« 店情報: クラフトビアバー「アイブリュー・ワイアード(IBREW WIRED)」(銀座一丁目) | トップページ | 春は櫻正宗、秋なら菊 … 「鍵屋(かぎや)」(鶯谷) »

トリッパをカツレツで … クラフトビアバー「アイブリュー・ワイアード(IBREW WIRED)」(銀座一丁目)

トリッパのカツレツ


 トリッパというのは、牛の第2胃袋、通称・ハチノスのことである。

 私のこれまでの経験では、煮込んでいただくというのが最も多くて、その次が炒めもの。というか、この2タイプ以外は、これまでに食べたことがない。

 ところが、今日初めてやって来たクラフトビアバー「アイブリュー・ワイアード」のおすすめメニューには、「トリッパのカツレツ」(980円、以下すべて税抜表記)というのがある。

 これは食べなきゃ!

 出てきたトリッパのカツレツは、まるでトンカツといった厚みと大きさ。

 粒マスタードと、中濃ソース、そして岩塩が添えられているのだが、その岩塩だけで十分に美味しいというか、岩塩でいただくのが、トリッパの味わいが最もよくわかる感じがした。

 これはいいねえ。

 さっき、倉嶋さん宇ち中さんと一緒に「登運とん」で飲んでたときに、「そういえば、この近くにラコちゃん(=女優・茂手木桜子もてき・さくらこさん)の店があるんじゃない?」という話になった。

 「ラコちゃんの店」と言っても、ラコちゃんがオーナーなのではなくて、「クラフトビールを愛するビアテイスターとして働いているお店」である。

 宇ち中さんがその店に行ったことがあるということで、さっそく連れて行ってもらうことにした。倉嶋さんと私は今回が初訪問である。

 最寄駅は銀座一丁目駅なんだけど、地名でいうと京橋。首都高速道路のガード下近くにある。

 まずは1号店である「アイブリュー(IBREW)」を外から見てみるものの、こちらにはラコちゃんの姿は見えない。

 そこで、道路を挟んだ向こう側にある2号店、「アイブリュー・ワイアード(IBREW WIRED)」をのぞいてみると、ラコちゃん発見!

 店内は左手にカウンター席と、右手窓際には4人掛けのテーブル席が数卓ならんでいて、我われ3人は、テーブル席の1卓に座り、思い思いのクラフトビールを注文する。

 日替りで10種類ほど並ぶクラフトビールは、どれを選んでもLサイズ(410ml)が690円(税込745円)、Rサイズ(230ml)が390円(税込421円)とリーズナブルなのが、この店の大きな特徴だ。

 Lサイズでじっくりと飲むもよし、Rサイズでいろんなビールを試してみるもよし。

 つまみは、印刷された定番のメニューに加えて、手書きコピーの「今日のおすすめ」という日替りメニューもある。

 そんな日替りメニューの中から、冒頭でご紹介した、長時間仕込みの「トリッパのカツレツ」と、『旬が始まりましたよ!』と注意書きが入った「さわらのフィッシュ&チップス」(1,280円)を注文したのだった。

 トリッパはもちろんのこと、もう一つのサワラのフィッシュ&チップスもよかった。自家製のタルタルソースに、刻んだ「いぶりがっこ」が入ってるのがいいね!

 ひとり2杯ずつのクラフトビールをいただいて、1時間半ほどの滞在。お勘定は3人で6,264円(ひとり2,088円)でした。どうもごちそうさま。

Imamu_07b Img_9436b Img_9435b
「IBREW WIRED」 / ビールメニュー / 思い思いのビールで乾杯

Img_9433b Img_9437b Img_9439b
料理メニュー / サワラのフィッシュ&チップス / トリッパのカツレツ

Img_9442b Ib_rako_b Imamu_06b
2杯め / 今日のメンバー / ラコちゃんも入って、はい、ポーズ!

店情報

《平成29(2017)年2月18日(土)の記録》

|

« 店情報: クラフトビアバー「アイブリュー・ワイアード(IBREW WIRED)」(銀座一丁目) | トップページ | 春は櫻正宗、秋なら菊 … 「鍵屋(かぎや)」(鶯谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/64999938

この記事へのトラックバック一覧です: トリッパをカツレツで … クラフトビアバー「アイブリュー・ワイアード(IBREW WIRED)」(銀座一丁目):

« 店情報: クラフトビアバー「アイブリュー・ワイアード(IBREW WIRED)」(銀座一丁目) | トップページ | 春は櫻正宗、秋なら菊 … 「鍵屋(かぎや)」(鶯谷) »