« 深酒ができない日曜日 … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) | トップページ | 呉の夜はまずここから … ビヤハウス「オオムラ亜(おおむら・あ)」(呉) »

中華そば+小イワシ煮 … 「森田食堂(もりたしょくどう)」(呉)

名物・中華そば+小イワシ煮付け


 久しぶりの呉である。

 朝早く新幹線で東京駅を出発すると、呉には昼ごろに到着する。

 そして呉での昼食は、大正13年創業の老舗大衆食堂、「森田食堂」だ。

 「森田食堂」の営業時間は、朝8時から夜9時まで。中休みなく、いつでも食事ができるし、ビールや酒も置いているので、いつでも飲める!

 おかずは皿に盛られて、冷蔵陳列棚に並んでいるものを、自分で選んで取ってくる。

 それぞれ一皿が150円から、刺身などの高いもので500円ぐらいまで。200~300円ぐらいの料理が多い。

 温めたほうがいい料理の場合は、店を切り盛りする女性陣が、電子レンジで温め直してくれる。

 この店の名物のひとつが、イリコ出汁のスープで出される湯豆腐(300円)だ。

 この湯豆腐をつつきながら飲む燗酒が、すばらしくうまい。

 でも今日は、この後、午後から仕事なので、残念ながら飲むことはできない。

 そこで選んだのが、もう一つの名物・中華そば(400円)である。

 これもまたイリコ出汁をベースとした、旨みのある、黄金色こがねいろに透きとおったスープで作られる。

 さらに冷蔵陳列棚から、小イワシの煮付け(300円)も取ってくる。

 イリコも小イワシも同じ魚。標準名で言うとカタクチイワシだ。

 塩ゆでして乾燥させるとイリコになり、そのまま刺身で食べたり、煮付けにしたりするときは小イワシと呼ばれる。

 実はこのカタクチイワシ、広島県の魚類の中で最多の漁獲量(全漁獲量の約70%)を誇る、県民自慢の、生活に欠かせない魚なのだ。

 そのイリコをたっぷりと使った中華そばのツユに、さらに小イワシの煮付けで、カタクチイワシ・オン・カタクチイワシ。これはうまいよねえ!

 中華そばの汁まですっかり飲み干して、昼食を終えた。

 お勘定は700円。どうもごちそうさまでした。

Img_5212a Img_5213a Img_5216a
森田食堂 / 店頭のメニュー / 店内の様子

店情報前回

《平成28(2016)年9月8日(木)の記録》

|

« 深酒ができない日曜日 … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) | トップページ | 呉の夜はまずここから … ビヤハウス「オオムラ亜(おおむら・あ)」(呉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/64239783

この記事へのトラックバック一覧です: 中華そば+小イワシ煮 … 「森田食堂(もりたしょくどう)」(呉):

« 深酒ができない日曜日 … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) | トップページ | 呉の夜はまずここから … ビヤハウス「オオムラ亜(おおむら・あ)」(呉) »