« まぐろ刺身で燗酒二合… 「山田屋(やまだや)」(王子) | トップページ | ここはまさにケ中のケ … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮) »

おでん以外もおすすめ … おでん「平澤かまぼこ(ひらさわかまぼこ)」(王子)

おでん以外もおすすめ


 JR王子駅北口を西側に出ると、すぐ右側。森下通り商店会の入口近くにあるのが、立ち飲みのおでん屋、「平澤かまぼこ」だ。

 平日の午後1時過ぎにもかかわらず、すでに何人ものお客さんたちが店内で立ち飲んでいる。

 「奥へどうぞ」という、店のおにいさん(パティさん)の声に従って、カウンター中央部の、ちょうどひとり分だけ空いているすき間にすべりこむ。

 すると、ちょうど目の前に大女将・平澤京子(ひらさわ・きょうこ)さんが座ってた。今は午前中から、午後の比較的早い時間帯にだけ、お店に出ているそうだ。

 その代わりに、メーンとなって店を切り盛りしているのが、さっきのパティさんだ。

 パティさんはネパールの出身。4年前にアルバイト店員として、この店を手伝うようになり、その後、ここの正社員として採用された。日本語も達者である。

 そんなパティさんに、地元・北区の「丸眞正宗」の燗酒を徳利(600円)でもらい、つまみには「にこごり」(350円)と「鳥煮込み」(大山地鶏の鳥皮、300円)を注文する。

 すぐに出される燗酒とつまみ。お通し(サービス)の大根の漬物も出してくれた。

 お勘定は品物と引き換えにその場で支払う仕組み。キャッシュ・オン・デリバリーだ。

 「丸眞正宗」は、生酒(300ml瓶、750円)、徳利(2合、600円)、コップ酒(1合、350円)という3タイプから選べる。

 この店の母体は、昭和37(1962)年創業の老舗「平澤蒲鉾店」(北区神谷2-28-15)。築地から仕入れた新鮮な魚で作る練りものが自慢のお店である。

 その平澤蒲鉾店のおでん種で作ったおでんを、お酒とともに提供できるようにと、平成11(1999)年にオープンしたのが、ここ王子駅前の「平澤かまぼこ」なのだ。

 平澤蒲鉾店は今年で創業55年となるが、「平澤かまぼこ」だって、今年で創業18年。王子を代表する酒場の1軒として、広く知られる存在になっている。

 そんな経緯なので、看板メニューはもちろん「おでん」。30種類以上の品を、50円(1種)、100円(9種)、150円(12種)、200円(8種)、250円(2種)という、5つの価格で提供してくれる。全体として安い。

 が、しかし!

 ここの常連さんたちは、おでんよりも、むしろそれ以外の一品料理を注文することも多いのだ。

 私が注文した「にこごり」と「鳥煮込み」もそう。他にも「国産牛の牛すじ」(300円)や「じっくり煮込んだ焼豚」(300円)などが人気が高い。

「うちはおでん屋なんで、煮るのはプロですから」

 何年か前に、牛すじの取材をさせていただいたときに、社長の平澤慶彦(ひらさわ・よしひこ)さんが、そう話してくれたことを思い出す。

 そこへ、女性のひとり客が入ってきて、私と、左どなりの男性との間の、小さなすき間にすっぽりと収まった。

 大女将さんと話しているのを聞くと、どうやら左どなりの男性の奥さまらしい。

「今朝、退院したばかりなのに、家に帰ってこないで、先にここに来ちゃうんだから! もう!」

 と言いながら、ご主人の背中をペチンとぶつ。でも、そんなに怒っているわけではなくて、退院したことがとてもうれしそう。

「いやあ、入院中は酒もたばこもダメだったから、出所(なのか?!)したら真っ先にここに来たかったんだよ」

 ご主人もうれしそうである。しかし、退院されていきなりの立ち飲みはすごいなあ。

 燗酒(2合、600円)をおかわりした頃合いで、大女将がみんなに玉子焼きをサービスしてくれた。

 そして大女将は午後2時半ごろに店を後にされ、パティさんひとりでの切り盛りとなった。夕方の忙しい時間帯になると、また別の人が加わるらしい。

 最後にもう1杯、今度は梅サワー(300円)をもらって、たっぷりと2時間半ちょっとの立ち飲みタイム。その場払いでの支払い総額は2,150円でした。

 どうもごちそうさま! って、今日はおでんをひとつも食べなかったなあ……。

Img_8778c Img_8767c Img_8768c
「平澤かまぼこ」 / 玉子焼き / 梅サワー

店情報前回

《平成29(2017)年1月30日(月)の記録》

|

« まぐろ刺身で燗酒二合… 「山田屋(やまだや)」(王子) | トップページ | ここはまさにケ中のケ … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/64868932

この記事へのトラックバック一覧です: おでん以外もおすすめ … おでん「平澤かまぼこ(ひらさわかまぼこ)」(王子):

» おでん2品で燗酒1杯 … おでん「平澤かまぼこ(ひらさわかまぼこ)」(王子) [居酒屋礼賛]
 「集っこ」を出て、JR王子駅へと向かっているうちに、前回、「平澤かまぼこ」でおでんを1品も食べなかったことを思い出した。  平日はなるべくハシゴ酒をせず、1軒でさっくりと終わるように心掛けてるんだけれど、せっかくここまで来ているので、軽く「平澤かまぼこ」のおでんもいただいて帰りましょうね。  「集っこ」と「平澤かまぼこ」は、王子駅中央口から見ると、ちょうど点対称の位置にある。中央口から少し北上し... [続きを読む]

受信: 2017.02.16 22:00

« まぐろ刺身で燗酒二合… 「山田屋(やまだや)」(王子) | トップページ | ここはまさにケ中のケ … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮) »