« 豚の尻尾でウーロン割 … 「豚の味珍(まいちん)」(横浜) | トップページ | 半熟玉子+納豆で燗酒 … 「山田屋(やまだや)」(王子) »

骨せんべいは150円 … 大衆立呑酒場「富士屋本店(ふじやほんてん)」(渋谷)

骨せんべい


「これは何でしょう?」

 立ち飲んでいる目の前の容器に、アジの中骨のフライが山積みされているのが気になって、店のおにいさんに聞いてみた。

「骨せんべいです」

 なるほど。このままつまみになるのか!

「これ、ください」

 さっそく注文した。

「はいよっ」

 と返事したおにいさん。アジの中骨フライを2枚とって、フライヤーに投入した。

 待つことしばし、熱々のカリカリに揚げあがった「骨せんべい」が出てきた。

 商品と引き換え払いに、カウンター上に置いておいたお金から、骨せんべいの料金が取られる。

『骨せんべい、いくらなんだろうなあ?』

 と思いながら見ていると、なんと、2枚でたったの150円だった。

 しっかりと2度揚げされた骨せんべいは、中骨もシャクシャクと芳ばしくて、とてもおいしい。

 予想していたとおり、これはいいつまみだなあ。

 改めて、じっくりと壁のメニューを探してみると、あったあった。「骨せんべい2枚150円」の短冊たんざく。とにかくメニューが多いので、すべてを把握するのはむずかしいのである。

 横浜から東急東横線で渋谷まで戻り、大衆立呑酒場「富士屋本店」に入店したのは午後7時半過ぎ。

 土曜日は8時半までの営業なので、あと1時間弱。

 でもその分、店内には少しだけ空きがあった。(いつもは「超」がつくほど満員なんだけど、今日はひとりか二人なら立てそうな場所が数箇所ある。)

 店の形に添って、店内を「凹」字に取り囲むカウンターの、ちょうど凹に引っ込んだ場所に立って、大瓶ビール(サッポロ黒ラベル、450円)と、名物のハムキャ別(350円)を注文し、財布から2千円を取り出して、カウンター上に置いた。

 あっという間に登場するビールとハムキャ別。

 カウンター上の千円札1枚が取られ、残るもう1枚の千円札の上に、おつりの200円が置かれる。

 渋谷駅からもほど近い酒場で、大瓶ビール1本が450円というのは安いよねえ。改めて驚かされる。

 そしてハムキャ別。平皿に千切りキャベツをたっぷりと盛って、マヨネーズをかけ、その上にハムを何枚か置いただけのシンプルなこの料理。ハムでキャベツをくるむようにしていただくと、これがうまいんだ!

 で、そのハムキャ別を食べ終えるころに、骨せんべいを注文したのだった。

 さっきも書いたことだけど、その骨せんべいと引き換えに、千円札の上の100円玉2個が取られ、代わりに50円玉1個が千円札の上に置かれたのには、びっくりしたね。安いにもほどがある(笑)

 閉店時刻が近づいてくると、店内でも厨房の清掃作業などが始まった。

 私もそろそろ退散しよう。8時半まで、1時間弱の酒場浴。キャッシュ・オン・デリバリーでのお勘定合計は950円でした。どうもごちそうさま。

 なお、2016年の「富士屋本店」のお盆休みは、8月11日(木祝)~17日(水)の1週間だそうです。

Img_4102b Img_4106b Img_4107b
「富士屋本店」 / 階段を下りて店内へ / ビールとハムキャ別

Img_4110b Img_4112b Img_4118b
今日のメニュー / カウンター上のフライ / 入口には「本日お営業終了」を示す札

店情報前回

《平成28(2016)年7月30日(土)の記録》

|

« 豚の尻尾でウーロン割 … 「豚の味珍(まいちん)」(横浜) | トップページ | 半熟玉子+納豆で燗酒 … 「山田屋(やまだや)」(王子) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/64024206

この記事へのトラックバック一覧です: 骨せんべいは150円 … 大衆立呑酒場「富士屋本店(ふじやほんてん)」(渋谷):

» ホッピーとハムキャ別 … 大衆立呑酒場「富士屋本店(ふじやほんてん)」(渋谷) [居酒屋礼賛]
 渋谷駅のすぐ近くにあるビルの地下1階。大衆立呑酒場「富士屋本店」にやってきた。  ここに来るのは、ほぼ1年ぶり。外は雨だけど、今日もにぎわってるなあ。  入って左手の、テレビ前(といってもテレビの位置は背後)あたりが空いていたので、そこに立つと、速攻で注文を取りに来てくれる。 「ホッピーとハムキャベツをお願いします」  迷うことなくそう注文した。階段を下りながら、最初に注文する品は決めていたのだ... [続きを読む]

受信: 2017.04.30 20:58

« 豚の尻尾でウーロン割 … 「豚の味珍(まいちん)」(横浜) | トップページ | 半熟玉子+納豆で燗酒 … 「山田屋(やまだや)」(王子) »