« 焼きパイナップル?! … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 鯛のかぶと煮で熱燗を … 安芸路「酔心(すいしん)」(新宿三丁目) »

トリッパのトマト煮込 … 欧風料理屋「ビストラ」(田町)

トリッパのトマト煮込


 職場の忘年会で、三田の欧風料理屋「ビストラ」にやってきた。

 店は間口が狭いビルの3階にあって、1・2階は居酒屋だ。この居酒屋のキャパシティが130人というんだから、間口だけ狭くて、奥行きは深いのかもね。

 で、その居酒屋のわきに、目立たぬ感じで「ビストラ」に続く入口階段がある。「ビストラ」を目指してやってきた人以外には、この入口はわからないかもなあ。ヘタをすると、「ビストラ」を目指してきた人にだってわからないかもしれない(苦笑)。

 そんな隠れ家風の店でもあるのだ。

 今宵の注文は、料理8品で3,500円のコースに、2時間飲み放題(1時間半でラストオーダー)1,500円をつけて、ひとり5千円のコースである。

 生ビールをもらって乾杯し、宴会をスタートさせると、すぐに出てきたのは野菜サラダ。コースの中に「鎌倉野菜のバーニャカウダ」というのが載っているんだけど、最後までそれが出されなかったところを見ると、この野菜サラダがバーニャカウダの代わりだったのかもしれない。

 「24ヶ月熟成パルマ産生ハム」。さっきのサラダもそうだったけど、料理は4人分ごとに一皿で出され、それをその周りの4人で分け合う仕組み。(4で割り切れない端数の人たちの分は、人数に合わせて量を調整して出してくれているようだ。)

 この熟成された生ハムが、『肉の塩辛』といった味わいで、思わず飲みものを赤ワインに切り換えた。予想どおり合うねえ!

 「鮮魚のカルパッチョ」は、丸皿の広めのフチの部分に盛られていて、見た目も美しい。これを真ん中のくぼみの中に入れられたドライトマトのペーストオイルをつけていただく。

 続いては「トリッパと4種豆のトマト煮込み」。コースの品書きを見たときから、もっとも楽しみしていた料理がこれだ。牛もつ(ハチノス)煮込みである。

 ックゥ~~ッ。

 洋風でも和風でも、やっぱりもつ煮込みはうまいのぉ!

 平日なのに、赤ワインがカッパカッパと進んで仕方がない。

 「海老とバジルのパートブリック包み」。パートブリックというのは、薄いクレープ状の皮のこと。元はチュニジア風春巻きに使われていたものらしい。

 エビの身は、このチュニジア風春巻きの皮に包んで揚げ、頭はそのままカリッカリに素揚げしてくれている。身のほうはもちろんだけど、頭もいいねえ。

 「イベリコ豚ロースのグリル」。改めてメニューを見るまで、牛肉かと思ってた。それくらい身の赤みが強いのだ。しかも、その肉の旨みが強い。これはいい肉だなあ。ワイン、ワイン。

 そしてとどめを刺すように出されたのが、「かぼちゃのラビオリ ゴルゴンゾーラのクリームソース」。出てきた瞬間に、トロリととろけたゴルゴンゾーラ(ブルーチーズの一種)の香りがすごいっ。

 この香りだけでワインの1杯や2杯は軽く飲めそうだ。

 この料理の主役は、ラビオリではなくて、圧倒的にゴルゴンゾーラ・ソースだね。ソースを残さず食べるためにパンが欲しいところだ。

 最初のうちこそ、赤ワインをおかわりすると、グラスについでくれていたが、我われがあまりに飲むもんだから、「勝手にやってください」と、赤ワインのマグナム(1.5リットル瓶)をドンと置いていってくれている。

 そのマグナムをどんどんおかわりしてるんだから、明日は二日酔い必至だ。

 最後の料理(8品め)となるデザートは「ビストラ風ティラミス」だ。

 ここで飲みものもラストオーダーとなる。

 女性陣がデザートに合わせてコーヒーなどを注文するなか、男性陣は最後までお酒を注文しまくってるのがすごいなあ。かく言う私も、〆にさっぱりとした白ワインを1杯いただきました。

 そんなわけで、料理もお酒も、たっぷりと堪能することができた宴会でした。どうもごちそうさま。

Img_7282a Img_7283a Img_7284a
野菜サラダ / 24ヶ月熟成パルマ産生ハム / 鮮魚のカルパッチョ

Img_7286a Img_7287a Img_7288a
トリッパと4種豆のトマト煮込み / 海老とバジルのパートブリック包み / イベリコ豚ロースのグリル

Img_7292a Img_7295a Img_7300a
かぼちゃのラビオリ ゴルゴンゾーラのクリームソース / 赤ワイン / ビストラ風ティラミス

店情報(ぐるなび)

《平成28(2016)年12月7日(水)の記録》

|

« 焼きパイナップル?! … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 鯛のかぶと煮で熱燗を … 安芸路「酔心(すいしん)」(新宿三丁目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/64600350

この記事へのトラックバック一覧です: トリッパのトマト煮込 … 欧風料理屋「ビストラ」(田町):

« 焼きパイナップル?! … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 鯛のかぶと煮で熱燗を … 安芸路「酔心(すいしん)」(新宿三丁目) »