« 豚ハツとその仲間たち … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 生野菜のコブクロのせ … やきとり「鳥勝(とりかつ)」(立会川) »

今季おさめのイカ大根 … 立呑み「やきや」(荻窪)

イカ大根


 冬場だけの「やきや」の名物・イカ大根(200円)。今シーズンは今日、2月28日をもって終了なんだそうな。

 いやぁ、間に合ってよかった。

 実はそんな予感がして、今日はあわててやってきたのだった。

 これを逃すと、あとは何ヶ月も食べられないからなあ。

 おでんの大根だって、1個が200~300円はするというこのご時世。ここのイカ大根は、イカゲソと一緒に黒々と煮込まれた大きな大根が、ドドーンと2つ。これで200円なんだから、うれしいではありませんか。

 箸で簡単に切り分けられるほど、よく煮込まれた大根は、イカ以上にイカらしい味わいで、食べるものを喜ばせてくれる。

 火曜日の今日、「やきや」に到着したのは午後7時前。当然のごとく店内はほぼ満員状態だ。(というか、かなり遅い時間じゃない限り、いつもたいてい満員状態なのだ。)

 立ち飲んでいる先客たちの背後を、少し店の奥に進むと、ひとりなら入れそうなすき間を発見。そこに入れてもらった。

 最初の注文は迷うことなくホッピー(320円)とイカ大根(200円)である。

 この店のイカ料理(200円均一)の安さの秘密は、イカの仕入れにある。イカは、店主の知人である八戸の漁師さんから直送されてくるのだ。

 それでも昨今のイカ不漁の影響は出てしまい、昨年(2016年)の12月に、これまでの170円均一から、200円均一に、30円(率にして17.6%)値上げした。

 イカの仕入れ値が、これまでの3~4倍に高騰しているという中、これだけの値上げではまったく追いつかないだろうと思うのだが、女将さんは「もう少し、この値段でがんばってみます」と笑顔を見せてくれた。

 なお、イカ料理とウナギ肝焼きは170円から200円に値上げしたものの、それ以外の、きざみ穴子、もつ煮込、串刺フランク、めかぶ、みそきゅうり、漬物、冷奴、枝豆などは、相変わらず170円のまま。ありがたい限りである。

 ナカ(ホッピーの焼酎おかわり、160円)をもらって、都合2杯分のホッピー割りで、ボリュームたっぷりのイカ大根を食べ終えた。

 3杯めとなるナカをもらって、つまみにはゲソ揚げ(200円)をもらって、そのゲソ揚げの上に、すでに売り切れている「珍味わたあえ」(200円)の、残ったワタをトッピングしてもらった。

 珍味わたあえもまた、大人気の逸品なので、すぐに売り切れてしまう。かなり早い時間に来ないと食べることができないのだ。

 4杯めのナカをもらって、つまみは、これまた人気の自家製塩辛(200円)である。この塩辛がまたうまいんだ。

 さっくりと1時間ちょっとの立ち飲みタイム。ホッピーがソト1・ナカ4(合計800円)に、イカ料理(各200円)が3品で、今日のお勘定は1,400円なり。

 繰り返しになるが、今シーズンのイカ大根に間に合って、本当によかった。

 どうもごちそうさま! イカ大根がない時季であっても、必ずまた来ます。

Img_9683a Img_9687a Img_9691a
メニュー / げそ揚げ(わたかけ) / 自家製塩辛

店情報前回

《平成29(2017)年2月28日(火)の記録》

|

« 豚ハツとその仲間たち … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 生野菜のコブクロのせ … やきとり「鳥勝(とりかつ)」(立会川) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/64969009

この記事へのトラックバック一覧です: 今季おさめのイカ大根 … 立呑み「やきや」(荻窪):

« 豚ハツとその仲間たち … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 生野菜のコブクロのせ … やきとり「鳥勝(とりかつ)」(立会川) »