« 麺を楽しむ、裏18番 … 「GOMA(ごま)」(沼袋) | トップページ | シロとレバの混ぜタレ … もつ焼「ミツワ」(立石) »

鮟鱇鍋は白菜が決め手 … 「丸千葉(まるちば)」(南千住)

あんこう鍋


 あんこう鍋が食べたくて、祝さんに予約してもらって、南千住の「丸千葉」にやってきた。

 今日のメンバーはjirocho親分、熊ちゃん、かぶきさん、祝さん、そして私の5人である。

 熊ちゃんは、かつてはここの大常連さんとして数年間通い詰めたそうだ。職場が変わって、なかなかここまで来ることができなくなり、今日は1年半ぶりぐらいの来店らしい。

 それでも熊ちゃんが店に入ってくると同時に、カウンター席の常連さんたちから、「あぁ、熊ちゃん、久しぶり。お元気そうで!」とどよめきの声があふれた。

 店を切り盛りしている、やっちゃんも、「なんだよ。5人の予約で誰が来るのかと思ったら、熊ちゃんだったのかよ!」と、とてもうれしそう。

 これが大衆酒場のいいところなんだなあ。

 しばらくぶりに出かけても、いつもと同じ人がいて、いつもと同じ酒肴がある。

「5人だから、あんこう鍋(1人前2,300円)は3人前ぐらいがいいですかねえ?」と聞く祝さんに、

「いや。2人前でいいんじゃないの。足りなかったら欲しい具材だけを後で足せばいいんだよ」と答えてくれるのは、やっちゃんである。

 やっちゃんは、いつも客の側に立って適切なアドバイスしてくれるので、安心して相談できるのだ。

 安くておいしい料理の数々もこの店のいいところなんだけれど、なんといっても第一は、やっちゃんの人柄の良さなんだな。それこそが「丸千葉」の一番の名物なのである。

 人気がありすぎて、いつも満席。なかなか入れないのが玉にキズなんだけど……。

 すぐにコンロの上に2人前のあんこう鍋が置かれ、着火。あとはできあがりを待つのみだ。

 今日は、各種選べる大びんビール(600円)から、サッポロラガーを選択して乾杯したあと、くじらさしみ(700円)、いわしさしみ(600円)、あげ玉入やっこ(300円)、牛もつにこみ(500円)、生ヤサイ(500円)、カキフライ(600円)、なす入マーボードーフ(700円)、ちくわいそべあげ(350円)などの料理を注文して、グイグイと飲み進める。

 メインはあんこう鍋と決めているから、その前に食べ過ぎにならないように、それぞれ1人前ずつもらって、少しずつ分けあっていただく。

 たくさんの料理を少量ずつ。このくらいが、ちょうどいいのだ。

 ひとしきりビールを飲んだところで、金宮焼酎をボトルでもらって、緑茶割りにする。

 実はこの緑茶割りが、かなり危険な飲みものなのだ。焼酎をかなり濃いめにしているのに、飲み口はほとんどお茶そのもの。お酒らしい感じが、まったくしない。

 それでいて、飲むほどに、その焼酎の量の分だけ確実に酔っ払っていくんだから恐ろしい。気がついたときには、すっかり『酔いたんぼ』になってしまうのである。

 「丸千葉」の料理にはハズレはないのだが、なかでも祝さんが毎回必ず注文するという、なす入マーボードーフと、あげ玉入やっこがいいですねえ。

 金宮のボトルが次々に空いていくのが恐ろしい。

 さあ。あんこう鍋もそろそろできあがってきた様子。小鉢に取り分けて、ハフハフといただく。

 プルルンと弾力感のあるゼラチン質がいいね。プルルンとした表面の食感の奥のほうに、もっちりとした食感が隠れているのがおもしろい。

 すっぽん鍋よりも、ねっとりとした感じがより強いなあ。

 それにしても、このツユがものすごくうまい。そしてそのツユをたっぷりと吸い込んだ白菜が、爆発的にうまいっ!

 この白菜だけで、焼酎の緑茶割りが進んで進んでしかたがない。

 あっという間に具材を完食し、「追加の具材は何にする?」。

「カキも食べたいなあ。カキはどう?」

「白菜も絶対に欲しいですよね」

 という話になって、カキを追加してもらうのと同時に、

「白菜の追加ってできるんですか?」と、やっちゃんに聞いてみる。

「いいですよ。ザク(追加野菜)の白菜って注文してもらえれば、白菜だけ追加できますよ。白菜から出るダシがうまいんだよね。白菜を入れないとこの味は出ない」

 なるほど。やっぱりそうなのか。白菜がポイントなんですね。

 まず追加の白菜を入れて、次にカキを投入する。そのカキがぷくんと膨らんできたらできあがりだ。

 ど~れどれ。

 …………。

 うっまぁぁ~~~ぁっ!

 さっきのカキフライも良かったけど、このカキはさらに素晴らしい。

 あんこうのダシが効いてるのか、白菜から出た、ほんわりと甘い(でもキャベツほど甘くない)ダシが効いてるのか。

 そして最後は雑炊で締める。

 ここの雑炊は、やっちゃんがつきっきりで仕上げてくれるのだ。

 ダシを足してアクを取り、投入したごはんがパラパラになるようにかき混ぜて、ツユがごはんに染みこむ具合を見ながら、ちょうどいい頃合いで火を止めて、溶き卵をサァ~ッと回し入れる。

 ッカァ~ッ。いろんな旨みが凝縮した雑炊もいいねえ。

 あんこう鍋(2,300円)のほかには、よせ鍋(2,800円)、かきなべ(1,700円)、とんなべ(1,600円)、とりなべ(1,600円)、たらちり(1,000円)、湯どうふ(800円)という鍋ものメニューがそろっている。

「『あんこう鍋』よりも高い『よせ鍋』が気になるよねえ」

 と話していたら、後ろのテーブルのお客さがそのよせ鍋を注文した。

 出てきたよせ鍋には、カニやエビを筆頭に、ものすごい種類の魚介類が盛りだくさん。まさに『宝石箱』状態である。これもすごいねえ。

 たっぷりと4時間にもおよぶ酒場浴。今日のお勘定は5人で18,450円のところ、サービスで18,000円(ひとり当たり3,600円)にしてくれました。

 どうもごちそうさま。長時間、ありがとうございました。

Img_7486a Img_7493a Img_7491a
くじらさしみ / いわしさしみ / あげ玉入やっこ

Img_7497a Img_7499a Img_7503a
牛もつにこみ / 生ヤサイ / カキフライ

Img_7504a Img_7506a Img_7517a
焼酎のお茶割り / なす入マーボードーフ / ちくわいそべあげ

Img_7511a Img_7516a Img_7532a
あんこう鍋 / 具が多すぎてフタが閉まらない / できあがり

Img_7540a Img_7545a Img_7547a
ザクの白菜を追加 / カキも / 鍋に投入

Img_7552a Img_7556a Img_7569a
カキがうまし! / 本日のメンバー / 最後は雑炊で締める

店情報前回

《平成28(2016)年12月12日(月)の記録》

|

« 麺を楽しむ、裏18番 … 「GOMA(ごま)」(沼袋) | トップページ | シロとレバの混ぜタレ … もつ焼「ミツワ」(立石) »

コメント

お久し振りです。
日本に戻られ、最近は三田でご勤務の様ですね。
私は相変わらず飲み歩きの日々です。

それにしても、Jirocho親分の御顔を拝見するのも久し振りです。懐かしいですね。

投稿: しんちゃん | 2016.12.16 08:58

すっかりご無沙汰いたしております。>しんちゃんさん

人形町「ナポリ」が閉店したあとは、どちらで飲んでますか?

ぜひまたご一緒させてください!(^^)

投稿: 浜田信郎 | 2017.01.15 18:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/64621815

この記事へのトラックバック一覧です: 鮟鱇鍋は白菜が決め手 … 「丸千葉(まるちば)」(南千住):

» 土日だけのハンバーグ … 「丸千葉(まるちば)」(南千住) [居酒屋礼賛]
 ハンバーグ(700円)は土日限定の人気メニュー。  ふっくらとできあがったハンバーグに、たっぷりのソースが実にうまい。  グイグイとお酒が進む一品だ。  土日しかないのは、それだけ手間ひまがかかるからなんだろうな。  今日は「丸千葉」常連のOさんが予約を取ってくれて、これまた常連のMさんに、酒朋・宇ち中さんと、4人での新年会である。  まずはサッポロ大生(750円)で乾杯し、つまみはMさんおすす... [続きを読む]

受信: 2017.01.17 21:32

« 麺を楽しむ、裏18番 … 「GOMA(ごま)」(沼袋) | トップページ | シロとレバの混ぜタレ … もつ焼「ミツワ」(立石) »