« 残ったスープもいい肴 … 博多ラーメン「ばりこて」(都立家政) | トップページ | たっぷりと4時間ほど … 「豚の味珍(まいちん)」(横浜) »

ずっしりとバラねぎ塩 … やきとん「たつや」(沼袋)

バラねぎ塩


 呉出身のカミサンと、映画「この世界の片隅に」を見にいった帰り道、夕食も兼ねて「たつや」に立ち寄った。

 お酒が飲めないカミサンは、初めての「たつや」である。

 ウーロン茶(250円)とホッピー(400円)をもらって乾杯し、1巡めのつまみとして、「冷製の盛り合わせ」(500円)、「もつカレー」(パン付き、400円)、「おかわりパン」(100円)、そして「自家製ぬか漬け」(200円)を注文した。

 冷製の盛り合わせは、いわゆる「豚もつの刺身」であるが、生ではなくて、内部までしっかりとゆでて冷ました豚もつをスライスしたもの。今日はコブクロ、タン、レバの3点盛りだ。

 これをニンニク、ショウガ、刻みネギなどと一緒に、醤油につけて、刺身のようにいただく。

 レバはカウンター上に置かれているゴマ油と食塩でいただくのもいい。

 2015年6月に、豚もつの生食が禁止されたとき、「これでもう(牛も豚も)レバ刺しは食べることができないのか」と、単身赴任先のブラジルで悲しんだものだった。

 しかし! それに代わるものとして登場した、ゆで冷ましてスライスしたレバが、生レバとも、焼いたレバとも違う、ゆで冷ましならではの、いい味わいを提供してくれた。

 「宇ち多゛」で、『ボイル』と呼ばれているレバも、やはりゆで冷ました豚レバである。

 もつ焼きの名店のみなさんは、転んでも(転ばされても?)ただでは起きませんねえ!

 そして、たつや名物もつカレー。スプーンと、炭火でトーストしたバゲットが2枚添えられるので、バゲットの上にカレーを盛っていただくのがいい。

 パン2枚では足りない人のために、おかわりパンも用意されている。2人以上で来た場合は、おかわりパンは必須だと思う。

 ピリッと辛みのあるカレーと、たっぷりと入った豚もつの濃厚なコク。クセになる逸品なのだ。

 焼きものは、かしら(110円)、はらみ(110円)、あみはつ(130円)、たんもと(150円)、エリンギ巻き(150円)を1本ずつ、味はおまかせで注文する。

 タン、ハツ、カシラ、ハラミは、もつの中でも、精肉に近い品々。もつが苦手な人でも、たいてい大丈夫だ。

 「この人は、もつが食べられるかどうか、わかんないな」という人と一緒に行く場合は、この4品あたりから入るのがおすすめです。

 「あみはつ」というのは、ハツ(心臓)を、網脂あみあぶらという、内臓のまわりについている網状の脂肪で包んで焼いたもの。ハツそのものは脂肪分は少ないが、網脂で包むことで、脂の甘みとコクが加わるのである。

 タンも、ここ「たつや」には、たん(110円)、たんした(110円)、たんもと(150円)という、同じタンの中でも部位が異なる3種がそろっている。

 3杯めとなるナカ(おかわり焼酎、250円)をもらい、金柑串(200円)、玉ねぎ(140円)、バラねぎ塩(180円)を追加注文。

 前にも書いたとおり、もつ焼き屋の炭火で焼いてもらう玉ねぎがうまいんだ。ずっしりと重い、バラねぎ塩もいいね!

 2時間弱の酒場浴。今夜のお勘定は二人で3,970円なり。どうもごちそうさま。

Img_9275a Img_9273a Img_9242a
やきとん「たつや」 / 本日のもつやすめ / ホッピーセット

Img_9243a Img_9246a Img_9249a
冷製の盛り合わせ / 自家製ぬか漬け / もつカレー

Img_9248a Img_9254a Img_9255a
おかわりパン(左上部) / かしら、はらみ / あみはつ

Img_9259a Img_9266a Img_9268a
たんもと、エリンギ巻き / 金柑串 / 玉ねぎ

店情報前回

《平成29(2017)年2月11日(土)の記録》

|

« 残ったスープもいい肴 … 博多ラーメン「ばりこて」(都立家政) | トップページ | たっぷりと4時間ほど … 「豚の味珍(まいちん)」(横浜) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/64940574

この記事へのトラックバック一覧です: ずっしりとバラねぎ塩 … やきとん「たつや」(沼袋):

« 残ったスープもいい肴 … 博多ラーメン「ばりこて」(都立家政) | トップページ | たっぷりと4時間ほど … 「豚の味珍(まいちん)」(横浜) »