« 今季おさめのイカ大根 … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | ピッカーニャ500g … 「カフェ・ド・セントロ(CAFE do CENTRO)」(日比谷) »

生野菜のコブクロのせ … やきとり「鳥勝(とりかつ)」(立会川)

生野菜シングル+コブクロ


「生野菜にコブクロをのせることもできるんですか?」

 と聞いてみると、できるという答え。さっそく「生野菜シングルのコブクロのせ」を注文した。

 これは、本来であれば別々に出される「生野菜シングル」(270円)と、肉刺の「コブクロ」(240円)を一緒盛りにしてもらうもの。値段も合計価格の510円となる。

 以前、常連さんから「生野菜にガツをのせてもらうのが美味しいよ」という話をうかがって、前回、「生野菜シングルのガツのせ」(こちらも合計510円)をいただいたのだった。

 「鳥勝」の肉刺メニューは、ミノ(290円)、ガツ(240円)、コブクロ(240円)、センマイ(240円)の4種類。刺身と言っても、もちろん生肉ではなくて、ゆで冷ましたものである。

 前回、「ガツのせ」をいただいたときから、『「コブクロのせ」も絶対に合いそうだ。今度は「コブクロのせ」も食べてみよう』と思っていたのだった。

 実際に食べてみた結果は、もちろん大正解!

 ここのコブクロ刺は、やわらかいコブクロ本体の部分に加えて、店によっては「コブクロの硬いとこ」とか「リンゲル(産道)」などと呼ばれている、弾力感の強い部位も混ざっていて、食感的にも変化があってうれしい。

 「ガツのせ」しか食べたことがない方は、ぜひ「コブクロのせ」もお試しあれ!

 ところで今日は、となりの常連さんが「生野菜ダブル」(470円)を注文。メニューにあるのは知ってたけれど、実物を見るのはこれが初めて。大きな楕円形のお皿に、たっぷりと生野菜が盛られている。すごいボリュームだ。

 この常連さんは、日本橋あたりの職場から、横須賀方面のご自宅へと帰る途中、ここ立会川で途中下車して、「鳥勝」で夕食も兼ねてお酒を飲むのを楽しみにしているんだって。

 一升瓶でキープしているダイヤ焼酎でホッピーを作り、センマイ刺、生野菜ダブルの2品を食べ終えたころに、10本ほどの「やきとり」(=もつ焼き、1本80円)も焼きあがってきた。

 お皿にこんもりと盛られた、できたて熱々の大量の「やきとり」が、見るからにおいしそうだ。

 すると常連さん、そのてっぺんの「やきとり」の串をつまんで、ワッシワッシと食べ始めると、あっという間に1本を食べ終えて、次の串へ、そしてまた次の串へと、ものすごい勢いで食べ進んでいく。

 そう言えば、センマイ刺や生野菜だって、出されるや否やという感じで、すごい速さで食べ終えてたもんなあ。

 横で見ていて、実に気持ちのいい食べっぷりだ。

 私のほうはというと、最初に名物の煮込み(490円)をもらって、それを食べ終えたあと、生野菜シングルのコブクロのせ。この2品で、ホッピー(360円)が、ソト1・ナカ3(ナカは200円)。時間にして1時間40分という、とってもスローなペースだ。

 となり同士で、ものすごくペースが違うのもおもしろいよね。

 本当は、1,760円となるべきところなんだけれど、3杯めとなるナカを、この店に来るといつもお会いする、大常連のFさんの一升瓶からいただいたため、その分(ナカ1杯分)だけ安くなっているのでした。ありがとうございます。>Fさん

 メニューの中にある「むし肉」(270円)や、「かき鍋」、「たらちり」、「湯豆腐」といった夏季には出ない鍋もの(各570円)も気になるなあ。次回以降の宿題だ。

 今宵のお勘定は1,560円なり。どうもごちそうさまでした。

Img_9541a Img_9529a Img_9532a
やきとり「鳥勝」 / ホッピー / 煮込(牛)

店情報前回

《平成29(2017)年2月21日(火)の記録》

|

« 今季おさめのイカ大根 … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | ピッカーニャ500g … 「カフェ・ド・セントロ(CAFE do CENTRO)」(日比谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/64969165

この記事へのトラックバック一覧です: 生野菜のコブクロのせ … やきとり「鳥勝(とりかつ)」(立会川):

» 食べて食べて満腹じゃ … やきとり「鳥勝(とりかつ)」(立会川) [居酒屋礼賛]
 このところ、ほぼ毎週、ひとりでやって来ている立会川の「鳥勝」。今日は、宇ち中さんと二人でやってきた。  水曜日、午後6時過ぎの店内は、ほぼ満席。カウンターの一番手前の1席だけがポツンと空いていた。 「イスをもうひとつ持ってきて、そこで飲めばいいよ」  入口近くで飲んでいた、大常連のFさんがそう声を掛けてくれて、しかも店の奥まで空いてるイスまで探しに行ってくれて、なんとかカウンターの一番手前側の角... [続きを読む]

受信: 2017.03.09 21:45

« 今季おさめのイカ大根 … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | ピッカーニャ500g … 「カフェ・ド・セントロ(CAFE do CENTRO)」(日比谷) »