« まぐろ料理サービス中 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) | トップページ | 豚タンとその仲間たち … やきとん「たつや」(沼袋) »

牛ランプをステーキで … 「カフェ・ド・セントロ(CAFE do CENTRO)」(日比谷)

牛ランプステーキ


 ドカンと1枚、600グラムの牛ランプステーキである。

 ランプというのは、牛の腰からお尻にかけての、大きな赤身肉。脂分が少なくて、やわらかくて、旨みもあるというクセのなさがブラジルでも大人気。

 ポルトガル語ではアウカトラ(Alcatra)と呼ばれる部位ですね。

 写真を見ていただいてわかるとおり、長さ方向にも、幅方向にも、ほぼ同じ長さ。30センチ×30センチぐらいの正方形に近い形で、ジュージューと湯気を上げながらやってきた。

 本当は15センチ×30センチぐらいで、もっと厚みがあった肉を、水平に切って開いて焼いてくれたもののようだ。

 熱々のうちに切り分けて、ファロッファ(キャッサバ芋の粉)とヴィナグレッチ(細かく刻んだ野菜のマリネ)をからめながらいただく。

 う~ん。これはまた、カイピリーニャが進むねえ!

 今日は5家族10人で、「カフェ・ド・セントロ」の横長テーブルを囲んでのディナーである。

 横長テーブルと言っても、4人がけのテーブルをくっつけて10人で座れるようにしてくれているもの。

 この店には、ひとり4,000円からの、2時間飲み放題付きのコースも用意されているのだが、今日はあまりお酒が飲めない女性も半分ぐらいいること、いろんなブラジル料理をあれこれと食べたいこと、そしてなによりも2時間の枠にしばられることなく、存分に楽しみたいこと、といった観点から、席だけの予約にさせてもらった。

 まずは「生ビール」(540円)や「マンゴージュース」(519円)をもらって乾杯し、料理はいつもの「干し鱈のコロッケ」(540円)、「タピオカ芋のカリカリフライ」(627円)、「ブラジルMIXサラダ」(735円)、「ミナスチーズ」(540円)を、それぞれ2つずつもらってスタートする。

 飲むメンバーは、生ビールを2杯ぐらい飲んだところで、キープしているカシャーサのボトルに、カットライム(378円)をもらって、砂糖なしのカイピリーニャを作る。

 肉は冒頭でご紹介した「牛ランプステーキ600g」(2,354円)と、牛イチボ肉を焼いた「ピッカーニャグリル500g」(3,456円)をもらう。牛ランプが赤身なのに対して、ピッカーニャは脂も多い。マグロでいえば赤身とトロの関係に近い。

 カシャーサのニューボトル(3,024円)も入れて、ブラジル風の肉・もつ煮込み「フェイジョアーダ(大)」(1,814円)と、ブラジル風魚介鍋の「ムケッカ(大)」(2,687円)、さらには牛テールの柔らか煮「ハバーダ」(1,706円)ももらう。

 女性陣のご希望にこたえて、「カルネセッカ(干し肉)とクリームチーズのピザ」(842円)や「ミナスチーズとフレッシュバジルのマルゲリータ」(756円)、さらに各種のパステウ(ブラジル風揚げ餃子、1個324円)、「もっちもちチーズパン(ポン・ジ・ケージョ)」(1個97円)などももらう。

 私以外の9人は、シュラスコ以外のブラジル料理は食べたことがないらしいので、とにかく少量ずつでもいろんなものを食べてもらおうと、あれこれと注文した。

 私自身の今日の収穫(始めていただいて美味しかったもの)は、冒頭でご紹介したアウカトラ(牛ランプ肉)と、「揚げタコのさっぱりビネガーソース(ポウボ・フリット・アオ・ヴィナグレッチ)」(627円)だったなあ。

 ブラジルでもタコはよく食べるんです。

 でも、日本で食べるような少量では出してくれないので、ひとりで食べにいったときは量の多さに困ったものだった。(→そのときのブラジルブログの記事

 3時間ほど楽しんで、今日のお勘定は10人で45,564円なり。どうもごちそうさま。

Img_9939a Img_9933a Img_9936a
「カフェ・ド・セントロ」 / 干し鱈のコロッケ / ミナスチーズのマルゲリータ

Img_9937a Img_9938a Img_9943a
揚げタコ / ポン・ジ・ケージョ / 今日のメンバー

店情報前回

《平成29(2017)年3月11日(土)の記録》

|

« まぐろ料理サービス中 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) | トップページ | 豚タンとその仲間たち … やきとん「たつや」(沼袋) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/65035276

この記事へのトラックバック一覧です: 牛ランプをステーキで … 「カフェ・ド・セントロ(CAFE do CENTRO)」(日比谷):

» 塩漬け牛肉のパステウ … ブラジル料理「カフェ・ド・セントロ」(日比谷) [居酒屋礼賛]
 「パステウ(Pastel)」は、ブラジルを代表する庶民的ファストフード。  小麦粉を練って薄く延ばした皮に、いろんな具材をつめて揚げたもので、屋台やスーパーの一角など、いろんなところで売られている。  朝食として、甘~いカフェオレなんかと一緒にパステウを食べてる人も良く見かけたものだ。  日本では「ブラジル風揚げ餃子」と紹介されていることも多いんだけれど、見た目も食感も、揚げ餃子とはちょっと違う... [続きを読む]

受信: 2017.04.02 15:35

« まぐろ料理サービス中 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) | トップページ | 豚タンとその仲間たち … やきとん「たつや」(沼袋) »