« 刺身(小)盛り合わせ … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) | トップページ | 麺を楽しむ、裏18番 … 「GOMA(ごま)」(沼袋) »

やっぱり豚もつが好き … もつ焼「ホルモン」(沼袋)

ちれ、ひも、れば


 土曜日だけどちょっと用事があって、沼袋の「ホルモン」にやってくることができたのは午後8時前。

 店内は、特にカウンター席はゆるやかに満席に近い状態で、お客さんとお客さんのすき間に、かろうじて何席かの空席がある状態。そのひとつにすべり込ませてもらう。

 いつものように大瓶ビール(520円)をラガー(サッポロラガー)でもらって、つまみはお新香(120円)と、もつ焼き(各120円)は、レバ、ヒモ(シロ)、チレを1本ずつ、タレで焼いてもらう。

 昨日の「すっぴん酒場」(野方)でもレバ、シロ、チレだったけど、今日もやっぱりレバ、シロ、チレだ。

 この3品が、豚もつ中の豚もつ。これらが好きでしょうがないんだ。

 肉っぽい部位が好きな場合は、タン、ハツ、カシラの3点セットがおすすめだ。これならば、「レバやチレなどの内臓は苦手」という人でも食べることができる。

 続いては煮込み(350円)をもらって、焼酎(250円)の梅割りに進む。

 ここの煮込みは、豚もつ100%。刻みネギがトッピングされるものの、豚もつ以外の具材は入っていない。

 煮汁がまたうまい。焼酎との相性も抜群だ。

 やっこ(冷奴、270円)があったら、煮汁に絡めて食べようと思ってたんだけれど、今日は来るのが遅かったので、すでにやっこは売り切れていた。

 ここの豆腐は、すぐ近所にある明治30(1897)年創業の「尾張屋豆腐店」の手造り豆腐。これもうまいんだ。

 豆腐がないので、同じ「尾張屋豆腐店」で作られた生揚げを、はんぺん、うずらと一緒に注文する。(もつ焼きと同じく1本120円)

 タレ・塩が選べるうずらは、塩で注文。生揚げは刻みネギとおろし生姜をトッピングして、醤油をサッとかける。はんぺんにもサッと醤油。

 焼酎(250円)をおかわりして、アブラ、オッパイ、カシラを塩で焼いてもらって〆とした。

 午後10時の閉店前まで、2時間弱の酒場浴。今宵のお勘定は2,570円でした。どうもごちそうさま。

Img_7395a Img_7398a Img_7401a
お新香、大瓶ビール(サッポロラガー) / 煮込み / 焼酎(梅割り)

Img_7404a Img_7406a Img_7408a
生揚げ、はんぺん、うずら / たんもと、こぶくろ(卵付き) / あぶら、おっぱい、かしら

店情報前回

《平成28(2016)年12月10日(土)の記録》

|

« 刺身(小)盛り合わせ … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) | トップページ | 麺を楽しむ、裏18番 … 「GOMA(ごま)」(沼袋) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/64613170

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり豚もつが好き … もつ焼「ホルモン」(沼袋):

» 煮込みの汁で冷やっこ … もつ焼「ホルモン」(沼袋) [居酒屋礼賛]
 最近、もつ焼き店が増殖中の沼袋。  今日はその中の最古参、昭和39(1964)年創業の「ホルモン」にやってきた。  飲みものは焼酎(250円)をもらい、つまみにはお新香(120円)と煮込み(350円)を注文する。  なにしろ今日は寒かったからねえ。さっと出てきてあったかい煮込みは、とてもうれしいのだ。  ここの煮込みは豚もつ100%。豚もつじゃないのは、トッピングの刻みネギだけである。  その豚... [続きを読む]

受信: 2017.01.25 22:00

« 刺身(小)盛り合わせ … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) | トップページ | 麺を楽しむ、裏18番 … 「GOMA(ごま)」(沼袋) »