« 〔コラム〕2016年の横浜・横須賀酒場 | トップページ | 〔コラム〕2016年に掲載いただいたメディア »

〔コラム〕2016年の呉酒場

 今から33年前、新入社員として赴任した地が呉(広島県)でした。

 そして平成22(2010)年に、再び呉に単身赴任。新入社員時代と合わせて、7年半を呉で過ごしました。

 もともと私の生まれ故郷が、瀬戸内海を挟んで呉の対岸にある松山だし、カミサンが呉出身で、二人の子供たちも呉の病院で生まれたということもあって、私にとって呉は『第二の故郷』とも言える街。

 でも残念ながら今年は、1月、7月、9月の3回しか行くことができなかったなあ。


お帰りの言葉がうれし … ビヤハウス「オオムラ亜」(呉)

生ビール

 ここの生ビールは飲んだ瞬間にプッハーッ、「うまいっ!」なんて感じはないのだが、なんだかスルスル、スルスルと喉を通って、ふと気がつけば『グッと1杯! 思わず2杯!』となるのである。

西瓜のソルティドッグ … BAR「ANCHOR(アンカー)」(呉)

スイカのソルティドッグ

 季節のカクテルはスイカのソルティドッグ。目の前でウォッカをたっぷりと入れてくれるのを見ていたのに、「これって、本当にウォッカが入ってる?」と確かめたくなるほどスイカそのものなのだ。

中華そば+小イワシ煮 … 「森田食堂」(呉)

名物・中華そば+小イワシ煮付け

 昼食に選んだのは「森田食堂」の名物のひとつ、中華そば(400円)である。イリコ出汁をベースとした、旨みのある、黄金色に透きとおったスープで作られている。小イワシ煮付けも取ってきた。

はじめてのひとり石鍋 … 焼肉・なべ「ほらふき」(呉)

石鍋と焼酎水割り

 看板メニューの「ほらふき鍋」は、1人前で大人3人が満腹になるぐらいの量があるので、ひとりだと、とても食べ切れない。そこで考案されたのが、今回注文した石鍋(1人前800円)なである。

呉の夜は屋台で締める … 「富士さん」(呉)など

焼酎水割とおでん

 最後は屋台の「富士さん」で、中華そばを小盛り(450円)でもらって〆とする。呉の屋台には、ラーメンの小盛りがあるのが嬉しいところ。スープも具材も1人前で麺だけ半分にしてくれるのだ。

休日の朝はゆっくりと … 「くわだ食堂」(呉)

大衆食堂で朝飲み

 「くわだ食堂」は朝6時開店。呉駅横の「森田食堂」も朝8時開店と、呉の大衆食堂の朝は早いのだ。そして朝早い時間に入っても、ビールを飲んだり、酒を飲んだりしている客がいるのがすごいんだ。

もちもち揚出しトーフ … 「關白(かんぱく)」(呉)

揚出しトーフ

 「関白」のジンギスカン焼きや、鶏の唐揚げも美味しかったけど、揚げ出し豆腐が良かったなあ。その場で揚げて作ってくれるんだよ。呉研修を終えてブラジルに戻ってきたメンバーがそう教えてくれた。

10月末に女将が引退 … おでん「魚菜や」(呉)

牛スジとガンス

 「魚菜や」の女将の小栗さんが10月末をもって引退されるという。お店自体は、この店の常連さんでもある女性が、材料の仕入れ先なども含めて、すべて今の状態のまま引き継いでくれる予定とのこと。

四日酔いの朝は鯛煮付 … 食事処「寿」(呉)など

鯛煮付け

 冷蔵陳列ケースから大好物の鯛の煮付け(500円)を取ってくると、すぐに電子レンジで温め直してくれた。瀬戸内に来たら、やっぱり鯛だよね。しかも、カブト煮よりも身がとりやすいのがいい。

ポークチャップで燗酒 … 田舎洋食「いせ屋」(呉)

ポークチャップで燗酒

 ほとんどの客が注文する、この店の二大名物は「いせ屋特製カツ丼」と「カツカレー」だ。そんな二大名物を横目に見ながら、私は新入社員の昔から、なぜかポークチャップに走っているのである。


 呉関係で最近もっとも嬉しかったニュースが、ずっとお休みしていた屋台の「一二三(いちにっさん)」が10月に営業を再開したということ。

 おでん、豚足、中華そば。早く食べたいぞ!

|

« 〔コラム〕2016年の横浜・横須賀酒場 | トップページ | 〔コラム〕2016年に掲載いただいたメディア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/64694306

この記事へのトラックバック一覧です: 〔コラム〕2016年の呉酒場:

« 〔コラム〕2016年の横浜・横須賀酒場 | トップページ | 〔コラム〕2016年に掲載いただいたメディア »