« 銀色の皿でナポリタン … 居酒屋「千成(せんなり)」(有楽町) | トップページ | 店情報: 「ふもと赤鶏(あかどり)」(田町) »

横須賀で呉酒場を偲ぶ … 「鳥好(とりよし)」(横須賀中央)

だんご


 呉の焼き鳥と、横須賀のとっても濃いホッピー。

 その両者がいっぺんに楽しめるのが、ここ、横須賀の「鳥好」だ。

 しかも、横須賀「鳥好」の大将は、呉の焼き鳥屋が、もっとも華やかな時代に独立して、この店を立ち上げているので、『古き良き時代の呉の焼き鳥屋』が、そのままここに、時代を超えて定着されているのである。

『古き良き時代の呉の焼き鳥屋』とは何なのか。

 すごく単純なことなんだけど、「焼き鳥に専念してる」というのがその答えだ。

 呉(倉橋の室尾)出身の長尾一良さんが、呉の「鳥好」(現在の「本家鳥好」)を開店したのは、昭和26(1951)年のこと。

 長尾さんは、戦時中に働きに出ていた大阪で焼き鳥と出会い、戦後、呉に戻って焼き鳥屋を開いたのだった。

 その焼き鳥屋が、行列ができるほどの大人気店となり、次々にのれん分けした店舗が広がっていったのだった。

 それらの店が「鳥八」「三とり」「鳥晃」などなどと、「鳥」や「とり」が入った店名だったことから、これらを総称して『とり屋』と呼ぶようになったのだった。

 そんな呉の『とり屋』が転機を迎えたのは、昭和50年ごろのこと。

 大手居酒屋チェーン店が、呉にも進出してきたのである。

 これ以降、それら大手居酒屋チェーン店に負けないように、呉の『とり屋』の多くに生簀いけすが設置され、瀬戸内海の新鮮な魚介類などもメニューに並ぶようになったのだった。

 横須賀の「鳥好」が開店したのは、この転機が訪れる前、昭和40年代後期だった。

 だから横須賀の「鳥好」には魚介類のメニューはない。

 呉の『とり屋』も、昔はきっとこんな感じだったんだろうなあ、と思わせてくれる酒場なのである。

 そんな横須賀の「鳥好」に来たら、まずはホッピー(380円)と「鳥皮のみそ煮」(1本70円)だ。

 鳥皮と同じ鍋で煮込まれた玉子とコンニャクも食べたかったので、セット(鳥皮3本+玉子とコンニャクが各1個)でもらった。

 後で知ったことだけど、このセットが500円。実は玉子とコンニャクが意外と高いんだなあ……。

 ちなみに玉子とコンニャクは単品では出していないので、セットでしか食べることができない。

 そして、忘れてはならないのが、だんご(2本1皿300円)と串カツ(3本1皿380円)だ。

 だんごというのは“つくね”のことだんだけど、ここのは揚げてソースをかけているのが大きな特徴。

 これは呉の「本家鳥好」も同じ。というか、「本家鳥好」が元祖だ。

 「本家鳥好」の焼き台は、工夫好きな2代目店主・上瀬弘和さんが若かりし頃(昭和35年頃)に独自に考案したもので、上下から一気に焼き上げることができる。

 普通の焼き鳥はこの焼き台を使うことで短時間で焼けるのだが、つくねの場合はこの高火力が災いして、表面がいい感じで焼けても、中がレアになってしまうのだ。

 そこで、だんごだけはフライヤーを使って揚げることで、焦がさずに、中までじっくりと火を通すことができるようにしたというのが、「鳥好」ならではのだんごの始まりだ。

 カリッとした表面の食感が実にいいのである。

 串カツも「本家鳥好」と同じで、焼き鳥用に串刺しにした鶏肉をカツにしたもの。呉には、この鶏串に衣をつけて天ぷらにして出してくれる店もある。

 最後は横須賀「鳥好」の店主・野村宏さんの生まれ故郷である成田の名産品、「瓜の鉄砲漬」をいただいて〆とした。

Img_4563d Img_4564d Img_4566d
横須賀「鳥好」 / ホッピー / みそ煮セット

Img_4568d Img_4572d Img_4576d
鳥わさ / 串カツ / 瓜の鉄砲漬

店情報前回

《平成27(2015)年12月19日(土)の記録》

|

« 銀色の皿でナポリタン … 居酒屋「千成(せんなり)」(有楽町) | トップページ | 店情報: 「ふもと赤鶏(あかどり)」(田町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/64112385

この記事へのトラックバック一覧です: 横須賀で呉酒場を偲ぶ … 「鳥好(とりよし)」(横須賀中央):

« 銀色の皿でナポリタン … 居酒屋「千成(せんなり)」(有楽町) | トップページ | 店情報: 「ふもと赤鶏(あかどり)」(田町) »