« 煮込豆腐だけで超満腹 … やきとり「鳥勝(とりかつ)」(立会川) | トップページ | 京急もつ煮ライン (1/3) … やきとり「鳥勝(とりかつ)」(立会川) »

放課後の部活のような … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

じゃがー


 このところ、少なくとも週に1回は「すっぴん酒場」にやってきている。

 ……なんてことを自慢げに書いたら、毎日のようにやってくる常連さんたちに大笑いされそうだ。

 この店の常連さんたちは、本当に毎日のようにやってくる。

 いつ来ても、何曜日に来ても、必ず同じ面々がそろっているんだから、すごいよね。

 毎日でも立ち寄れる行きつけの大衆酒場は、「放課後の部活」のようなもんだろうと私は思っている。

 学年が違ったり、同学年でもクラスが違ったりする仲間たちが、放課後になると集まってきて、帰宅までの少しの時間、共通の趣味に没頭する。

 この時間を過ごさないと、1日が終わった感じがしない。完全にルーチン化してしまうのである。

 私のように、週に1回ぐらいしか通わなくても、そこそこルーチン化してくる。

 たとえば注文のパターンがある程度、決まってくる。

「ホッピー(黒のみ、450円)と、レバ、チレ、シロ(各100円)をお願いします」

 私の場合は、ほぼこれだ。

「バーレー、レーチー、ローシー、ってたのまなきゃ(笑)」

 すかさず、常連のS藤さんからのツッコミが入る。

 そのS藤さんは、黒ホッピーをソト1・ナカ3で飲み終えて、4杯めとなる酎ハイ(400円)を注文したところだ。この酎ハイも、このあと2杯ぐらいナカをもらって、全体では6杯ぐらい飲んで帰るのが、S藤さんの日常なのだ。強者つわものである。

「横田ね!」

 奥の常連さんから注文が飛ぶ。

「じゃ、私も横田。あとナカ(2杯め、250円)もお願いします」

 と便乗注文する。『横田』というのは、「じゃがー」(たぶん200円)というメニュー名の、ジャガイモの串焼きのこと。女子プロレスラーの『ジャガー横田』から、常連さんたちが『横田』と呼ぶようになったもののようだ。

 表面にこんがりと焦げ目がついて、なかが熱々でホクホクなのが人気なのだ。

 常連さんたちが、「表面に辛子をぬって食べるとおいしいよ」と教えてくれた。

 さらにナカ(3杯め)をもらって、ハツ、ガツ、ツクネ、コブクロ(各100円)を追加注文したものの、残念ながらコブクロは売り切れ。かわりにカシラ(100円)を焼いてもらう。

 このあたりで、毎日やってくる4人の常連さんたちが、「ごちそうさま。お先にぃ~っ」と言いながら連れ立って店を出ていく。

 ママさんによると、ここでひとしきり飲んでから、4人で一緒に二次会に行くのが、このところの流れになっているんだそうな。

 なるほどなあ。「放課後の部活」をこよなく愛するベテラン同好者たちが、「さらにディープな部活」へと出かけていくわけですね。

 私も4杯めとなるナカをもらって、ハラミナンコツ(100円)と、本日2本めとなるシロ(100円)で締めくくる。

 たっぷりと2時間半の立ち飲み酒場浴。今夜の総支払額は2,400円でした。どうもごちそうさま。

 電車の中で立つのは10分ほどでもしんどいけれど、立ち飲みだと2時間でも3時間でも大丈夫なんだなあ。「立ってる」ということすら、すっかり忘れてしまってる感じ。これは気持ちだけの問題なんだろうか……。

Img_8684a Img_8662a Img_8664a
「すっぴん酒場」 / お通しと黒ホッピー / れば

Img_8665a Img_8668a Img_8669a
ちれ / しろ / じゃがー

Img_8673a Img_8674a Img_8676a
はつ / がつ / つくね

Img_8678a Img_8681a Img_8682a
かしら / しろ / ハラミナンコツ

店情報前回

《平成29(2017)年1月27日(金)の記録》

|

« 煮込豆腐だけで超満腹 … やきとり「鳥勝(とりかつ)」(立会川) | トップページ | 京急もつ煮ライン (1/3) … やきとり「鳥勝(とりかつ)」(立会川) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/64848838

この記事へのトラックバック一覧です: 放課後の部活のような … やきとん「すっぴん酒場」(野方):

» 黒い宝石、見つけたり … やきとん「すっぴん酒場」(野方) [居酒屋礼賛]
 大人気の「ピータンピーマン」(200円)は、この店のオリジナル料理。  ピーマンの中にチーズと、刻んだピータンを詰め込んで、全体を豚バラ肉で巻いて焼きあげる。  熱々チーズの濃厚なコクと、鼻の奥からふわりと漂うピータンの香り。  でも今までピータンの姿は見たことがなかった。  ところが今日は、二つに切り分けたその断面のところに、ちょうどピータンがあった。  まるで黒い宝石のように、黒く透き通る輝... [続きを読む]

受信: 2017.02.24 22:00

« 煮込豆腐だけで超満腹 … やきとり「鳥勝(とりかつ)」(立会川) | トップページ | 京急もつ煮ライン (1/3) … やきとり「鳥勝(とりかつ)」(立会川) »