« 四日酔いの朝は鯛煮付 … 食事処「寿(ことぶき)」(呉)など | トップページ | 歩いて歩いてタコ焼き … 「秋田屋(あきたや)」(浜松町) »

ポークチャップで燗酒 … 田舎洋食「いせ屋(いせや)」(呉)

ポークチャップで燗酒


 「寿食堂」を出て、すぐ近くにあるアイスもなかの「巴屋」で、基本のアイスもなか(ミルク、100円)を1個。ん~。この冷たさ、甘さが心地よいね。

 中通なかどおり本通ほんどおりの間にある細い通りをさらに南下し、細うどんの「山乃家 中通店」の前を通過。

 突き当り(パルス通り)を右に曲がると、そこが田舎洋食の「いせ屋」である。

 大正10(1921)年に開店した「いせ屋」は今年、創業95年を迎えた。

 ほとんどの客が注文する、この店の二大名物は「いせ屋特製 カツ丼」(1,200円)と「カツカレー」(1,200円)だ。

 どちらも基本的な構成は同じ。円形のカレー皿に盛られたライスの上に、その全体を覆うほど大きいビーフカツがのる。

 そのビーフカツは、食べやすいように3センチ角ほどの格子状に切り分けられている。

 その上にドミグラスソースがかかればカツ丼になり、カレールーがかかればカツカレーとなるのだ。

 そんな、ほとんどの人が注文する二大名物を横目に見つつ、私は新入社員の昔(30年以上も前!)から、なぜかポークチャップ(900円)に走っているのである。

 今日も「白牡丹」(320円)を燗酒でもらって、料理はやっぱりポークチャップだ。

 燗酒の出も早いが、ポークチャップが出るのも驚くほど速い。

 確認したことはないんだけれど、このポークチャップ。ポークソテーを作って、それをひと口大に切り分けて、ドミグラスソースにからめるという工程を経てると思うんだ。

 あるいは最初からひと口大に切り分けていた豚肉を、ソテーしてから、ドミグラスソースにからめるという手順だろうか。

 横には千切りのキャベツと、ゆでたジャガイモ、そしてパセリが添えられる。

 ドミグラスソースの濃厚なコクと、ほんわりとした甘みがいいんだなあ。

 それをもっともっと甘い「白牡丹」でキュッと流す。

 新入社員のころは、となり町(ひろ)から、自分が運転する車で来ることが多かったので、「いせ屋」に来ても食べるだけ。この店で飲むということは、ほとんどなかった。

 最初のころは、みなさんと同じく、カツ丼やカツカレーを食べてたんだけど、ある時、ポークチャップに豚汁(330円)と中ご飯(200円)をもらって、定食のようにして食べてみたところ、これがすこぶる美味かった。

 それ以来、すっかりポークチャップにはまったのだった。

 いまでこそ、ポークチャップ+豚汁+中ご飯で、1,430円にもなってしまうが、当時は同じ組み合わせで950円ぐらいだったと思うなあ。

 もっとも、カツ丼やカツカレーも900円ぐらいだったけど。

 ポークチャップ+豚汁+中ご飯を注文すると、ホールにいる奥さんから、厨房のご主人に、「チャップ・ブタチュー」と注文が通される。

 何度か同じ注文を繰り返すうちに、しまいには注文するときから「チャップ・ブタチューをお願いします」なんて頼みかたになった。とても懐かしい思い出だ。

 「白牡丹」をクイッと飲み干して40分ほどの滞在。今日のお勘定は1,220円でした。

 どうもごちそうさま。

Img_5684b Img_5690b Img_5693b
田舎洋食「いせ屋」 / ポークチャップ / 店内のメニュー

店情報前回

《平成28(2016)年9月11日(日)の記録》

|

« 四日酔いの朝は鯛煮付 … 食事処「寿(ことぶき)」(呉)など | トップページ | 歩いて歩いてタコ焼き … 「秋田屋(あきたや)」(浜松町) »

コメント

浜田さん、呉にいるなら広のおでん、かわすじ、に行ってみてくれませんか?
店名あわもり、の頃数回行った店ですが忘れられないおでんです。
よろしくお願いします。

投稿: yusuke | 2016.10.27 08:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/64399424

この記事へのトラックバック一覧です: ポークチャップで燗酒 … 田舎洋食「いせ屋(いせや)」(呉):

« 四日酔いの朝は鯛煮付 … 食事処「寿(ことぶき)」(呉)など | トップページ | 歩いて歩いてタコ焼き … 「秋田屋(あきたや)」(浜松町) »