« ゆっくりとゆったりと … 「いせや北口店」(吉祥寺) | トップページ | トリハイから角ハイへ … パブ「ブリック(BRICK)」(中野) »

キンミヤ焼酎で一揃い … うなぎ「川勢(かわせい)」(荻窪)

串巻、短冊焼、八幡巻


 吉祥寺を出て、荻窪に到着したのは午後5時半。

 さあ、「やきや」に行くか、「田中家」に行くか、それとも「カッパ」に向かうか。

 その前にダメ元で、うなぎ串焼きの「川勢」をのぞいてみよう。

 午後5時の開店と同時に、すぐに満席になってしまう「川勢」。まだ開店後30分しか経ってないから、おそらくいっぱいだろうなあ。

「すみません。ひとりです」

 のれんをくぐり、開けっ放しの入口から店内をのぞき込む。

「今、奥の方が出るところなので、ちょっと待ってくださいね」

 やったぁ~っ! 入れたぜい!

 L字カウンターの、一番奥に座っていた男女二人連れが出てきて、その方たちと入れ替わるように店内に入ることができた。

 こうやってスッと飲んで、サッと帰る方がいらっしゃると、うれしいですよねえ。

 さっそく焼酎(350円)と、「一揃ひとそろい」を注文する。

 目の前に受け皿付きのコップが置かれ、金宮焼酎が、受け皿にこぼれるまでなみなみと注がれる。

 お通し(サービス)として出されるキャベツの紫蘇しそ和えをつまみながら、うなぎ串焼きのできあがりを待つ。

 この店のうなぎの串焼きは、串巻(220円)、八幡巻(350円)、きも焼(220円)、ひれ焼(220円)、ばら焼(220円)、れば焼(220円)、えり焼(220円)、はす焼(220円)、短冊焼(350円)の9種類。

 これに、ねぎ焼(180円)、ししとう焼(180円)、しいたけ焼(180円)という、野菜串焼き3種類が加わって、全12種類となる。

 「一揃い」と注文すると、ひれ焼、きも焼、ばら焼、串巻、短冊焼、八幡巻の6種類を1本ずつ焼いてくれて、1,440円となる。

 品切れしているときは、別の種類に代わることもある。その場合は値段もそれに合わせて変わる。

 この店に来たら、まずは一揃いを注文しておけば間違いない。

 午後6時(開店から1時間)を過ぎるころになると、席を立つお客さんが出始めるが、売り切れも多くなる。いろんなものを食べたい場合は、並んででも早く入るのがいい。

 ちなみにこの店のもうひとつの名物・うな丼(1,500円)は、私が入ったとき(5時半)には、もう売り切れていた。

 1時間ほどの酒場浴。今宵のお勘定は1,930円でした。どうもごちそうさま。

Img_6307b Img_6308b Img_6309b
うなぎ「川勢」 / お通しとキンミヤ焼酎 / ひれ焼、きも焼、ばら焼

店情報前回

《平成28(2016)年10月15日(土)の記録》

|

« ゆっくりとゆったりと … 「いせや北口店」(吉祥寺) | トップページ | トリハイから角ハイへ … パブ「ブリック(BRICK)」(中野) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/64389813

この記事へのトラックバック一覧です: キンミヤ焼酎で一揃い … うなぎ「川勢(かわせい)」(荻窪):

» すきっ腹に鰻の串焼き … うなぎ「川勢(かわせい)」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 荻窪北口駅前通商店会の中にある、うなぎの「川勢」。  ランチタイム(12:00~14:00)は、うな丼がサービス価格の1,200円で提供される。(夜の部では1,500円だ。)  都心部にも初雪が降った今日は、休暇をもらって朝から胃の内視鏡検査。大きな問題はないということが確認できたとたんに、お腹がすいた。なにしろ朝から何も食べてないからなあ。  買い物に出てきたカミサンと合流して、「川勢」に入っ... [続きを読む]

受信: 2016.11.29 22:00

« ゆっくりとゆったりと … 「いせや北口店」(吉祥寺) | トップページ | トリハイから角ハイへ … パブ「ブリック(BRICK)」(中野) »