« 煮込みの汁で冷やっこ … もつ焼「ホルモン」(沼袋) | トップページ | 懐かしのピッカーニャ … 「カフェ・ド・セントロ(CAFE do CENTRO)」(日比谷) »

酒好きよりも酒場好き … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

みんなで盛り上がる


 ほとんどのサラリーマンがそうであるように、私もお酒を飲むときは職場の近くか、自宅の近くで飲むことが多い。

 仕事の仲間たちと行くときは、圧倒的に職場の近くが、自分ひとりのときは自宅の近くが多いのである。

 あらためて仕事帰りのサラリーマンを観察してみると、本当の酒好きは、ひとりでも職場の近くで飲んでることが多いようだ。

 仕事を終えて、家まで帰りつくのが待てないぐらい、お酒を欲してるんだろうな。

 このタイプの人たちは、酒場に行きたいわけではなくて、とにかくお酒がほしい。

 だからコンビニでお酒を買って、そこに設置されてるテーブルで飲んだり、駅の売店で缶ビールやカップ酒を買って、立ったままキューッとやったりしている。

 しかもみんな、飲むのが早い。カップ酒なんか一気に飲みきってしまう。

 「お酒を味わう」のではなくて、「アルコールの補給」って感じ。

 こういう様子を見ていると、自分はやっぱり「好き」というよりは「酒場好き」なんだろうなあと再認識する。

 そして今日も、自宅近くの野方のがた駅で途中下車して、「すっぴん酒場」へと向かうのであった。

 店に着いたのは午後7時過ぎ。

 今日も店内では、Sさんをはじめ、多くの常連さんたちが立ち飲んでいる。みんな、ほぼ毎日のように、この店にやってきてるんだそうな。

 私もいつものようにホッピー(黒のみ、450円)と、レバ、シロ、チレ(各100円)を注文し、お通し(100円)のお新香をつまみながら焼き上がりを待つ。

 そしてみんなでワイワイと盛り上がる。

 特段の話題があるわけではない。カウンターを囲んでの、男たちの(女もいるが)井戸端会議である。

 お酒を飲んで、みんなで大笑いすることで、気分がパァーッと高揚するんだなあ。

 このことが「酒好き」よりも「酒場好き」になった理由のひとつなんだと思う。

 ナカ(ホッピーの焼酎おかわり、250円)をもらって、煮込み(400円)を注文する。

 ほとんどの店は、煮込みは店内の大なべに、煮込み続けている状態でスタンバイされていて、注文するとすぐにそれを小鉢についでくれる。だからとっても出るのが早くて、1品めのつまみとしてちょうどいい。

 ところが、ここ「すっぴん酒場」の煮込みはそうではない。

 ある程度まで煮込んだものを、容器に入れて冷蔵保存していて、注文を受けてから、そこからひとり分を小鍋に取り、豆腐を追加して、あらためて煮込んでいく。

 グツグツ、グツグツとしばらく煮込んでから、小鉢によそい、刻みネギをトッピングしたらできあがり。

 うまいんだなあ、これが。

 ほとんどのもつ焼き店で、煮込みは年中いつでも食べられるが、暑さの夏よりは、やっぱり寒さの冬のほうが美味しく感じるよね。

 ゆっくりと2時間ほどの立ち飲みタイム。ホッピーがソト1・ナカ4での支払い総額は、ちょうど2,000円でした。どうもごちそうさま。

Img_8354a Img_8355a Img_8357a
「すっぴん酒場」 / お通し(お新香)と黒ホッピー / れば

Img_8359a Img_8362a Img_8366a
ちれ / しろ / 煮込み

店情報前回

《平成29(2017)年1月18日(水)の記録》

|

« 煮込みの汁で冷やっこ … もつ焼「ホルモン」(沼袋) | トップページ | 懐かしのピッカーニャ … 「カフェ・ド・セントロ(CAFE do CENTRO)」(日比谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/64813568

この記事へのトラックバック一覧です: 酒好きよりも酒場好き … やきとん「すっぴん酒場」(野方):

» 閉店時刻までの1時間 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) [居酒屋礼賛]
 仕事関係の飲み会を終えて、西武新宿線・野方駅に着いたのは午後11時ちょっと前。 『よしっ。「すっぴん酒場」の閉店時刻まで、まだ1時間ほどある。降りよう!』  自宅最寄り駅は、数駅先だが、ここで途中下車した。  野方駅南口の階段を降りて、そのまま直進気味に交番と薬局の間の路地(ときわ通り)に入る。少し先、左手にある「きさぶろうのやきとり」や「第三秋元屋」の前を通過し、突き当たり(左手前角がダイニン... [続きを読む]

受信: 2017.01.28 22:00

« 煮込みの汁で冷やっこ … もつ焼「ホルモン」(沼袋) | トップページ | 懐かしのピッカーニャ … 「カフェ・ド・セントロ(CAFE do CENTRO)」(日比谷) »