがんす。

 広島弁(昔の言葉?)の「がんす」は、「~です」「~でございます」という意味合いで使われる。

 つまり「うまいでがんす」は、「おいしいです」という意味だ。

 この「がんす」が、そのまま練り物の「がんす」の名前の由来でもあるのだ。

 今夜はこの「生がんす」に、この季節限定の「千福」の濁り酒、「夏にごり」(1合500円)を合わせた。

 「脱藩酒亭」は、酒王「千福」で知られる呉市の三宅酒造が、2011年1月に新橋に開店した立ち飲み店。正式には「廣島呉藩 立ち呑み 脱藩酒亭 新橋浪人店」という長い名称だ。

 ついこのあいだ開店したような気がするのに、もう5年半か。早いなあ。

 そういう経緯の店だからか、広島出身のお客さんが多く、店内には広島弁が飛び交っている。

 でも、ひとりで店を切り盛りしている店長・芳賀徳之信さんは会津の出身だ。呉の「千福」で働いていて、この店を任された。

 だから、広島出身者じゃなくてもウェルカムなのである。

 立ち飲み屋だけど、お勘定は最後のまとめて店長に支払うタイプ。

 今夜のお勘定は二人で2,050円(ひとり当たり1,025円)だった。

 どうもごちそうさま。

Img_3914b Img_3913b Img_3916b
「脱藩酒亭」 / 店頭のおすすめメニュー / お通し(ひとり300円)と飲みもの

店情報前回

《平成28(2016)年7月25日(月)の記録》

|

« 夏でもうまいネギマ鍋 … 「銀座じゃのめ」(銀座) | トップページ | 店情報: 中華レストラン「バーミヤン」(品川) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/64012802

この記事へのトラックバック一覧です: 熱々ガンスで夏にごり … 立ち呑み「脱藩酒亭(だっぱんしゅてい)」(新橋):

» 廣島呉藩・新橋浪人店 … 立ち呑み「脱藩酒亭(だっぱんしゅてい)」(新橋) [居酒屋礼賛]
 「銀座じゃのめ」から、新橋の「脱藩酒亭」へというのは、私の定番のハシゴコース。  人数が少なければ、途中で銀座「ロックフィッシュ」にも立ち寄りたいところなんだけど、飲んだあとの4~5人だと、ちょっとむずかしい。  「ロックフィッシュ」の入口には『呑んでいる方はムズカシイです。すみません』と書かれた張り紙もあって、基本的に酔っ払いはお断りなのです。  途中、ひとり帰られて、残る4人で「脱藩酒亭」へ... [続きを読む]

受信: 2016.09.23 22:00

« 夏でもうまいネギマ鍋 … 「銀座じゃのめ」(銀座) | トップページ | 店情報: 中華レストラン「バーミヤン」(品川) »