« 廣島呉藩・新橋浪人店 … 立ち呑み「脱藩酒亭(だっぱんしゅてい)」(新橋) | トップページ | 中華そば+小イワシ煮 … 「森田食堂(もりたしょくどう)」(呉) »

深酒ができない日曜日 … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方)

ハラミ&カシラ


 今日は小西康隆さんの新著「日本の街角酒場で呑み語らう」の出版記念パーティーがあったり、吉田類さんの「吉田類と仲間達vol.9」が開かれたりと、飲む気満々の1日だったのだが……。

 明日の仕事の関係で、今日はどうしても深酒はできないことになってしまった。

 ちょっとだけ顔を出して、すぐに「じゃ!」と帰って来れれば問題ないんだけど、大勢の飲み仲間たちが集まっていることを考えると、そういうわけにもいかんよなあ……。

 でも、なんにも飲まないのも悔しいので、近くの「秋元屋」に出かけることにした。

 日曜4時の「秋元屋」というと、いつもは小西さんやその呑み仲間のみなさんが集合して飲んでいる。

 今日はその小西さんの出版記念パーティーだから、「秋元屋」がガランとしてしまって困ってるんじゃないかなあ。

 そんなことを思いながら「秋元屋」に到着してみると、そんな心配はまったく不要だった。

 今日も「秋元屋」は大にぎわいである。

 しかも、小西さんご本人こそいないものの、荒木マタエモンさんたち、呑み仲間のみなさんたちはずらりと集結してるし!

 みなさん、出版記念パーティーへの出席を終えてから、野方へと流れてこられたとのこと。「今日は朝からずっと飲んでるよ」なんて方までいる!

 私もカウンター席の一角に腰をおろし、ホッピー(400円)をもらって、まずひと口。

 開店直後とあって、焼き台はものすごく渋滞しているようなので、まずは焼かないつまみからもらいましょう。

「ガツ酢(250円)と、なんこつスライス(250円)をお願いします」

 予想どおり、焼かないでいいつまみは、すぐに出てきた。

 この2品で、ナカ(270円)をおかわりし、2回めのナカをもらったところで、レバ(120円)とシロ(120円)を1本ずつ、それぞれ味噌焼きでもらう。

 この時点で5時をまわり、焼き台の上も、開店直後に比べると余裕ができてきたのだ。

 最初にレバが焼きあがり、焼き台の松ちゃん(店長)から、「ハイッ、レバです」と手渡される。

 熱々のレバを、熱々のうちに食べ終えるころに、「シロです」とシロも焼きあがってきた。その差、わずか2~3分。なんとも絶妙なタイミングだなあ。

 冷めても美味しいのが味噌焼きの売りなんだけど、それでもやっぱり熱いものは熱いうちに食べたほうがうまいのだ。

 ソト1・ナカ3でホッピーを飲み終えて、続いては豆乳割り(400円)をもらう。

 これはもう、つまみ兼用の飲みもの。

 前回も今回も、たまたまとなりの席に座り合わせたご常連の「ひざげり」さんと、門前仲町あたりの酒場話で盛り上がる。

 最後にカシラ(120円)とハラミ(120円)を1本ずつ、塩焼きでもらって〆とした。

 気がつけば2時間半もの長っちり。お勘定は2,420円なり。どうもごちそうさんでした!

 今日はこれで終了。ハシゴ酒をしないかわりに、野方の飲み屋街をくるりと一巡してから帰路についた。

Img_5115a Img_5117a Img_5119a
ホッピー / ガツ酢 / なんこつスライス

Img_5120a Img_5122a Img_5123a
れば味噌 / しろ味噌 / 豆乳割り

Img_5126b Img_5128b Img_5130b
やきとん「秋元屋」 / 手打そば「おおひら」 / やきとん「すっぴん酒場」

Img_5131b Img_5133b Img_5135b
うなぎの「上州屋」 / やきとん「ヨシミ商店」 / 九州料理「野方ガレージ」

Img_5138b Img_5142b Img_5143b
酒場「はとまめ」 / やきとん「第三秋元屋」 / やきとり「きさぶろう」

Img_5145b Img_5148b Img_5149b
手打そば「藤二郎」 / 寿司食堂「魚銀」 / 大衆餃子酒場「ダンダダン酒場」

店情報前回

《平成28(2016)年9月4日(日)の記録》

|

« 廣島呉藩・新橋浪人店 … 立ち呑み「脱藩酒亭(だっぱんしゅてい)」(新橋) | トップページ | 中華そば+小イワシ煮 … 「森田食堂(もりたしょくどう)」(呉) »

コメント

門前仲町の昔の飲み屋話は中々、する機会が無いので楽しかったです。

このときご紹介した千松は、1品のボリュームが多いので、グループで行かれた方がより楽しめると思います。

またお会いできる日を楽しみにしています。

投稿: ひざげり | 2016.09.26 09:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/64227412

この記事へのトラックバック一覧です: 深酒ができない日曜日 … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方):

» 久しぶり平日に寄り道 … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) [居酒屋礼賛]
 久しぶり。平日の「秋元屋」である。  どれくらい久しぶりかというと、平成17年6月以来だから、実に11年半ぶりだ。(ここでいう「平日」は、月~木のうち、祝日・休日でない日のことです。金曜日は平日に含んでいません。)  なにしろブラジルから戻ってくるまで、14年間も単身赴任していたもんだから、平日はほとんど東京にいなかったのである。  先日、日曜日にここで飲んでいたときに、店長の松ちゃんに、 「も... [続きを読む]

受信: 2016.12.17 22:08

« 廣島呉藩・新橋浪人店 … 立ち呑み「脱藩酒亭(だっぱんしゅてい)」(新橋) | トップページ | 中華そば+小イワシ煮 … 「森田食堂(もりたしょくどう)」(呉) »