« 生野菜シングル+ガツ … やきとり「鳥勝(とりかつ)」(立会川) | トップページ | 黒い宝石、見つけたり … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »

マグロ中落ちもいいね … 「鹿島屋(かしまや)」(三田)

マグロ中落ち


 マグロ中落ち(たぶん1人前が600円で、上の写真は2人前)がすばらしい!

 「旨み」がものすごく強くて、口の中いっぱいに濃厚な味わいが広がっていく。

 ここは昭和6(1931)年創業の「鹿島屋」。現在は創業店主のお子さん姉妹が、二代目として切り盛りされている。

 実はこの姉妹の間にひとり、男の兄弟がいて、彼が築地でマグロの仲卸をやっていたことから、こんなにも質のいいマグロを、安価に提供できるようになったんだそうな。

 今日は職場が近い宇ち中さんと一緒に、ここ「鹿島屋」にやってきた。

 宇ち中さんの職場と、私の職場は、田町駅を挟んで線路の向こう側と、こっち側。ただし、「鹿島屋」が駅から少し離れた場所にあるので、どちらの会社からも歩いて15分ぐらいはかかってしまうのだ。

 店内はカウンター8席と、その後ろに4人掛けのテーブルがひとつ。さらにその奥の小上がりに6人用の座卓があるが、そこはあまり使われないようだ。小上がりのふちのところが、店主姉妹が腰かけて休憩する場所になっている。

 毎日のようにやってくる常連さんも多いようで、店内はいつもそこそこにぎわっている。

 我われはカウンター席の最深部に陣取って、まずは大瓶ビール(キリンラガー、たぶん600円)をもらって乾杯し、つまみにはマグロ中落ちと、名物の煮込み(たぶん1串100円)を注文した。

 ちなみに店内にメニューはない。マグロと煮込み、もつ焼きは、つとに知られている。

 すぐに出されたのが、大きめの小鉢(というか小さめの丼)にたっぷりと盛られたマグロの中落ち。おそらくこれで2人前なんだろう。量もすごいね。

 そして煮込み。ここの煮込みは串打ちの「牛もつ煮込み」だ。シロ(腸)とフワ(肺)が2本ずつ。もつが大きい!

 味付けは仙台味噌。黒々と、そしてこってりと煮込まれているのが大きな特徴だ。

 シロは、そのしっかりとした弾力感と、たっぷりと付いた脂の旨みがいい。

 フワはクニュクニュとした食感で、それ自体にはほとんど味はないのだが、煮汁の味がしっかりとしみ込んで、煮汁と同じ味わいになる。つまり、フワと食べると、その店の煮汁の味がよくわかるのだ。

 大瓶ビールを2本いただいて、煮込みは完食。

 「マグロ中落ちには、やっぱり燗酒だよね」

 ということで燗酒(大徳利、たぶん600円)も1本いただいた。

 さっくりと1時間半ほど楽しんで、今夜のお勘定は二人で3,400円(ひとり当たり1,700円)なり。どうもごちそうさま。

 急きょお付き合いいただき、ありがとうございました。>宇ち中さん

Img_9118b Img_9120b Img_9123b
「鹿島屋」 / 大瓶ビール / 牛もつ煮込み(シロとフワ)

店情報前回

《平成29(2017)年2月7日(火)の記録》

|

« 生野菜シングル+ガツ … やきとり「鳥勝(とりかつ)」(立会川) | トップページ | 黒い宝石、見つけたり … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/64915342

この記事へのトラックバック一覧です: マグロ中落ちもいいね … 「鹿島屋(かしまや)」(三田):

« 生野菜シングル+ガツ … やきとり「鳥勝(とりかつ)」(立会川) | トップページ | 黒い宝石、見つけたり … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »