« 缶つまブームの立役者 … バー「ロックフィッシュ(ROCK FISH)」(銀座) | トップページ | 休日の朝はゆっくりと … 「くわだ食堂」(呉) »

呉の夜は屋台で締める … 「富士さん(ふじさん)」(呉)など

焼酎水割とおでん


 まずは『とり屋』で飲み食いして、『スタンド』でおねえさんと話をしたり歌ったりした後、最後は『屋台』のラーメンで締めくくるというのが、呉の呑兵衛たち定番のハシゴ酒コースだ。

 『とり屋』というのは、焼き鳥と活魚が二枚看板の居酒屋のこと。「鳥好」「鳥八」「三とり」などなど、「鳥」または「とり」の字が付いている店が多いことから、総称して『とり屋』と呼ばれるようになった。

 『スタンド』は、世間一般的に言うスナックのことである。どうしてそう呼ぶようになったのかは定かではないが、呉や広島では、「スタンド○○」という名前を付けているスナックが多いのだ。

 「呉市スタンドバー組合」もあるぐらい、『スタンド』は正式な名称なのである。

 金曜日の今日も、1軒めは『とり屋』からスタートした。

 店の名前は「かしま支店」。「鳥」という字も、「とり」という字も付いてないけれど、この店も『とり屋』の1軒なのでした。

 呉の『とり屋』を経営しているのは、呉市内の鹿島出身の人が多い。ここ「かしま支店」は、その鹿島の地名を冠してるのだ。

 集まったのは、その昔、同じ独身寮で過ごしていた社員や寮長さんなど7人。なにかの機会があるたびに集まってるんだけど、集まるたびに、すぐに気持ちが若かりし頃にジャンプするのがいいよね!

 去年の10月、ブラジルから一時帰国したときも、ここで飲んだので、ほぼ1年ぶりだ。

 ゆっくりと3時間ほど楽しんで、「かしま支店」のお勘定は7人で37,630円(ひとり当たり5,400円弱)でした。

 2軒めは、標準的なハシゴ酒コースでは『スタンド』に行くところであるが、明日の朝早くから予定が入っている人も多かったので、ひとまずここで解散。

 8月から呉勤務となっているT實さんと二人で、このところT實さんが行きつけにしているという、店舗の「富士さん」へと向かう。

 あえて《店舗の》と書いたのには、わけがある。

 「富士さん」は屋台からスタートしたお店。屋台の「富士さん」のほうは創業者の息子さん(弟)が継ぎ、創業者の娘さん(姉)が、新たに店舗の「お食事処 富士さん」を興したのだ。

 だから、お食事処「富士さん」と屋台「富士さん」とは、文字どおりの姉妹店(姉弟店?!)なのである。

 T實さんとはブラジルでも一緒に過ごし、ブラジルから戻ってきてからも本社で一緒に働いてきた。8月の人事異動で、T實さんのご自宅のある呉に戻ったのだった。

 1時間半ほど、つもる話に花を咲かせて、お勘定はふたりで2千円ほど。店舗になっても「富士さん」は安いのだ。

 T實さんが帰路につき、最後は一人で蔵本通り沿いに並ぶ屋台へと向かう。

 ここでは今は10軒ほどの屋台が営業している。

 昭和62(1987)年、蔵本通りの整備に併せて、それまで呉の飲み屋街のアチコチで営業していた屋台を1ケ所に集め、ここに屋台通りができたのだ。

 私自身、いちばん行きつけにしていた屋台は「一二三」だったのだが、残念ながら今は休業中。

 「八起」に行こうか、屋台の「富士さん」に行こうかとちょっと迷って、弟さんの「富士さん」にした。

 ちなみに「八起」のほうも、お兄さんがやっている店舗の「八起」もある。さらには弟さんも屋台の「だるま」をやっているのだ。

 さて「富士さん」。

 いきなり〆の中華そばに行くことはせずに、まずは「しそ焼酎 鍛高譚たんたかたん」(400円)を水割りでもらい、つまみにはおでんの「牛すじ」(120円)と「餅きんちゃく」(120円)を取ってもらう。

 おでんのネタが書き出されたホワイトボードに、大好物の「鶏もつ」の字が見えないので、「鶏もつ、やめたの?」と聞いてみると、「いや、今日は仕入れがなかっただけです。いつもはあるんです」とのこと。良かった良かった。

 最後は中華そばを小盛り(450円)でもらって〆とする。

 呉の屋台には、小盛りがあるのがうれしいところ。スープも具材も1人前で、麺だけ半分にしてくれるのだ。

 小盛りでも、普通盛りと同じ値段の店が多いんだけれど、ここ「富士さん」は、普通の中華そばが550円で、大盛りが100円増し、小盛りが100円引きになるのがいい。

 1時間弱、楽しんで、お勘定は1,090円なり。どうもごちそうさま。

Img_5519aa Img_5519ba Img_5520a
「かしま支店」刺身盛り合せ(左) / 刺身盛り合せ(右) / 焼鳥盛り合せ

Img_5523a Img_5525a Img_5527a
地アジ活造り / スープ鍋 / みんなで記念写真

Img_5535b Img_5537b Img_5536b
お食事処「富士さん」 / 生ハムサラダ / タコとキュウリの酢の物

Img_5541c Img_5543c Img_5546c
屋台「富士さん」 / 牛すじ、餅きんちゃく / 中華そば(小盛)

・「かしま支店」の店情報前回) / お食事処「富士さん」の店情報前回) / 屋台「富士さん」の店情報前回

《平成28(2016)年9月9日(金)の記録》

|

« 缶つまブームの立役者 … バー「ロックフィッシュ(ROCK FISH)」(銀座) | トップページ | 休日の朝はゆっくりと … 「くわだ食堂」(呉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/64289976

この記事へのトラックバック一覧です: 呉の夜は屋台で締める … 「富士さん(ふじさん)」(呉)など:

» とり屋で旧交を温める … 居酒屋「かしま支店」(呉) [居酒屋礼賛]
 「オオムラ亜」での『ひとりゼロ次会』を終えて、向かう先は「かしま支店」である。  飲み会は午後6時からの予定なのに、10分前に店に着くと、ほとんどのメンバーが到着していて、しかもすでに飲み始めていた。 「乾杯するたびに、ひとりずつ増えるのぉ。浜田も『生』でええか? おねえさん、『生』、もう1つちょうだいや」  ということで、私も生ビールをもらって、みんなと乾杯すると、案の定、その途端に新たに二人... [続きを読む]

受信: 2017.10.10 09:22

« 缶つまブームの立役者 … バー「ロックフィッシュ(ROCK FISH)」(銀座) | トップページ | 休日の朝はゆっくりと … 「くわだ食堂」(呉) »