« 鰻串と豚串の2枚看板 … 「ふみ屋(ふみや)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 熱々ベーコンチーズ串 … やきとん「第三秋元屋(だいさんあきもとや)」(野方) »

振る舞い酒をまず1杯 … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

沢の鶴 角樽


 2017年、初仕事のあと、野方の「すっぴん酒場」で、もつ焼きである。

 元日に、「川名」「ふみ屋」で、豚のもつ焼きを食べたあと、しばらく松山の実家に帰省していたので、もつ焼きをいただくのは5日ぶり。すっごく間があいたような気がするなあ。

 いつものようにホッピー(黒のみ、セットで450円)を注文すると、今日はその前に、新年の振る舞い酒を1杯、出してくれた。今年もよろしくお願いします!

 お通し(100円)のポテトサラダに続き、焼きものは今年もレバ、チレ、シロ(各100円)から。この店に来て、この3本は絶対に外せません。

 ここのもつ焼きは、秋元系に比べると、かなり「よく焼き」になっているのが大きな特徴。

 どちらもそれぞれに違う方向の美味しさが楽しめるので、ぜひ両方のタイプを味わってみてほしいと思います。

 ナカ(ホッピーの焼酎おかわり、250円)をもらって、タン、ハツ、カシラ(各100円)を追加注文。さっきのレバ、チレ、シロがめっぽう内臓系だったのに対して、タン、ハツ、カシラは肉系。

 もつ焼きは1本ずつが少量なので、この店のように1本ずつ注文することができる店であれば、ひとりで来てもいろんな種類を楽しむことができるのがいいのだ。

 この店の定休日は、毎月店内の壁に張り出されるのだが、基本的には毎月、第1日曜日と最終日曜日以外の日曜日が定休日だ。例外は月曜が祝日の場合。このときは日曜が営業日で、祝日の月曜日が休みになるようだ。

 1月でいうと、1~4日の正月休みに加えて、9日(月祝)、15日(日)、22日(日)の3回が定休日。

 正式発表はまだだけど、2月の定休日は12日(日)、19日(日)の2回。3月の定休日は12日(日)、20日(月祝)の2回になるんだろうと思ってる。

 3杯めとなるナカをもらって、もつ焼きはハツミミとハラミナンコツ(各100円)である。

 ハツミミというのは、ハツのフチのほうの部分。ネギやピーマンを間に挟んで焼き上げてくれる。ハラミナンコツは、その名のとおりハラミとナンコツなんだけど、中間に軟骨入りのツクネも挟まれているのがおもしろい。

 カウンターの背後に、袋菓子(各100円?)がずらりとぶら下がっていて、好きなものを取って食べることができる。ただし、「お菓子もらったよ」と自己申告することを忘れずに!

 カウンターの端っこのほうには、缶詰(各200円?)も何種類か置かれていて、それも注文可能です。

 いよいよラスト、4杯めとなるナカをもらって、焼きものはツクネとコブクロ(各100円)。

 あとアブラニンニク(100円)を食べると、この店の100円串が全品制覇できるところだったのですが、今日はすでにアブラニンニクが売り切れ。残念でした。

 その代わりに、最後は厚揚げ(200円)で締めくくって、2時間20分ほどの立ち飲みタイム。

 キャッシュ・オン・デリバリーでの支払総額は2,500円でした。どうもごちそうさま。

Img_8047a Img_8050a Img_8051a
「すっぴん酒場」 / 黒ホッピー / お通しのポテトサラダ

Img_8053a Img_8054a Img_8055a
れば / ちれ / 1月のお休み(このほか1~4日が正月休み)

Img_8056a Img_8061a Img_8063a
しろ / たん、はつ / かしら

Img_8064a Img_8066a Img_8067a
はつみみ / 袋菓子 / ハラミナンコツ

Img_8070a Img_8071a Img_8073a
つくね / こぶくろ / あつあげ

店情報前回

《平成29(2017)年1月6日(金)の記録》

|

« 鰻串と豚串の2枚看板 … 「ふみ屋(ふみや)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 熱々ベーコンチーズ串 … やきとん「第三秋元屋(だいさんあきもとや)」(野方) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/64742161

この記事へのトラックバック一覧です: 振る舞い酒をまず1杯 … やきとん「すっぴん酒場」(野方):

» 今夜の〆はガラスープ … やきとん「すっぴん酒場」(野方) [居酒屋礼賛]
 仕事関係の飲み会を終えて、「すっぴん酒場」に到着したのは午後10時。  ある程度飲んだあとではあるが、この店に来たら、この店の流れがある。いつものように黒ホッピー(450円)をもらって、レバ、シロ、チレ(各100円)を注文するところから始まる。  そして今日もカウンター席には、いつもの常連さんたちがいる。  2015年末にブラジルから帰ってきて以来、ここ「すっぴん酒場」に来ることが多い。  前に... [続きを読む]

受信: 2017.01.16 21:51

« 鰻串と豚串の2枚看板 … 「ふみ屋(ふみや)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 熱々ベーコンチーズ串 … やきとん「第三秋元屋(だいさんあきもとや)」(野方) »