« 名古屋の老舗英国パブ … 「英吉利西屋(いぎりすや)本店」(名古屋・伏見) | トップページ | 常連さんたちと二次会 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »

嫁に喰わすな秋の茄子 … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

なす


 「すっぴん酒場」のメニューに、「なす」(250円)が並んでいる。

 注文すると、丸ごと1個のナスのヘタを取って、縦方向に二つに切り分ける。

 それを今度は横方向に1センチ幅ぐらいに、元のナスの形を保ったままスライスしたあと、その形のまま、ナス半分につきそれぞれ2本の串で固定される。

 この状態で焼き台にのせられ、炭火でじっくりと焼き上げられるのだ。

 生のナスの表面に、じわりじわりと焦げめがついていく様子を眺めながら、待つ、待つ、待つ、……。

 焼き上がりが近くなると、店主が生姜をおろし始める。

 焼き台の上のナスが皿に移され、おろし生姜、刻みネギ、そしてカツオ節がトッピングされる。醤油をかけたらできあがりだ。

 こんがりと、ナスの形を保ったまま出されるものを、串の箸でひと切れずつつまみながらいただく。

 ん~~っ。うまいっ!

 さすが秋ナスである。

 この「なす」、いつでもあるわけではなくて、ナスが美味しい時季にだけ登場する季節の一品なのだ。

 夏場は「とうもろこし」なども登場する。

 今夜も黒ホッピー(450円)とお通し(100円)のキュウリと大根の漬物でスタートして、もつ焼きはレバ(100円)、シロ(100円)、チレ(100円)を1本ずつ焼いてもらう。

 この店は味付けを指定しないのが基本。店主がおすすめの味で焼いてくれる。

 好みの味がある場合は、あえて塩・タレを指定すればいい。

 ナカ(おかわり焼酎、250円)をもらって、焼きものはピーマン肉詰め(200円)に、カシラ(100円)とハラミナンコツ(100円)。

 そしてこの後、ナカをもらって、ナス(250円)を注文したのだった。

 さらに4杯めとなるナカ(ソト1・ナカ4)をもらって、最後にもう1回、シロ(100円)をもらって〆!

 ゆっくりと2時間ほど立ち飲んで、今夜のお勘定は2,350円なり。

 どうもごちそうさま。

Img_6078a Img_6079a Img_6080a
「すっぴん酒場」 / 黒ホッピー / お通しの漬物

Img_6081a Img_6082a Img_6083a
レバ / シロ / チレ

Img_6084a Img_6085a Img_6089a
ピーマン肉詰め / カシラ、ハラミナンコツ / 最後にもう1回、シロ

店情報前回

《平成28(2016)年10月1日(土)の記録》

|

« 名古屋の老舗英国パブ … 「英吉利西屋(いぎりすや)本店」(名古屋・伏見) | トップページ | 常連さんたちと二次会 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/64363011

この記事へのトラックバック一覧です: 嫁に喰わすな秋の茄子 … やきとん「すっぴん酒場」(野方):

» 地元の行きつけの酒場 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) [居酒屋礼賛]
 飲み会の予定のない金曜日。会社からの帰りの電車に揺られながら、「どこで途中下車しようか」と考える。  そして「ここぞ」と思い当たる店がない場合は、どうしても地元の「行きつけの酒場」に足が向いてしまうことになる。バタバタとした仕事が続いていたりして、なんだか疲れ気味のときなどは特にそうだ。そういう時こそ行きつけの酒場でゆっくりと癒されたいのだ。  そんなわけで、今日も地元の行きつけの酒場、「すっぴ... [続きを読む]

受信: 2016.11.12 22:00

« 名古屋の老舗英国パブ … 「英吉利西屋(いぎりすや)本店」(名古屋・伏見) | トップページ | 常連さんたちと二次会 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »