« 嫁に喰わすな秋の茄子 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 味噌ずりで焼酎ロック … 博多ラーメン「ばりこて」(都立家政) »

常連さんたちと二次会 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政)

店主と「亀泉」


 「すっぴん酒場」に入ると先客がひとりいた。

 なんと、「竹よし」の常連客でもあるK内さんだ。

 世間は狭い。地元の酒場はもっと狭い。行く先々で酒友たちと出会うのである。

 呑兵衛たちが、『ここはいいな』と思う酒場は、なんとなく重なるのだ。

「わぁ。久しぶりですねえ!」

 お互いにそう言いながら一緒に飲み始めた。

 K内さんは、出張用の新しいカバンを買ったばかりなので、『今日は軽く飲もう(=カバンを忘れて帰らないように気をつけよう)』という飲み方をされていたそうなのだが、ありがたいことに方針変更。

 飲みものも食べものも追加注文して、しばらく付き合ってくれることになった。

 つもる話に花を咲かせていたら、入ってきたのは、これまた「すっぴん酒場」の常連でもあり、「竹よし」の常連でもあるS藤さんだ。

 すぐに「やぁやぁ」と盛り上がる。

 しかしまあ、こうして「竹よし」の常連でもあるメンバーが3人そろうと、当然のように「次は『竹よし』ですね」ということになるなるよねえ。

 そんなわけで、今夜の二次会は「竹よし」である。

 今日、「竹よし」を手伝っているのは、新潟出身、日本酒好きのリエちゃんだ。

 そのリエちゃんの「『亀泉かめいずみ』の“ひやおろし”が入ってますよ」という声に従って、それをいただく。

 「亀泉 純米吟醸原酒 ひやおろし」(高知、1合700円)である。

 さて、つまみ。

 今日の刺身は、新さんま(650円)、きんめだい(800円)、もどりかつを(700円)、はも(700円)、たこ(500円)、あじ(600円)、しめさば(550円)、しらうお(400円)というラインナップ。

 もちろん「盛り合せ」(1,000円)と「小盛り合せ」(650円)もある。

 目の前にドーンと立派なタコが置かれているのを見て、タコ刺しをもらうことにした。

 「亀泉」に続いては、山口の「五橋 生酒」(300ml瓶、700円)をいただいて、今夜のお勘定は1,900円なり。どうもごちそうさま。

Img_6095b Img_6102b Img_6110b
「竹よし」 / 目の前にドーンと大きなタコ / そのタコを刺身でもらった

Img_6112b Img_6113b Img_6114b
でっかいスジコ / 「五橋」生酒 / K内さんはサバ棒寿司(900円)で〆

店情報前回

《平成28(2016)年10月1日(土)の記録》

|

« 嫁に喰わすな秋の茄子 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 味噌ずりで焼酎ロック … 博多ラーメン「ばりこて」(都立家政) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/64368024

この記事へのトラックバック一覧です: 常連さんたちと二次会 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政):

» 生鯨のユッケで賀茂鶴 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) [居酒屋礼賛]
 沼袋の「ホルモン」で飲んだあと、都立家政の「竹よし」にやってきた。  昨年末にブラジルから帰国したところで、14年間の単身赴任生活にピリオドを打った。  満員電車に揺られての通勤も、実に14年ぶり。  わが家から会社までは、ドア・ツー・ドアで1時間ほどなので、首都圏の通勤者としては恵まれているほうなんじゃないかと思う。  それでもやっぱりまだまだ慣れない通勤は疲れるので、平日は『一軒で止(や)め... [続きを読む]

受信: 2016.11.14 22:00

« 嫁に喰わすな秋の茄子 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 味噌ずりで焼酎ロック … 博多ラーメン「ばりこて」(都立家政) »