« キンミヤ焼酎で一揃い … うなぎ「川勢(かわせい)」(荻窪) | トップページ | 四日酔いの朝は鯛煮付 … 食事処「寿(ことぶき)」(呉)など »

トリハイから角ハイへ … パブ「ブリック(BRICK)」(中野)

角ハイボール


 もっと足しげく通いたいのに、なかなか来れていない店の1軒がここだ。

 中野駅近辺にはそんな店が多い。「北国」「石松」「パニパニ」「路傍」「おかやん」「やきや」「第二力酒蔵」などがそうだ。

 土曜日の夜とあって、「ブリック」の店内もお客さんが多いが、カウンターの一番奥のほうに空席があって、そこに座らせてもらった。

「いらっしゃいませ。お久しぶりです」

 真っ白いバーコートを着た、店のおにいさんにそう声をかけられる。

「本当に、すっかりごぶさたしていて申しわけありません。トリハイ(200円)と野菜スティック(400円)をお願いします」

 このこところ、年に1回ぐらいずつしか来ることができていないのに、今でもなお顔を覚えてくれているのがうれしいことだよなあ。

 トリハイ、つまりトリスハイボールはこの店の名物。

 1964年(昭和39年)、当店はオリンピックの年にオープンしました。
 日本のウイスキー文化の一時代を築いたトリス。
 40年を経た今、改めて飲んでみませんか?
 トリハイの他、ストレート、オンザロックなど、お客様のお好みでお試しください。

 メニューには、そう書かれている。

 そのトリハイと一緒に出されたお通しはポテトサラダ(400円)。お通しは何種類か用意されていて、お客が注文した料理とかぶらないものを出してくれるのだ。

 それにしても、トリハイ1杯が200円というのは爆発的に安い。

 もともとトリスバーとして出発した「ブリック」だけど、その看板メニューであるトリハイは、高度成長期に姿を消した。

 呑兵衛サラリーマンたちの飲み物が、トリスからレッドへ、ホワイトへ、角へ、オールドへと、徐々にレベルアップしたのがその原因だった。

 そのトリハイが再び登場したのは昭和60(1985)年のこと。

 東京下町発祥のチューハイ(焼酎ハイボール)が大手チェーン居酒屋のメニューに取り入れられて、ちまたにはチューハイブームが起きた。そのチューハイに負けじと、トリハイが復活したのである。

 だから値段も、チューハイに負けない、安い設定になっているのである。

 今どきは、チューハイだって200円で飲める店は少ない。価格的には完全に逆転して、トリハイのほうが安くなっちゃってるかもね。

 2杯めに角ハイボールをお願いすると、これもなんと250円。トリハイも安いが、角ハイも安いなあ。びっくりだ。

 か~るく1時間弱の酒場浴。お勘定は1,300円なり。どうもごちそうさま。

Img_6397a Img_6399a Img_6400a
「ブリック」 / トリハイとお通しのポテトサラダ / 野菜スティック

店情報前回

《平成28(2016)年10月21日(金)の記録》

|

« キンミヤ焼酎で一揃い … うなぎ「川勢(かわせい)」(荻窪) | トップページ | 四日酔いの朝は鯛煮付 … 食事処「寿(ことぶき)」(呉)など »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/64394601

この記事へのトラックバック一覧です: トリハイから角ハイへ … パブ「ブリック(BRICK)」(中野):

« キンミヤ焼酎で一揃い … うなぎ「川勢(かわせい)」(荻窪) | トップページ | 四日酔いの朝は鯛煮付 … 食事処「寿(ことぶき)」(呉)など »