« 店情報: 「南酒店(みなみさけてん)」(熊本) | トップページ | 店情報: 「醸音(かもね)」(熊本) »

倉嶋編集長と球磨焼酎 … 「南酒店(みなみさけてん)」(熊本)

倉嶋編集長と球磨焼酎


 出張で熊本にやってきた。

 「古典酒場」編集長の倉嶋紀和子さんが、熊本で取材中だったので、連絡してみると、ラッキーにもたまたまその日が、取材がお休みの日。

 せっかくのお休みの日なのに、ご無理をお願いしてご一緒させていただいた。

 倉嶋さんは、8月14日から9月の頭まで、熊本に滞在されて取材を進めている。

 今年の4月に発生した熊本地震で被害を受けた熊本の日本酒蔵、酒場、酒屋を取材し、今年11月に、「古典酒場」特別編集本「熊本 酒援酒場」を出版されるご予定なのだ。

 3週間の短期決戦。大忙しの状況である。

 私自身はというと、3年ほど前までは熊本にはほとんどご縁がなくて、熊本の酒場にも来たことがなかった。

 2013年に、熊本にも事業所がある会社と経営統合したのをきっかけに、熊本にもときどき来ることができるようになったのでした。

 それでもなお、熊本市内で飲むのは今回が初めて。

 お店の選択は、熊本出身の倉嶋さんにおまかせである。

 しかしここで、われとわが身を振り返ってみると、私自身は松山出身ながら、松山には高校を卒業するまでしかいなかったので、松山の酒場のことはほとんど知らない。

 12年ぐらい前から、やっと「露口」や「赤丹本店」に通い始めた程度である。

 倉嶋さんとて、それは同じこと。

 熊本には高校を卒業するまでしかいらっしゃらなくて、それ以降は東京暮らしである。

 でもその心配は杞憂にすぎなかった。

 「熊本の酒場にはそれほど精通していなんです」とご謙遜されつつも、さすがは古典酒場編集長。「行ってみたい酒場があるので」と、ビシッと予約まで入れてくださっていた。

 さらに「予約の酒場に行く前にちょっと1軒」と連れて行ってくれたのが、熊本の飲み屋街、下通しもどおりの一角にある「南酒店 熊本県産酒試飲所」である。

 店内は基本的に立ち飲みのようだが、イスも数脚おかれていて、空いている時間には、ゆっくりと座って飲むこともできる。

 今はまだ先客がひとりしかいないので、我われもイス席に座り、まずは瓶ビール(キリン一番搾り)を1本もらって乾杯する。

「支払いは、その場払い(キャッシュ・オン・デリバリー)ですか?」

 店を切り盛りするおねえさんにそう確認すると、

「基本的にはそうですが、後払いでもかまいませんよ」とのこと。

「じゃ、キャッシュ・オンにしましょう。まずは1枚ずつですかね」

 と千円札を1枚ずつ、合わせて2千円をカウンターの上に置くと、

「そんなの飲むご予定なんですか!?」と驚かれた。

 店内には特にメニューも見当たらず、ずらりと焼酎の一升瓶が並んでいるだけだけれど、きっと安いんだろうな。

 そこへ、ひとり、またひとりと、いかにも常連さんらしき男性客が入ってきて、立ったり座ったりしながら飲み始めた。

 熊本の呑兵衛たちは、いきなり球磨焼酎(米焼酎)なんかを飲み始めるんじゃないかと思っていたら、みなさん、冷蔵庫から缶チューハイを取り出して飲み始めた(笑)

 1本のビールを2人で飲み干した我われも、いよいよ焼酎へ突入だ。

「『大石』(球磨焼酎)を、えぇ~と、水割りでください」

 2軒めを考慮して、軽めの水割りから入ろうとする倉嶋さん。

「そりゃあ、いかん。球磨焼酎はロックで飲むか、水は入れたとしても、ちょっと垂らすぐらいじゃなきゃ」

 それまで、我われ2人のことなんか、まるで目もくれていなかった常連さんたちから、いきなりそんなアドバイスが飛んできた。みんな聞いてないようで聞いてるなあ。球磨焼酎には厳しいのだ。

「そぎゃんですか。じゃ、ロックでお願いします(笑)」と倉嶋さん。

「それじゃ私も、『川辺』(球磨焼酎)をロックでお願いします」

 こうなるとロックでいくしかないね。

 このロックが、大きな湯呑ゆのみになみなみと注がれて登場だ。この量! さすが熊本である。

 純米焼酎「川辺」はすっきりとした飲み口。それに対して倉嶋さんが注文した「大石」のほうは、濃厚でまろやかな味わい。

「黒い湯呑に注いだからよくわからないですが、『大石』のほうは、熟成されてやや褐色がかった色合いなんですよ」

 店のおねえさんが、そう説明してくれる。

 倉嶋さんがつまみにベビー・チーズをもらっていたので、私も同じベビー・チーズの「ゆず胡椒」味のものをもらった。

 小さなチーズをつまみに、たっぷりの球磨焼酎を飲み干して、40分ほどの角打ちタイム。

 キャッシュ・オン・デリバリーでの総支払額は、二人で1,450円(ひとり当たり725円)でした。どうもごちそうさま。

 店を出て、トコトコと予約の店に向かっていたら、交差点の角で、さっきまで一緒に立ち飲んでいたおじさんがパウンドケーキを売っていた! なるほど、おじさんはパウンドケーキ屋さんだったんですね。

Img_4763a Img_4757a Img_4758a
棚にはずらりと熊本県産酒 / まずはビールで乾杯 / ベビー・チーズ

Img_4759a Img_4760a Img_4767a
球磨焼酎「大石」 / 球磨焼酎「川辺」 / さっきまで一緒に飲んでたシェフ

店情報

《平成28(2016)年8月26日(金)の記録》

|

« 店情報: 「南酒店(みなみさけてん)」(熊本) | トップページ | 店情報: 「醸音(かもね)」(熊本) »

コメント

九州の焼酎愛は、素晴らしいですね。
そして、安い♪

東京で提供される焼酎は…
不思議です。

編集長さんがお綺麗で、びっくりしました。
これからも楽しい情報を楽しみにしています。

投稿: とむ | 2016.09.11 14:55

熊本市在住の者です。いつも楽しく読ませていただいています。
 地元の者が言うのもなんですが、熊本では酒場文化は全く育っていません。末枯れた店はないし、料金は高いし、他県の方に自慢できるような酒場はありません。先月、甲子園球場に高校野球を観戦に行き、ついでに新世界に行きましたが、本当にいい酒場が多いですね。料金は安いし、美味いし。益々、熊本の酒場がつまらなく思えてきました。

投稿: 60代のヒロシです | 2016.09.11 18:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/64133212

この記事へのトラックバック一覧です: 倉嶋編集長と球磨焼酎 … 「南酒店(みなみさけてん)」(熊本):

« 店情報: 「南酒店(みなみさけてん)」(熊本) | トップページ | 店情報: 「醸音(かもね)」(熊本) »