« 放課後の部活のような … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 京急もつ煮ライン (2/3) … 「豚の味珍(ぶたのまいちん)」(横浜) »

京急もつ煮ライン (1/3) … やきとり「鳥勝(とりかつ)」(立会川)

煮込み


 2月3日(金)の深夜、24:20~24:50に放送されたTV番組、「有吉ジャポン」の、「京急もつ煮ライン」というVTRに出演させていただきました。

 京急電鉄は電気鉄道としては日本で3番目、関東では最初という、明治32(1899)年の開通。

 沿線が京浜工業地帯で、多くの労働者が京急を利用することと、東京食肉市場(品川)と横浜食肉市場(鶴見)があることから、美味しいモツ煮込みが食べられるお店も多い。

 今回は、沿線でオススメの3軒を、JJモデルの滝沢カレンさんと一緒に収録。

 滝沢さんは各店の煮込みの印象や味わいをレポートする役目、私は『もつマニア』という立場で、滝沢さんに各店の煮込みの特徴や楽しみ方を指南する役目です。

 1軒目の「鳥勝」(立会川)に到着したのは、土曜日の夕方5時過ぎ。普段ならぜったに入れない時間帯だけれど、そこはロケだから大丈夫。カウンター席のいちばん奥側に、われわれ二人用の席が確保されていた。

 ロケ隊は午後4時前に到着し、開店前の行列の様子などを撮影したそうだ。

 ちなみに場面と場面との間に、箸で持ちあげたモツのアップが写ったりする、「インサート」と呼ばれる動画は、この前の週に、すでに撮影が終わっている。

 番組スタッフのみなさんは、事前確認等のために、店で煮込みを注文して、インサート動画を撮影するとともに、味も確認したり、店の人たちに話を聞いたりしながら、ロケ用の台本を作ってくれているのだ。

(後日、改めてお店にうかがったところ、この収録のあとにもまた何人かのスタッフの方がいらっしゃって、追加の撮影などをされたとのこと。「全部で5回ぐらい来られたんじゃないかしら」と、おかみさん。TV番組のVTRって、そんなにも時間をかけて、手間をかけて作られているんですねえ!)

 「基本的な流れは台本に書いてありますが、それはそれとして、ご自分の言葉で熱く語っていただいてかまいませんからね」というディレクターさんの言葉に従って、まずはホッピー(360円)をもらって滝沢さんと乾杯すると、すぐに出されるのは「鳥勝」自慢の煮込み(490円)である。

 もつ焼き・もつ煮込みが中心の店で、お通しが出されることはほとんどない。注文するとパッと出てくる煮込みは、お通し代わりの1品としてちょうどいいのだ。

 その煮込みをひと口食べた滝沢さん。「おいしい~っ!」と目が輝いた。

 ここの煮込みは牛シロのみ。これを朝からコトコトと煮込んで、みそで味付けする。

 牛シロにたっぷりと付いたあぶらの旨みと甘みが濃厚なんだけど、しつこくなく、ホッピーとの相性も抜群。

 滝沢さんは、あっという間に煮込みを完食である。

 いやあ、そんなに喜んでもらえると、こっちもすごくうれしいですねえ。

 カウンター席とテーブル席、合わせて31席の店内を切り盛りしているのは田中勝さんご夫婦。

 勝さんは30歳で脱サラし、昭和57(1982)年にこの店を開いた。

 なるべく安く商品を提供するために、アルバイトは雇わず、ずっとお二人でやってきている。

 番組の中でもご紹介したとおり、お二人の1日は長い。朝の5時には店に来て、毎日、品川の東京食肉市場から買いつける「もつ」を洗って、下ゆでする。もつ焼き用の肉も切り分けて、串に刺して準備する。

 夕方の4時半(土曜日は4時ごろ)に開店時刻を迎え、それから夜9時までが営業時間。

 店を閉めたら後片づけをして、2階の自宅でひと眠りしたら、もう翌朝の5時がやってくる。「超」が付くほどの長時間労働なのである。

 ご夫婦の、このご努力があるから、私たちはこんなにも安くて美味しい「もつ料理」をいただくことができるんですね。本当にありがとうございます。

 そして追加注文したのは、もうひとつの名物料理・煮込豆腐(980円)だ。

 一人用の土鍋の底に豆腐を置いて、その上に先ほどの煮込みを、おたまで2~3杯、すくい入れる。それに白菜も追加してコンロで煮込み、春菊を入れて仕上げる。

「この値段で、2~3杯分の煮込みが入ってるし、豆腐や白菜も加わるしで、本当にお得な一品なんですよ」

 となりに座っている常連さんたちも、そんな話を聞かせてくれた。

 唯一の欠点は、ボリュームがありすぎて、ひとりだとこの一品だけでほぼ満腹になってしまうこと。まさに「うれしい悲鳴」という状態になるのである。

 このときの「有吉ジャポン」は、民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」で見ることができます。→ 『有吉ジャポン #174 2月3日(金)放送分』(2017年2月10日(金) 24:19 配信終了)

torikatsu01 Torikatsu02 torikatsu03
やきとり「鳥勝」 / ホッピー / 煮込豆腐

店情報前回

《平成29(2017)年1月21日(土)の記録》

|

« 放課後の部活のような … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 京急もつ煮ライン (2/3) … 「豚の味珍(ぶたのまいちん)」(横浜) »

コメント

 拝見しました、面白い番組でした。
 お相手が違っていれば、もっと面白かったのにと残念です。

投稿: 60代のヒロシです | 2017.02.06 14:51

ありがとうございます。
滝沢カレンさんも、たくさんのすばらしいコメントをされてたのですが、面白いコメントのところしか使われないんですねえ(^^;;

投稿: 浜田信郎 | 2017.02.09 21:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/64854715

この記事へのトラックバック一覧です: 京急もつ煮ライン (1/3) … やきとり「鳥勝(とりかつ)」(立会川):

» 生野菜シングル+ガツ … やきとり「鳥勝(とりかつ)」(立会川) [居酒屋礼賛]
 2週間ぶりの「鳥勝」である。  実は先週もやってきたんだけれど、「誠に申し訳ありませんが風邪の為、2月4日(土)まで臨時休業させていただきます」という張り紙が出ていたのだった。  で、昨日が1週間ぶりの営業再開で、今日が再開2日め。  予想どおり、1週間のお預けをくらった「鳥勝」ファンで、店内はほぼ満席ながら、かろうじてカウンターに1席分だけ空きがあり、待たずに入ることができた。  まずはホッピ... [続きを読む]

受信: 2017.02.22 22:00

« 放課後の部活のような … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 京急もつ煮ライン (2/3) … 「豚の味珍(ぶたのまいちん)」(横浜) »