« ムケッカ・バイアーナ … 「カフェ・ド・セントロ(CAFE do CENTRO)」(日比谷) | トップページ | 刺身(小)盛り合わせ … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »

ぎっしりピーマン肉詰 … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

ピーマン肉詰


 つくねは「すっぴん酒場」の名物の品。その種類が多いのも大きな特長だ。

 普通のつくね(100円)から始まって、おやじつくね(150円)、チーズつくね(150円)、たたきつくね(150円)、ねぎおやじ(150円)、れんこん(150円)、そしてピーマン肉詰(200円)。

 今日はピーマン肉詰をもらった。

 半分に切ったピーマンの中に、つくねをぎっしりとつめて、それを三つ、串に刺す。

 これを炭火でよ~く焼いたあと、最後にトプンとタレをつけて出してくれる。

 ボリュームたっぷりの一品なのだ。

 金曜日の仕事を終えて、「すっぴん酒場」に到着したのは午後7時半。

 「すっぴん酒場」の店内では、すでに常連さんたちが盛り上がっている。

 私もいつものように黒ホッピー(450円)と、れば(100円)、しろ(100円)、ちれ(100円)を注文し、お通しの大根とキュウリのお新香をつまみながら、焼きあがりを待つ。

 れば、しろ、ちれの3品は、完全に定着したなあ。まずこの3品を食べないと、私の「すっぴん酒場」が始まらない。

 そしてナカ(ホッピーのおかわり焼酎、250円)をもらって、ピーマン肉詰を注文したのだった。

 さらにナカをもらって、今度は、かしら(100円)とハラミナンコツ(100円)を注文。

 こう書くと、ものすごい勢いで飲んで食べてる感じがするけれど、この3杯めとなるナカをもらった時点で、すでに入店から1時間が経過している。

 ここのお客さんたちは、飲みながらよく話す。それぞれひとり客で入ってくるんだけど、夜な夜な同じメンバーが顔を合わせるので、ここで会話に花が咲くのだ。

 そしてその合い間、合い間に、おもむろにもつ焼きを注文して食べるのである。

 最後にもう1杯、ナカをもらって、これでソト1・ナカ4。いつもの量だ。

 ゆっくりと2時間ほどの立ち飲みタイム。キャッシュ・オン・デリバリーでの支払合計は、ちょうど2千円でした。

 どうもごちそうさま。

Img_7350a Img_7353a Img_7356a
黒ホッピーとお通し / れば / しろ

Img_7354a Img_7363a Img_7364a
ちれ / ナカとピーマン肉詰 / ハラミナンコツ、かしら

店情報前回

《平成28(2016)年12月9日(金)の記録》

|

« ムケッカ・バイアーナ … 「カフェ・ド・セントロ(CAFE do CENTRO)」(日比谷) | トップページ | 刺身(小)盛り合わせ … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/64612691

この記事へのトラックバック一覧です: ぎっしりピーマン肉詰 … やきとん「すっぴん酒場」(野方):

» 振る舞い酒をまず1杯 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) [居酒屋礼賛]
 2017年、初仕事のあと、野方の「すっぴん酒場」で、もつ焼きである。  元日に、「川名」、「ふみ屋」で、豚のもつ焼きを食べたあと、しばらく松山の実家に帰省していたので、もつ焼きをいただくのは5日ぶり。すっごく間があいたような気がするなあ。  いつものようにホッピー(黒のみ、セットで450円)を注文すると、今日はその前に、新年の振る舞い酒を1杯、出してくれた。今年もよろしくお願いします!  お通し... [続きを読む]

受信: 2017.01.09 21:32

« ムケッカ・バイアーナ … 「カフェ・ド・セントロ(CAFE do CENTRO)」(日比谷) | トップページ | 刺身(小)盛り合わせ … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »