« ガンダーラ岩塩のピザ … 大衆酒蔵「酔の助(よのすけ)」(神保町) | トップページ | 店情報: おでん「丸忠(まるちゅう)」(京成立石) »

初めて並ばずに入れた … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(京成立石)

レバたれ


 仕事を終えて、京成立石駅に到着したのは午後6時半。

 大急ぎで「宇ち多゛」の入口(=裏口)に向かうと、なんと行列は大常連のIさんひとりだけ。ひとりじゃ行列とは言わないか……。

 そのIさんの後ろに並ぼうとしたとたんに、二人そろって店内へと入ることができた。

 「宇ち多゛」に通うこと16年。並ばずにスパッと店内に入れたのは、今回が初めてだ!

 でも残念ながら、我われが店内へと入った瞬間に、「煮込みこれで終わり」という声が飛んだ。今日は煮込みを食べようと思ってたのになあ……。

 気を取り直して、まずは小瓶のビール(キリンラガー、400円)をもらい、もつ焼き(2本200円)は「レバたれ」を注文する。

 ブラジルへの単身赴任から帰国してから、「よく焼き」のもつ焼きも好みになった。しっかりと火が通ったレバもおいしいね。レバのひと切れがずっしりと大きいのもいい。

 このところ、来るたびにレバが売り切れていることが多かったので、「宇ち多゛」のレバをいただくのも、本当に久しぶりだ。その点でも、うれしいなあ。

 続いては「ガツなまお酢」をもらって、飲みものも焼酎の梅割り(200円)へと進む。

 「生」といっても、本当の「生」ではない。

 「宇ち多゛」のもつ焼き(レバ以外)は、下ゆでした豚もつを串に刺してスタンバイしている。これを、注文を受けて焼き上げてくれる。

 つまり焼く前から、もつの内部にまで火が通っている状態なのだ。

 だから焼きあがるのが早いし、生焼けなんてこともない。

 で、さっきの「生」という注文は、『焼く前の、下ゆでしてスタンバイされている串をそのまま出してちょうだい』ということなのだ。

 「生」には醤油をさっとかけてくれる。「ガツ生」と注文すると、この状態。これにさらにお酢もかけてもらって、酢醤油の味にするのが「ガツ生お酢」なのでした。

 酢醤油によって豚もつのコクが緩和され、さっぱりといただくことができる。

 そこへ、これまた大常連の宇ち中さんもやってきた。

 宇ち中さんも最初は小瓶のビールからスタートして、つまみは「シロみそ」である。

 「シロみそ」というのは、素焼きしたシロを、煮込みの汁にどっぷりと浸けて出してくれるもの。煮込みが味噌あじだから、「みそ」っていうんだろうな。

 今日のように煮込みが売り切れているときには、煮込みの代わりになる一品でもある。

 「お新香」(200円)を注文しようとしたら、すでにキュウリがなくなってるとのことだったので、「大根、ショウガのっけて」(200円)に切り換える。

 「お新香」はキュウリと大根のぬか漬けの盛り合わせ。「大根」は、キュウリがなくなるかわりに、大根の量が増えるのだ。

 「お新香」や「大根」には、最初から「紅ショウガ」がちょっとトッピングされている。この「紅ショウガ」の量を増やしてもらうのが、「ショウガのっけて」というオプションなのだ。

 宇ち中さんも焼酎の梅割りに移行し、「アブラ素焼き」を追加した。素焼きで注文すると、焼き上がりに、サッと醤油をかけて出してくれる。

 閉店まで、1時間ちょっとの酒場浴。今宵のお勘定は1,400円(宇ち中さんは1,200円)でした。どうもごちそうさま。

Img_9023a Img_9026a Img_9031a
まずは小瓶のビール / ガツ生お酢 / 焼酎梅割り

Img_9032a Img_9037a Img_9040a
大根ショウガのっけて(右端はガツ生) / 宇ち中さんのアブラ素焼き / 梅割り2杯め

店情報前回

《平成29(2017)年2月6日(月)の記録》

|

« ガンダーラ岩塩のピザ … 大衆酒蔵「酔の助(よのすけ)」(神保町) | トップページ | 店情報: おでん「丸忠(まるちゅう)」(京成立石) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/64915041

この記事へのトラックバック一覧です: 初めて並ばずに入れた … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(京成立石):

» さらに食いだめは続く … もつ焼「宇ち多゛(うちだ)」(京成立石) [居酒屋礼賛]
 帰省の前の、もつ焼きの食いだめ。昨日の「ホルモン」に続いて、今日は東京を代表するもつ焼きの名店、葛飾区立石の「宇ち多゛」にやってきた。  店に着いたのは午後6時半の少し前。裏の入り口に着く直前に、並んでいた数人が店内へと入り、珍しくも行列がなくなり、すぐに「二の字」の一番奥の席に入れてもらうことができた。  となりは宇ち中さん、さらにそのとなりはコンタルコスさんという大常連陣。なんとも豪華な顔ぶ... [続きを読む]

受信: 2017.08.19 09:09

« ガンダーラ岩塩のピザ … 大衆酒蔵「酔の助(よのすけ)」(神保町) | トップページ | 店情報: おでん「丸忠(まるちゅう)」(京成立石) »