« 店情報: おでん「丸忠(まるちゅう)」(京成立石) | トップページ | 生野菜シングル+ガツ … やきとり「鳥勝(とりかつ)」(立会川) »

やっぱりカキのおでん … おでん「丸忠(まるちゅう)」(京成立石)

カキのおでん


 この季節、「丸忠」に来たら、やっぱり「カキのおでん」(500円)だね。

 注文を受けてから、おでんのツユに生の牡蠣かきを投入し、絶妙な加減に仕上げてくれる。

 牡蠣にはツユの旨みが加わって、ツユには牡蠣の風味が溶け出して。牡蠣もツユも、その両方がいいつまみになるんだなあ。

 月曜日の今日は、宇ち中さんと「宇ち多゛」で飲んだあと、ここ「丸忠」にやってきた。

 というか、「宇ち多゛」を出たあとは、必ず目の前にある「丸忠」をのぞいてみるようにしているんだけれど、いつも満席で入ることができない。とにかく大人気店なのだ。

 ここ「丸忠」は、もともと「二毛作」だった店である。その「二毛作」が、平成27(2015)年3月に、京成線の線路沿いの今の場所に移転して、新店舗としてリニューアルオープンしたのに伴って、旧店舗のほうも閉めることなく、引き続き「おでん丸忠」として再スタートをきったのである。

 しかも「丸忠」の切り盛りを任されているのは、旧「二毛作」時代にも、「二毛作」店主・日高寿博さんと、ずっと二人三脚で店を切り盛りされてきた西村浩志さんだ。

 現在の「二毛作」は日高さんを中心として新しいスタッフが、「丸忠」は西村さんを中心として新しいスタッフが、それぞれの店を手伝っているのである。

 ま、ざっくりと言えば、1軒だった「二毛作」が、「二毛作」と「丸忠」の2軒に増えたような感じかな。

 でも「二毛作」と「丸忠」では、実はおでんのネタや味付けも変えているそうなので、ぜひ両店のおでんをじっくりと味わってみてください。

 さて、そんなわけでとっても久しぶりの「丸忠」。どれくらい久しぶりかというと、前に来たのは、ブラジルに単身赴任していた頃。一昨年の10月に一時帰国したときだったので、1年4ヶ月ぶり。日本に帰国してからは、立石に来るといつも満席で、一度も入ることができなかったのだ。

 だから、「丸忠」が「居酒屋礼賛」ブログに登場するのも、これが初めてだ。

 それに引きかえ、「丸忠」にも、「二毛作」にも、何度も何度も来たことがある宇ち中さんは、席に座るなり「熟撰ください」と流れるように注文。「じゃ、私も熟撰で」と追いかけた。

 ここの生ビールは「プレミアム熟撰」(600円)と「琥珀の時間とき」(600円)の2銘柄が選べる。生ビールを「うすはり」のグラスで出してくれるのがいいよね。

 すぐに出されたお通し(200円?)はシャコ。内部にたっぷりと卵が詰まっている。

 そして冒頭でご紹介した「カキのおでん」だ。

 牡蠣で生ビールをいただいたあとは、「発酵ソーセージ」(400円)をもらって、飲みものは「蔵王スター(山形)かち割りワイン」(450円)の赤に切り換えた。

 ゆっくりと2時間ほどの酒場浴。今夜のお勘定は二人で3,600円(ひとり当たり1,800円)でした。どうもごちそうさま。

 西村さんと、「丸忠蒲鉾店」の女将さん(日高さんのお母様)に見送られながら店をあとにした。

Img_9081b Img_9042b Img_9080b
おでん「丸忠」 / おでん鍋 / となりが「丸忠蒲鉾店」

Img_9044b Img_9048b Img_9052b
お通しとプレミアム熟撰 / シャコには卵が! / カキのおでん

Img_9061b Img_9066b Img_9067b
発酵ソーセージ / 蔵王スター(山形)かち割ワイン(赤) / 厚揚

Img_9072b Img_9082b Img_9088b
大根の浅漬け / 赤ワイン / ごちそうさまでした!

店情報前回

《平成29(2017)年2月6日(月)の記録》

|

« 店情報: おでん「丸忠(まるちゅう)」(京成立石) | トップページ | 生野菜シングル+ガツ … やきとり「鳥勝(とりかつ)」(立会川) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/64919386

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりカキのおでん … おでん「丸忠(まるちゅう)」(京成立石):

« 店情報: おでん「丸忠(まるちゅう)」(京成立石) | トップページ | 生野菜シングル+ガツ … やきとり「鳥勝(とりかつ)」(立会川) »