« 店情報: 「ふみ屋(ふみや)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 振る舞い酒をまず1杯 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »

鰻串と豚串の2枚看板 … 「ふみ屋(ふみや)」(阿佐ヶ谷)

奥の座敷にて


 元日の2軒めは、「川名」と同じ通りを、阿佐ヶ谷駅に向かって進んだところにある、「ふみ屋」に初訪問。

 ここはちょうど私が帰国したころ(2015年12月)に開店した新しい店。創業1年を過ぎたばかりである。

 そしてこの店の大きな特徴は、うなぎ串焼きと、豚のもつ焼き(やきとん)の両方がメニューにそろっていること。さらにメニューには魚介類まで並んでる。

 いろんな居酒屋メニューの中に、うなぎの肝焼きがある店はこれまでにもあったけれど、うなぎ串焼きと、豚のもつ焼きが2枚看板というのは見たことがない。

 しかもこの店の店主は、うなぎ串焼きは荻窪「川勢」で、豚のもつ焼きは沼袋「たつや」で、それぞれ修業したあとに独立して、この店を開いたというから、2枚看板のどちらもが本格派だ。

 うなぎ串焼きは、クリカラ、キモ、エリ、ヒレなどが、それぞれ1本250円。短冊は300円。豚のもつ焼きは、それぞれ1本130円といったところ。

 もう何年も前のことだけれど、とある雑誌で串焼き特集をしたときに、そのジャンル分けについて、「もつ焼き、焼き鳥に加えて、うなぎ串焼きのジャンルも設けてはどうでしょう」という提案をしたことがあった。

「う~ん。うなぎ串焼きは、それほどメジャーじゃないから、それだけでジャンルを分けるのはむずかしいですねえ」

 というのが回答で、結局そのときは、うなぎ串焼きのジャンルは設けられなかった。

 当時は、新宿「カブト」、中野「川二郎」、荻窪「川勢」、自由が丘「ほさかや」、青物横丁「丸富」などをはじめとした、いわゆる老舗店しかなくて、『知る人ぞ知る』みたいな感じだったからなあ。

 しかし近年は、中野「味治」や、中井「くりから」なども新たに開店して、それぞれに人気を誇っている。今年3月には、東長崎に「くりから」の2号店、「今日が丑の日」もオープンするらしい。

 うなぎ串焼きは大好物なので、この状況はとてもうれしい。

 今度は、ひとりでじっくりと飲みに来てみたいお店です。どうもごちそうさま。

Img_7963b Img_7964b Img_7965b
お正月限定メニュー / 飲み物メニュー / 冬季限定メニュー

Img_7966b Img_7967b Img_7970b
鰻の骨せんべい(400円) / クリカラ(1本250円) / おしんこ(350円)

Img_7974b Img_7976b Img_7977b
味噌漬け(1本350円) / キモ(1本250円) / ホッピーセット(400円)

Img_7979b Img_7980b Img_7982b
カシラ(1本130円) / シロ(1本130円) / アブラ(1本130円)

店情報

《平成29(2017)年1月1日(日)の記録》

|

« 店情報: 「ふみ屋(ふみや)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 振る舞い酒をまず1杯 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/64737482

この記事へのトラックバック一覧です: 鰻串と豚串の2枚看板 … 「ふみ屋(ふみや)」(阿佐ヶ谷):

« 店情報: 「ふみ屋(ふみや)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 振る舞い酒をまず1杯 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »