« 食べる食べる飲む飲む … 串揚げ「たけちゃん」(田町) | トップページ | 地元の行きつけの酒場 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »

ジンリッキーにうなる … バー「アルフォンソ(Alfonso)」(阿佐ヶ谷)

ジンリッキー


 久しぶりにやってきたバー「アルフォンソ」で、ジンリッキー(Gin Rickey)を作ってもらう。

 そして出されたジンリッキーのおいしさにうなる。

 ジンリッキーの作り方はとても簡単。ジンを炭酸水で割って、ライムを搾り入れる。基本的にはこれだけだ。

 つまり、ライムサワーの焼酎がジンに代わったようなものということ。

 でも、これを「アルフォンソ」のようなきちんとしたバーで、その店長・村川真さんのようなきちんとしたバーテンダーが作ると、うなるほど素晴らしい飲みものになるんだからおもしろい。

 なにしろバーは「美味しい飲みものを提供する場所」であり、バーテンダーは「美味しい飲みものを作るプロフェッショナル」だからなあ。

 日本中のいろんな酒場で角ハイボールは飲めるけど、私にとって松山「露口」の角ハイボールと、銀座「ロックフィッシュ」の角ハイボールは別格だ。これもまたバーならでは。

 そして呉のバー「アンカー」で出される季節のフルーツカクテル。その時季、その時季に採れる一番おいしい果物をぜいたくに使って作られるフルーツカクテルに、身も心も酔いしれる。

 カクテルは「液体状の料理」であって、バーテンダーはその料理を作る「すご腕の料理人」なのだ。

 目の前で料理(=カクテル)ができていく様子を見ているだけでも、できあがりが楽しみでワクワクするよね。

 あまりの美味しさに、ついついジンリッキーをおかわりする。

 そうして出される2杯めのジンリッキーも、1杯めとまったく同じ味と香り。寸分のブレもないのが素晴らしい。

 ところで、ジンリッキーという名前の由来。

 諸説あるらしいが、いずれも『リッキーさんという人が好んで飲んだカクテルだから、ジンリッキーという名前になった』というところは変わらない。

 そのリッキーさんが、どのリッキーさんかということで、諸説に分かれているようなのだ。

 そういうことでいうと、「二毛作」や「丸忠」で出される『今ちゃんハイ』や、「ホッピー仙人」の『堀越さん』なんかと似たようなルーツを持つカクテルなんだね。

 ジンリッキー2杯で、1時間半ほどの酒場浴。

 テーブルチャージ(300円)を加えて、今日のお勘定は1,800円なり。(ということはジンリッキーは1杯750円なんだろうな。)

 どうもごちそうさま。

Img_5980a Img_5981a Img_5986a
阿佐ヶ谷スターロード / バー「アルフォンソ」 / ジンリッキーおかわり

店情報前回

《平成28(2016)年9月24日(土)の記録》

|

« 食べる食べる飲む飲む … 串揚げ「たけちゃん」(田町) | トップページ | 地元の行きつけの酒場 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/64477849

この記事へのトラックバック一覧です: ジンリッキーにうなる … バー「アルフォンソ(Alfonso)」(阿佐ヶ谷):

» 麻布起点でのれん分け … 大衆割烹「和田屋(わだや)」(阿佐ヶ谷)ほか [居酒屋礼賛]
 焼鳥「川名」を出たところで、すでに午後9時前。  ここでいったん解散となり、寄り道さん、宇ち中さん、ここちき&みやさんご夫婦と私の5人は、二次会として阿佐ヶ谷駅近くの大衆割烹「和田屋」へと入る。 「5人です」と声をかけると、 「お2階へどうぞ」  と2階の座敷席に通してくれた。  すでに「川名」でたっぷりと飲んだあとなので、みんな思い思いのサワーを注文。私はシークワサーサワー(400円)をもらっ... [続きを読む]

受信: 2017.05.14 21:09

« 食べる食べる飲む飲む … 串揚げ「たけちゃん」(田町) | トップページ | 地元の行きつけの酒場 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »