« 初めて並ばずに入れた … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(京成立石) | トップページ | やっぱりカキのおでん … おでん「丸忠(まるちゅう)」(京成立石) »

店情報: おでん「丸忠(まるちゅう)」(京成立石)

    丸忠
  • 店名: おでん丸忠
  • 電話: 03-3696-6788
  • 住所: 124-0012 東京都葛飾区立石1-19-2
  • 営業: 14:00-22:00(日祝は13:00-21:00)、木と第3水休
  • 場所: 京成立石駅の改札を出て右側階段を降りる。降りたら右にUターンして次の角を左折して仲見世商店街に入る。すぐ右手にもつ焼きの「宇ち多゛」があり、そのすぐ先の左手。
  • メモ: 平成19(2007)年、仲見世商店街の「丸忠蒲鉾店」の店先で創業した「二毛作」が、平成27(2015)年3月に京成線の線路沿いに移転して、リニューアルオープンしたのに伴って、旧「二毛作」は、そのままの形態で「丸忠蒲鉾店」直営の「おでん丸忠」として営業することとなった。店長の西村浩志さんは、旧「二毛作」時代にも、「二毛作」店主の日高寿博さんと二人三脚で店を切り盛りされてきた。だから今でも「二毛作」時代と変わらぬ味と雰囲気が楽しめる。
    〔Beer〕アサヒスーパードライ(缶)400、生・プレミアム熟撰600、生・琥珀の時間とき600、Guiness 550。
    〔Le Vin Nature (自然派ワイン)〕MASIERI イタリア・ヴェネト州、LE CANON Rose Primeur、LE CANON Rouge グラス750~・ボトル4,500~。
    〔Whisky〕イチローズモルト1,000~、マッカラン12年600、ラフロイグ10年600、ボウモア12年700。
    〔Rhum〕リヴィエールデュマ700。
    〔日本酒〕神亀 真穂人まほと(埼玉)、小笹屋 竹鶴 大和雄町(広島)、生もとのどぶ(奈良) ぜひお燗でどうぞ!正一合750~。本日の冷酒850。
    〔サワー〕ウーロンハイ、トマトハイ、酎ハイ、レモンハイ、スダチハイ、グレープフルーツハイ etc. ALL400
    〔カクテル〕ジントニック、ジンバック、カシスソーダ、DITAグレープF、テコニック、ソルクバーノ etc. 650~。蔵王スター(山形)かち割ワイン(赤・白)450。
    〔おでん〕大根、じゃがいも、玉子、がんも、厚揚、こんにゃく、白滝、焼竹輪、はんぺん、もちきん、ちくわぶ、スジ、ウィンナー巻、ギョーザ巻、シューマイ巻、下足巻、ゴボー巻、うずら巻、チーズ巻、つみれ、中華揚、五目揚、生姜天、ゴボー天、イカ天、アサリ天、ボール、カレーボール、タコ、つぶ貝、豆腐、大粒しいたけ、のり、コンブ。カキのおでん500、おでんのトマト400、牛スジ煮込み400、おじん(おでん+おじや)500、うでん(おでん+うどん)700。
    〔本日のおすすめ〕北海道うに刺950、刺し盛り1人前600、イワシ刺・なめろう500、ツブ貝刺(ウニ正油添)950、〆サバ刺600、地だこの桜煮800、ブリ刺500、シャコ刺500、うの花(コンビーフ入り)400、トリ貝刺500、青柳刺500、ホタテ刺500、ホタテの酒盗焼き600。
    カリーライス500、ひげパンマンの天然酵母のパン500・ハーフ300、牛たたき600、しいたけガーリックバター600、白子ポン酢600、鴨のロース煮750、豚バラ生姜焼き(自家製ダレ)600、塩煎り銀杏400、焼きホッキ貝600、発酵ソーセージ400。
    〔定番のつまみ〕エイヒレ400、イカの塩辛400、しらすおろし300、極上明太子400、ふる漬け300、自家製さつま揚げ400、ミックスナッツ200、ビーフジャーキーナチュラルチーズ盛り合せ1,000。(2017年2月調べ)

|

« 初めて並ばずに入れた … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(京成立石) | トップページ | やっぱりカキのおでん … おでん「丸忠(まるちゅう)」(京成立石) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/64919334

この記事へのトラックバック一覧です: 店情報: おでん「丸忠(まるちゅう)」(京成立石):

» やっぱりカキのおでん … おでん「丸忠(まるちゅう)」(京成立石) [居酒屋礼賛]
 この季節、「丸忠」に来たら、やっぱり「カキのおでん」(500円)だね。  注文を受けてから、おでんのツユに生の牡蠣(かき)を投入し、絶妙な加減に仕上げてくれる。  牡蠣にはツユの旨みが加わって、ツユには牡蠣の風味が溶け出して。牡蠣もツユも、その両方がいいつまみになるんだなあ。  月曜日の今日は、宇ち中さんと「宇ち多゛」で飲んだあと、ここ「丸忠」にやってきた。  というか、「宇ち多゛」を出たあとは... [続きを読む]

受信: 2017.02.21 21:45

« 初めて並ばずに入れた … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(京成立石) | トップページ | やっぱりカキのおでん … おでん「丸忠(まるちゅう)」(京成立石) »