« 名物アサブロで水割り … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮) | トップページ | すきっ腹に鰻の串焼き … うなぎ「川勢(かわせい)」(荻窪) »

エネルギー源・活力源 … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

同い年の店主から力をもらう


 野方の地に平成16(2004)年に創業した「秋元屋」、そして平成18(2006)年に創業した「すっぴん酒場」。

 どちらもまだ創業10~12年ほどの若い酒場ではあるが、すでに沿線を代表するもつ焼き(やきとん)の人気店だ。

 そして、とっても私的なことなんだけど、「秋元屋」店主の秋元宏之(あきもと・ひろゆき)さんと、「すっぴん酒場」店主の徳宿克治(とくしゅく・かつじ)さんのお二人は、ともに私と同い年。

 だから、このお二人が活躍されている様子を見ると、まるで自分のことのように嬉しい。もつ焼きそのものもさることながら、お二人自身が、これまた私のエネルギー源、活力源になっているのでした。

美しい秋晴れ

 美しい秋晴れとなった今日。会社帰りに「すっぴん酒場」に立ち寄って、いつものように黒ホッピー(450円)をもらって飲み始めると、お通し(100円)は定番の漬物(キュウリ、大根)が出される。

 焼きものも、まずはいつものレバ(100円)、シロ(100円)、チレ(100円)を焼いてもらう。

 味付けは指定しない人が多いので、私もほとんど指定せず、おまかせにしている。そうするとレバとシロはタレで、チレは塩で焼いてくれる。

 ナカ(おかわり焼酎、250円)をもらって、今度はタン(100円)、ハツ(100円)、カシラ(100円)という、肉っぽい「赤もつ」の定番3品を注文する。

 右どなりで立ち飲んでいるのは、大常連のS藤さん。S藤さんは、ほぼ毎日のように、この店に立ち寄る。そしていつも黒ホッピーをソト1・ナカ4で飲んだあと、チューハイ(400円)をソト1・ナカ3で飲むんだって。

 つまり焼酎が全部で7杯だ。

 ほぼ毎晩この量を飲むわけだから、すごいことだよねえ!

 そんな話をしながら、私も3杯めとなるナカをもらう。

「タタキツクネ(150円)とハラミナンコツ(100円)をください」

 左どなりのおにいさんから注文が飛ぶ。

「タタキツクネとハラミナンコツは、ちょっとかぶる感じになりますがいいですか?」

 と店主。なるほどなあ。タタキツクネの中にも刻んだナンコツが入っているから、ハラミナンコツとかぶるのか。

「じゃ、ハラミナンコツとレンコン(150円)にしてください」

 レンコンも、実はツクネ系のメニュー。レンコンの穴にツクネを詰めこみ、レンコンの表面にもツクネを盛って焼きあげてくれるのだ。

 私はセロリ漬け(100円)を注文して、4杯めとなるナカをもらう。ちなみに焼酎の銘柄は、「宇ち多゛」や「味珍まいちん」と同じく宝焼酎である。

 いつもは最後にもう1本、シロを焼いてもらって〆るんだけど、今日は豚バラ味噌だれ(200円)で〆ることにした。

 豚バラ味噌だれは、秋元系のやきとん屋さんと同じように、液体状の味噌だれに浸けながら焼き上げる一品だ。

「味噌だれは、この『豚バラ味噌だれ』のためだけにあるんですか?」と聞いてみると、

「あとはPトロ(150円)も、この味噌だれを使いますね」とのこと。今度はPトロも食べてみよう。

 今夜もまたソト1・ナカ4で2時間半ほど立ち飲んで、キャッシュ・オン・デリバリー(品物と引き換え払い)での支払総額は2,200円なり。どうもごちそうさま。

Img_7029a Img_7003a Img_7004a
「すっぴん酒場」 / お通し(漬物)と黒ホッピー / れば

Img_7008a Img_7012a Img_7013a
しろ / ちれ / ナカ(2杯め)

Img_7015a Img_7016a Img_7017a
はつ、たん / ナカ(3杯め) / かしら

Img_7023a Img_7024a Img_7026a
セロリ漬け / ナカ(4杯め) / 豚バラ味噌だれ

店情報前回

《平成28(2016)年11月22日(火)の記録》

|

« 名物アサブロで水割り … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮) | トップページ | すきっ腹に鰻の串焼き … うなぎ「川勢(かわせい)」(荻窪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/64550570

この記事へのトラックバック一覧です: エネルギー源・活力源 … やきとん「すっぴん酒場」(野方):

» 焼き台は店主の領分?! … やきとん「すっぴん酒場」(野方) [居酒屋礼賛]
 「すっぴん酒場」の焼き台には、必ず店主・徳宿克治(とくしゅく・かつじ)さんが立つ。ママ(奥さま)は、飲みものや、焼きもの以外の料理を担当する。  店主がトイレに行ったりする数分間だけ、ママが焼き台の留守番をするのだが、基本的には見ているだけで、よほどのことがない限り串は触らない。  もつ焼き屋の焼き台というのは、それほど重要な場所なのである。  今日(2016年11月25日)、「すっぴん酒場」の... [続きを読む]

受信: 2016.11.30 22:00

« 名物アサブロで水割り … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮) | トップページ | すきっ腹に鰻の串焼き … うなぎ「川勢(かわせい)」(荻窪) »