« 今夜の〆はガラスープ … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 軽~くひとりゼロ次会 … 立ち飲み「いこい本店」(赤羽) »

土日だけのハンバーグ … 「丸千葉(まるちば)」(南千住)

土日だけのハンバーグ


 ハンバーグ(700円)は土日限定の人気メニュー。

 ふっくらとできあがったハンバーグに、たっぷりのソースが実にうまい。

 グイグイとお酒が進む一品だ。

 土日しかないのは、それだけ手間ひまがかかるからなんだろうな。

 今日は「丸千葉」常連のOさんが予約を取ってくれて、これまた常連のMさんに、酒朋・宇ち中さんと、4人での新年会である。

 まずはサッポロ大生(750円)で乾杯し、つまみはMさんおすすのエビフライ(3本750円)やイカフライ(600円)、ポテト・マカロニサラダ(450円)、そしてハンバーグ(700円)をもらってスタートだ。

 漫画家のMさんは、千住大橋にお住まい。ここまでトコトコと歩いてこれる距離なんだそうだ。

 「丸千葉」から南千住駅までと同じぐらいの距離を、南千住駅からさらに北上するともう隅田川。その隅田川の向こうが千住大橋だから、距離でいうと2キロ弱。ゆっくりと歩いても30分ぐらいだろうか。

 続いて、Oさんおすすめの、しめさば(600円)や、あぶりとろ(500円)をもらって、飲みものを焼酎のお茶割りに切り替える。

 ちなみに単品で焼酎のお茶割りというメニューはないんだけれど、キンミヤ焼酎をボトル(2,100円)でもらって、その割りものとしてお茶をもらうと、焼酎のお茶割りを作ることができるのである。

あんこう鍋


 そしていよいよ冬場の名物、あんこう鍋(1人前2,300円)を注文する。

 接客担当のやっちゃんに、「何人前がいい?」と相談すると、「2人前でいいんじゃないの。足りなかったら、あとで具材を追加すればいいよ」とのことで、2人前をもらった。

 目の前で、クツクツ、クツクツと煮えていくのが楽しみなんだなあ。

 さあできあがった。前回記事にも書いたけど、あんこうはもちろん、そのダシがよくしみこんだ白菜が爆発的にうまいんだ。

 けっきょく今日は、追加の具材はいらなかった。やっちゃんのアドバイスは実に適切である。

 鍋の最後は雑炊にしてもらって〆。

 ゆ~っくりと3時間ほど楽しんで、今日のお勘定は4人で16,350円(ひとり当たり4,100円弱)だった。どうもごちそうさま。

Img_8114a Img_8118a Img_8119a
「丸千葉」 / 生ビールで乾杯 / ポテト・マカロニサラダ

Img_8121a Img_8122a Img_8129a
イカフライ / エビフライ / レッドアイを作るOさん

Img_8124a Img_8126a Img_8131a
しめさば / あぶりとろ / 焼酎お茶割り

Img_8135a Img_8137a Img_8152a
あんこう鍋 / ツユがしみた白菜も旨い / 最後は雑炊で〆

店情報前回

《平成29(2017)年1月7日(土)の記録》

|

« 今夜の〆はガラスープ … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 軽~くひとりゼロ次会 … 立ち飲み「いこい本店」(赤羽) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/64766879

この記事へのトラックバック一覧です: 土日だけのハンバーグ … 「丸千葉(まるちば)」(南千住):

» 白子追加で鱈の親子鍋 … 「丸千葉(まるちば)」(南千住) [居酒屋礼賛]
 冬場に「丸千葉」に来ると、必ず鍋ものを食べる。  それがこの店の常連・Oさん(女性)の定番なんだそうな。  今日は「たらちり」(1,000円)をもらって、ひとしきり食べたあと、さらに白子を追加して、とろりととろける熱々の白子を堪能した。  これはまさに「鱈(たら)の親子鍋」と言ってもいい一品。  鍋ものに、いろんな具材を追加することができるのも、「丸千葉」のいいところなのだ。  今夜はOさん、宇... [続きを読む]

受信: 2017.02.12 22:00

« 今夜の〆はガラスープ … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 軽~くひとりゼロ次会 … 立ち飲み「いこい本店」(赤羽) »