« 鮟鱇鍋は白菜が決め手 … 「丸千葉(まるちば)」(南千住) | トップページ | 久しぶり平日に寄り道 … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) »

シロとレバの混ぜタレ … もつ焼「ミツワ」(立石)

シロとレバの混ぜタレ


 南千住から立石に移動して、今日の2軒めは、もつ焼き「ミツワ」。実に7年ぶりである。

 立石方面には行きたいお店がたくさんあるんだけれど、来たら絶対に「宇ち多゛」に立ち寄りたいので、「江戸っ子」や「ミツワ」といった、他のもつ焼き店に入る機会が減ってしまっているのでした。

 今日はハシゴ酒の2軒めなので、そもそも「宇ち多゛」に入ることはできないし、現在の時刻が午後7時20分ということもあって、「宇ち多゛」はすでに閉店間際の片づけモードである。

 その「宇ち多゛」の裏口の筋向いにある「ミツワ」はというと、外に行列こそないものの、店内は満席状態。

 店の表、ちょうど焼き台の前に作りつけられているカウンター席に、祝さん、熊ちゃん、かぶきさんと4人で、並んで座ると、足元に火鉢代わりの練炭コンロを置いてくれた。

 すぐに焼酎ハイボール(350円)をもらって乾杯である。下町の酎ハイは、『元祖の素』が入って、薄い黄褐色に色づいていることが多いのだが、ここの酎ハイは無色透明。氷入りのサワーグラスに注がれて、レモンスライスが半切れ浮かんでいる。

 つまみの1品めは刺身盛合わせ(550円)である。もつ焼き屋なのに魚の刺身があるのは、は、おまかせ三点盛り。今日のはタコ、カンパチ、マグロ。

 もつ焼は1串110円。基本的に2串1皿で220円。各種「ほぐし」は350円。

 もつ焼きは肝臓レバ心臓ハツ大腸シロ軟骨ナンコツ胃袋ガツタン頭赤身アカミ頭身アブラの8種類があって、2串1皿で220円。

 もつ焼き以外に、肉ダンゴ(1串150円)、ネギマ(1串150円)、うなぎ(1串430円)がある。うなぎ! 高くなったねえ。

 注文は常連の祝さんにおまかせすると、アカミ、タン、肉ダンゴを、それぞれ2本ずつ注文してくれた。

 もつ焼きには「ほぐし」(350円)という食べ方もあって、素焼きにしたもつ焼き2本を串からほぐして、塩コショウを振った皿に入れ、おろしニンニク、おろしショウガ、刻みネギをトッピングし、練りガラシを添えて出してくれる。

 串からほぐすから「ほぐし」なのだ。

 これをグリグリとかき混ぜていただくと、ピリッとスパイシーで辛みもあって、ビールやハイボールによく合うのである。

 祝さんによると、レバ、アカミ、ナンコツ、ハツあたりが「ほぐし」向けなんだそうな。

 それらの焼きものが届いたところで店内のテーブル席が空いて、そちらに移動。表のカウンター席には10分ぐらいしかいなかった。

 テーブル席に移ったところで、酎ハイもおかわりしながら、祝さんがもつ焼きの追加注文をする。

「シロとレバを混ぜタレで」

 先に書いたとおり、この店のもつ焼きは2串1皿なんだけど、実はこの2串というのは同じ種類である必要はない。好きなものを1串ずつ混ぜ合わせて2串1皿にしてもいいのだ。それが、ここ「ミツワ」の大きな特長なのだ。

 祝さんが注文した「シロとレバを混ぜタレで」というのは、「シロとレバを1本ずつ混ぜて、タレ焼きにしてください」ってこと。

 この注文の仕方ができることで、ひとりで来ても、いろんな種類のもつ焼きを食べることができるのでした。

 刺身と焼きもの以外にも、煮込み、煮込み豆腐、冷奴、冷トマト、お新香、お浸し、塩らっきょう、もやしナムル、ミミガー、大根煮といったつまみが選べる。値段はすべて320円だ。さっぱりとした、塩らっきょうをもらった。

 たっぷりと2時間半近く楽しんで、4人で飲みも飲んだり、酎ハイ13杯!

 まだ週の初めなのに大丈夫か!(笑)

 お勘定は4人で8千円弱。ひとり当たり2千円弱でした。どうもごちそさま。

Img_7602b Img_7588b Img_7587b
もつ焼「ミツワ」 / 飲物メニュー / 料理メニュー

Img_7585b Img_7590b Img_7593b
焼酎ハイボール / 刺身盛合わせ / アカミ(たれ)、タン(塩)

Img_7594b Img_7596b Img_7599b
肉ダンゴ / シロとレバを混ぜタレで / 塩らっきょう

店情報前回

《平成28(2016)年12月12日(月)の記録》

|

« 鮟鱇鍋は白菜が決め手 … 「丸千葉(まるちば)」(南千住) | トップページ | 久しぶり平日に寄り道 … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) »

コメント

1日お疲れ様でした。楽しい会でした。また来年早々にもやりたいものです。

投稿: かぶき | 2016.12.17 11:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/64635703

この記事へのトラックバック一覧です: シロとレバの混ぜタレ … もつ焼「ミツワ」(立石):

« 鮟鱇鍋は白菜が決め手 … 「丸千葉(まるちば)」(南千住) | トップページ | 久しぶり平日に寄り道 … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) »