« 冬の味・牛すじ煮込み … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 受注生産のもつ煮込み … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »

嬉々レバ・シロ・チレ … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

シロとチレ


 この店にやって来ると、まずまっ先に注文する焼きものが、レバ、シロ、チレ(各100円)の3種3本だ。この3つが大好きで仕方がない。

 それなのに!

 前回はチレが売り切れていて、レバとシロしか食べることができず、前々回なんてシロもチレも売り切れていて、レバしか食べることができなかった。

 こうして3種3本をフルセットで食べることができたのは、実に3週間ぶりである。嬉しいなあ。

 他のもつ焼きもそうだけど、この店では、塩とかタレとかの味付けは特にしてしないのが普通のようだ。

 常連さんたちがそうするから、知らぬ間にそうなったのかなあ。

 私もいつも味付けを指定しないで注文する。

 そうするとレバとシロはタレ焼きで、チレは塩焼きで出してくれる。

 そして、ここのもつ焼きは、この界隈の他のもつ焼き店と比べると、ちょっとよく焼き気味。そこにハマってるんだ。

 私はずっと、もつ焼きは若焼きのほうが美味しいと思っていた。でも、この店のもつ焼きに出会ってから、「よく焼きもいいもんなんだ」ということを再認識した。

 しっかりと焼けたレバのプリッと感。表面がカリッと焼けたシロは内部がチュルンとやわらかい。

 特にチレ。この店のチレを食べるまでは、チレはプニプニとした頼りない食感が特徴のもつだと思ってた。でも、よく焼くとそのプニプニ感がなくなる。チレとチレとの間に挟まっている網脂あみあぶらが、いい味を出してるんだなあ。

 この3本を食べ終わるまでに黒ホッピー(セット450円)+ナカ(250円)をもらって2杯を飲み切る。

 今日もお通し(100円)はお新香だ。少量ずつながら、キュウリ、大根、カブ、ニンジンの4種盛りだ。

 3杯めとなるナカをもらって、焼きものはアブラニンニク(100円)とハツミミ(100円)を追加。

 アブラニンニクは、ニンニクと小さくカットした内臓脂を串に刺して、しっかりと塩焼きしたもの。ジュワンとくる脂に、ニンニクのホクホク感がたまらない。

 ハツミミは、ハツ(心臓)の縁のほうの部分を、ピーマン、ネギとともに串に刺して、焼きあげたもの。こちらも塩焼きだ。

 そして4杯めのナカには、ハラミナンコツ(100円)とツクネ(100円)である。

 ハラミもナンコツも、いろんなもつ焼き店にあるけれど、ハラミナンコツという組み合わせはあまり見かけない。ツクネはこの店の目玉商品のひとつだ。

 ゆっくりと2時間ほどの立ち飲みタイム。キャッシュ・オン・デリバリーでの総支払い額は、ちょうど2,000円でした。どうもごちそうさま。

Img_0015a Img_0017a Img_0024a
黒ホッピーとお通しのお新香 / れば / あぶらにんにく

Img_0025a Img_0028a Img_0031a
はつみみ / はらみなんこつ / つくね

店情報前回

《平成29(2017)年3月17日(金)の記録》

|

« 冬の味・牛すじ煮込み … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 受注生産のもつ煮込み … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/65049045

この記事へのトラックバック一覧です: 嬉々レバ・シロ・チレ … やきとん「すっぴん酒場」(野方):

» 受注生産のもつ煮込み … やきとん「すっぴん酒場」(野方) [居酒屋礼賛]
 久しぶり。「すっぴん酒場」の「煮込み」(400円)である。  ここの煮込みは、冷蔵庫に保存している煮込みを、注文を受けてから仕上げて出してくれるタイプ。  片手鍋に、煮込みひとり分について1杯の出汁(だし)が張られ、そこに冷蔵庫の「濃縮煮込み」もまた1杯。目の前でひと口大に切り分けた豆腐も投入され、ここからグツグツと煮込むことしばし。  あっつあつの煮込みを小鉢に盛って、刻みネギをトッピングした... [続きを読む]

受信: 2017.03.28 22:00

« 冬の味・牛すじ煮込み … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 受注生産のもつ煮込み … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »